• Img_0399
  • Img_0398
  • Img_0397
  • Img_0261_2
  • Img_0213
  • Aaaaa

August 27, 2017

2017年夏、軽井沢(Ⅱ)

この夏、二度目の軽井沢は、旧軽銀座に近く、軽井沢駅からも歩いて行ける距離の、まだ新しいホテル。
友人と旅行会社に行き、「最後の一部屋です」と言われた部屋を予約した。
「ハリウッドツインですが、よろしいですか?」
「ハリウッドって?」
ツインベッドが二つくっつけてベッドメイクされているので、大きなダブルベッドのようになっているという事。
友人が「私は平気よ」ということで、その部屋を予約した。
 
当日チェックインしたその部屋は、広々として明るく清潔感いっぱいのその部屋に二人とも大満足!
バスルームがガラス張りだったり(ブラインドで隠せる)、シャワーブースも別にあり、大きな洗面台がたっぷりと二つ。
日中、ショッピングやお散歩で疲れた身体を、ゆっくりとお風呂で汗を流し、清潔なタオルでさっぱりとしてから、美味しいお食事とワイン!
軽井沢に来る楽しみの一つは、心身をリフレッシュする事。
これに関しては、十分満足できるお宿でした。
 

July 30, 2017

2017年夏、軽井沢(Ⅰ)

(2017年7月)
今年は、これまで、毎年お世話になっていた、「もりのいえ」がクローズしてしまったので、新しく、宿を探すことに・・・
いつもの若き相棒hanaちゃんに、ネットで探してもらったペンションに、泊まって来た。
メルヘン調の、森のお家といった感じで、オーナーご夫妻がとても上品な雰囲気で、もりのいえのような顧客満足度は無理としても、中々素敵なお宿でした。
 
そして、それぞれの部屋にオペラの名前が付けられていて、私たちは「アイーダ」でした♪
駅から少し離れているので、帰りは宿の車で最寄りの「信濃追分」まで送っていただいた。
 
123456

October 07, 2014

2014年10月・in HAWAII !(Ⅲ)

A32mea13_3

Quesadilla Explosion Salad というサラダは「chilis」のメニュー。
勿論四人でシェアして十分たっぷり。

A31mea16_2A33mg01860_3

左はターキーを挟んだもの、アルファルファがたっぷり!

A35_3

「マリポサ」のテラス席での、爽やかなランチ~

A36mea4Img01842

左は「マリポサ」のテラス。アラモアナビーチパークが一望できる。

右はヒルトンハワイアンヴィレッジ内にある「トロピクス」の夕暮れ時。

A37mea19

今回のお土産はちょっと珍しいものも・・・アサイーのグリーンテイとか、コナコーヒーのインスタントをスティック状にしたものとか、75パーセントオーガニックのコーヒーは、ヴァニラナッツ風味とチョコレートミント風味など・・・ほかにキャンディやらチョコはハロウイーンバージョンのモノをちょこちょこ・・・

A38

この4人で行きました。

A40

今回は、かなり日差しが強く、ハワイの人たちも例年以上に暑い!と言っていました。

A41

憧れのハワイ!

皆がそれぞれの思惑を持ってハワイへ。
A子さんは、オーガニックのお店でコーヒーやチーズなど、山のように買い込んでいた。
ハワイに移り住みたいというB子さんは、他の島の観光をしたかったようだけれど、次回に廻すことにした様子。
hanaちゃんは、一番若いという宿命(?)で、皆のことを気遣ってくれて、皆は本当に助かりました。ありがとう~!

ツアーにはトローリー券がついていたので、交通費はほとんどかからず。
一度だけ市バスに乗ったけれど、トランスファー券をもらっておいたので、片道の2ドル50セントだけで済んでしまった。おかげで気軽にカハラからアラモアナまでを行ったり来たり出来た。

ハワイ限定のバッグなども手に入れることが出来て、満足満足!

飛行機の映像機器故障で、楽しみにしていた映画が見られなかったり、ホテルでは、部屋の掃除が間に合わず、行き届いてなかったり、バスが中々来なくて待ちくたびれてしまったりとイロイロあったけれど、ハワイという島の心地よさはいつ来ても裏切られることはない。

もっと時間があれば、一日、プールサイドのデッキチェアで読書をしたり、夜になったら、ちょっとお洒落をして、プールサイドのバーでお酒を飲みながら音楽を聴いたり、昼間はショッピングしたり、ビーチで馬に乗ってみたい。ゴルフもしたいし・・・

また、ハワイに来られるよう、体調管理に気をつけて行こうと思います。

皆様、楽しい5日間、ありがとうございました。

>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

2014年10月・in HAWAII !(Ⅱ)

今回の食事は、あまり、食べ過ぎないようにという事をポイントに考えて、軽食的なものを選んで、お互いに好きなものをチョイスしあい、時には大きなサラダをシェアしあったりと、お腹にもお財布にもヘルシーなものを、極力心がけた感じ。

A16mea1_2

ココナツ風味のシーフードカレー。

A17img01813A18mea9

「マリポ」サのランチではロゼでちょっと気分をあげた。

ホテルの前にある「アイホップ」でパンケーキを!

