• 17634801_1405573702798293_137407926
  • 17861952_10154582826732169_75720667
  • 17796838_1401354669886863_165089492
  • 17800168_1401354649886865_741780868
  • 17796820_1402645809757749_7185122_2
  • 17799938_1402645806424416_412160293
  • 17798950_1402645816424415_408439523
  • 17796673_1402645796424417_346944455
  • 17796536_1680136588669339_660409292
  • 17796502_1679074592108872_441219905

December 29, 2011

年末は「芝浜」しかも談志さんので・・・

1

大好きな談志師匠が亡くなり、もう実際の寄席を味わえないのだと思うと、改めて寂しさを感じる。

ちょっと、へそ曲がりでシャイな江戸っ子そのままの子供みたいな談志師匠。

TVで、偶然チャンネルを廻していたら「芝浜」を演じているところで、つい家事の手を中断して見入ってしまった。

酒に溺れて働こうとしなくなった、魚屋の勝五郎が、女房にせがまれて仕入れに芝の浜に出かけ、そこで大金を拾う。

これで働かなくてすむ。そう喜ぶ勝五郎に、女房が機転をきかせ、あれは夢だったといいくるめる。

改心した勝五郎は心を入れ替えて働き、三年目の大晦日・・・

女房が、真実を話し始めるときの、江戸の風情がたまらない!

仕事もすべて終わった大晦日。
勝五郎がまじめに働くようになったおかげで、借金取りも来ない静かな大晦日。
除夜の鐘を聞きながら、夫婦でゆったりと福茶を啜る。
「雪か?」勝五郎。
「あれは、門松の笹が風に吹かれて、さらさらと雪が降っているみたいに音をたてているんですよ」
「・・・・・・・」

先日の朝日名人会では五街道雲助さんの芝浜を聞いたが、改心した夫にむかって女房が子供が出来たことを告白するシーンが入って、それはそれで面白かったのだが、談志師匠は正統のオチできちんと終わっていた。
古典をきちんと演じる彼らしいと好感が持てた。

除夜の鐘を、出来ることなら、福茶を啜りながらじんわりと、聞いてみたいけど、多分その頃は、キッチンでバタバタしている最中だろうなぁ~

談志さん。安らかに。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

? ?? ?

October 03, 2011

秋!落語シーズン到来!

Photo

あっという間に、秋になった。

約一年くらい前から訳あって、友人たちの落語クラブに混ぜてもらえることになり、時々落語鑑賞会に参加している。

今年はあの大地震のために、取れていた会が中止になったりで、今回が初めての会ということになった。

吉祥寺にある前進座での「さん喬・喬太郎・親子会」

出し物は、

  柳家さん喬 そば清

  柳家喬太郎 錦の袈裟

  <仲入り>

  喬太郎 夜の慣用句

  さん喬 中村仲蔵

個人的好みで言わせてもらうなら、分かりやすい古典もので、「そば清」や「錦の袈裟」は楽しめたが、新作「夜の・・・」はもとから、余り私好みの作品ではないので少し引き気味に味わった。「中村仲蔵」は実存した江戸時代の歌舞伎役者の苦労話が講談になり、のちに落語となったというもので、熱演だったのだろうが、内容的に、つい、うとうとっとしてしまった。

終わって帰り道を「今日は○○が良かった、悪かった」などと感想を言い合いながら、三人で駅に向かう。

「いつも気になっていたの、あのお店」とA子さん。

ちょっと横道に入った初めてのお店に寄って行くことになった。
車のナンバープレートやカントリーっぽい大きな写真などが飾られていて、テーブルや椅子もゴツゴツとした作りで、いかにもオリジナルピザが似合っているお店だ。お勧めのピザと生ビールなどで一息つく。
何種類か取ったうちの、パイナップルとチーズのピザが初体験で意外な美味しさという点で(個性の強い?)三人の意見が珍しく一致した。

しばらく落語談義などに花が咲き、余り遅くならないうちに帰路に就く。
次に皆と逢うのは、朝日名人会。

ちらしによると、柳亭市馬・金原亭馬生・柳家さん喬・桃月庵白酒・三遊亭金兵衛

11月のチケットも取ってもらっている。

『落語』が好きで、そのためにだけ会う仲間。

ちなみに私が好きな落語家は・・・・

立川談志・立川志の輔・三遊亭円生・柳家小三治・古今亭志ん