A19mea11

前回も入った「chilis」というお店。一皿が大盛なものをサラダメインと二皿だけ選んで、4人で分けてちょうど良く、お味も満足!日本人がほとんどいないのでアメリカに来た気分。

A20mea14A21mea3

ホテルのプールサイドにあるバーの軽食。ホットドッグはシンプル。

ディナータイムに一人が頼んだのは「トロピクス」の焼きそば風のヌードル?

A22mea7

「マリポサ」のランチにつくパン。
シュークリームの皮みたいで中は空っぽ。でもしっとりとして美味しい。

A23mea6A24hot10

「マリポサ」のチキンとチーズ(ゴルゴンゾーラ風味)の入ったサラダ。
これ一皿でランチにはぴったり。

食前酒はマイタイ・・・これを飲まないとハワイに来た気分になれないのは私だけ?

A25mea17

野菜をライスペーパーのようなもので包み、バルサミコ酢味のソースをつけて食べる。

A26mea10A27mea12

「アイホップ」の朝食用パンケーキ。これ一皿で600キロカロリー以下のヘルシーメニュー。

右の写真は「chilis」のメイン皿。

A28mea15

ハムやチーズを挟んだパニーニ。

A29mea8A30mea2

右の写真は、「トロピクス」ホテル内のビーチサイドにあるレストランの肉料理。

>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

2014年10月・in HAWAII !(Ⅰ)

ハワイが大好きな女子4人で、オアフ島に行って来た。

A1hote2

ヒルトン・ハワイアンヴィレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートに宿泊。

A2hote4A3hot18

ここに泊まるのは初めてだったが、沢山のショップやレストランなどが敷地内にあってひとつのリゾート村を形成している感じ。

A5hot22

この写真は、キングスヴィレッジ。中の店舗は昔のような活気はなく廃れてお店が閉まっているところもあったが、夜になると、建物のイルミネーションはきれいだった。

A4hote5_2A6ca1

部屋についているコーヒーメーカーのコーヒーの味もまあまあだったけれど、敷地内にスタバがあるので、いつでも美味しいコーヒーが楽しめる。

早朝にビーチを散歩に行ったhanaちゃんが、熱々のラテを買ってきてくれて感激!
「10ドルしか持たずに出ちゃったので、二人分しか買えなかったの」

帰国日に、ホテルから空港までリムジンで送ってもらった。

A7hote1

プールもいくつもあり、バーもカフェもとにかく迷子になりそうなくらい!

A8hot23A9hot24

アラモアナにあるニーマンマーカスというデパートの中のレストラン「マリポサ」
土地の新鮮な野菜や魚介類などを生かした、新感覚クイジーンが人気!

A10hot15

カハラモールにあるホールズマーケット。
オーガニック製品を扱う大型チェーン店のハワイ1号店。

A11hot9_2A12hot11

↑の写真。左はホテルのレストラン。右は「マリポサ」のテラス席。

A13hot17

ワイキキビーチの、はずれのほうのサーフィン像は待ち合わせの目印にもなる。
カピオラニビーチではサーフィンをしている人たちが沢山!

A14hot13A15hot16_2

毎週、金曜日の夜、ホテルのビーチで花火が上がる。かなり立派な花火が10分ほど連続的に上がる。
カハラのスタバでは、カップに名前をひらがなで書いてくれた。
日本のように番号で呼ばれるのではなく、名前で呼んでくれるのは我々が観光客だからかな?(サービスのため)

>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

/p>

August 26, 2013

軽井沢AGAIN

再びの軽井沢。
これが終ると、私の夏が終る。

1karu999

高原の空には秋の雲が・・・

2karu14

朝霧の立ち込める、もりのいえの庭。

3karu77

黄昏始める、庭を眺めながら、ディナータイムが始まる。

4karu666 Skaru888

ジンジャーエール&クロックマダムでブランチ。

6karu55

雲場池畔のレストラン。

7karu17 Karu22_2

熊と遭うかも。

Karu33

テラス席。

Karu13

プリンスホテルの和食。

Karu17

もりのいえの朝のコーヒー。

Karu12_2 Sagan1

もりのいえおまかせディナー。

Karu66

サラダ

Karu88

魚介類のラグーパスタ。

Img00161

お魚。

Karu111

牛肉・生ハム・モッツァレラチーズ包み。

Karu333

ジャズ。

Karu99

ワイン。

Karu222

バナナのティラミスとコーヒー。

Karu555

浅間山。

Karu16

朝食A

Img00397

朝食B。

p>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

p> ? ?? ?

August 06, 2013

軽井沢もりのいえ(2013)-2

前の記事の続き。

ディナーがイタリアンだったので、翌朝は和朝食。

Karu74

朝も、落とし立てのコーヒーが出てくる。

Karu76

万平ホテルでティタイム

Karu78

Karu81 Karu84

ハルニレテラス

Karu85 Karu86

Karu87 Karu88

Karu89 Karu91

旧軽銀座

旧軽銀座一のお気に入りのブティックで、お茶を出していただき、すっかり寛いでしまった。
数年前に買ったバッグは今でも現役で活躍しているが、流行に流されず、同じデザインのバッグが今でもお店に出ているのは嬉しい。

今回、お話をして、初めて分かったこと。お店の服が一番似合っているお洒落なママは、意外にも深川の出身でお祭り好きのちゃきちゃき江戸っ子だったということ。
今回の旅行のメンバーのTさんも、根岸のお祭り一家だということで、話が盛り上がってしまった。ちなみに私は本郷生まれでも本籍地は深川だったからって話に無理に割り込んでしまった。

Karu99

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

************************ p> ? ?? ?

軽井沢もりのいえ(2013)-1

今年も恒例の夏旅行。

初めてその宿に行くようになったのは、50年近くにもなる昔。
数十年、抜けてはいるけれども、ここ10年は毎年お世話になっている。

そしてこのブログにも2004年の夏に訪れた時のこと が記録されていて、当時のオーナーの奥様(ママ)と若かりし頃の私のツーショットが載っている。

いやぁ~!ということはこのブログも9年目に入ったということになる。
なんと、いうことでしょう!!

このブログには毎年のように、記事を載せているので、お蔭さまで、全く存じ上げない方が、ここを覗いてくださって、「もりのいえ」を知り、毎年利用されるようになった方もいると、オーナーから伺うのも、何だか嬉しい。

ということで、今年も「もりのいえ」へ昔の職場の仲間(オーナーには”にぎやかなオバチャマたち”と認識してもらっている)と行ってきた。

Karu66

エントランス付近

Karu62_2

Karu63

室内には、ママの新作のアート・・・

Karu64 Karu65

Karu67 Karu68

もりのいえの周辺には小川も・・・

Karu69

Karu70 Karu71

もりのいえ「おまかせディナー」全てママの手作り!

Karu53

前菜 パプリカのムース

Karu51

自家製クッペ&軽井沢クレソンのサラダ

Karu52 Karu54

野菜たっぷりのパスタ

Karu55

お魚料理は鮭とポテト

Karu56

お肉料理はローストビーフだったかな?

Karu57

デザートはティラミス

Karu58

白ワイン・赤ワイン・ビールなどにつられて食事を完食したのは私だけ?

いつもどおり、美味しかった!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

************************ p> ? ?? ?

November 05, 2012

福島の紅葉

俳句仲間と吟行を兼ねて紅葉狩りに行ってきました。

地震後、初めての福島でしたが、思いがけないほど美しい紅葉に出会えて感激しました。

こんな美しい自然の中で、頑張っている、福島も含めて東北の皆さんを、出来る限り応援したいと改めて思いながら、東京に戻ってきました。

Photo

Photo_7   Photo_8

Photo_9

20121103_102631_1227x921

Photo_12   Dsc_0329

Photo_14

Photo_22

Photo_23

February 21, 2012

石垣島の黒猫

120211_1021001_3

石垣島川平湾でグラスボートでのサンゴ礁を見学したあと、ボートから砂浜に降りた時、白い砂浜に何やら黒くて丸い形の動物を発見!

「?」と思いながら目をこらしてみると、小さな耳が二つ見えた。
波の打ち寄せる砂浜に、海側に背中を向けてちょんと座っている。

何だ~猫だ。そう思って近づくと、気配を感じたのかちらっと振り返った。
逃げるかなと思いながら「おいで」とそっと手を差し出すと鼻先を近づけながらすっと立ち上がり、しゃがんでいる私の膝に近付き、いきなりひょいと膝の上に乗ってきたのだ。

子猫なので軽くて毛並みはつやつやと美しい。
膝に乗ったまま、自分の居場所に戻ったかのように落ち着くと、私の顔をしげしげと見つめていたらしい。

可愛い!凄く可愛い!
その時何かが私の身体の中を通り抜けた。
そんな、不思議な感覚が沸き起こり、ほんとにこのまま連れて帰りたいと思った。

その場を離れる時も立ち上がった私の手の中から降りようともしないのを、そっと砂浜に降ろし、振り返らずに、そこを去った。

単純に観光地で人慣れしている猫ちゃんだったのかもしれない。
でも、それでも、なにか引き付けられる物を感じた黒い子猫に恋してしまった。

そんな想いで東京に戻った私に「良いお知らせ(ヒ・ミ・ツ)」が飛び込んできた。

もしかしたらあの黒い子猫はそのお知らせを運んで来てくれたのかもしれない・・・なんて。

? ?? ?

より以前の記事一覧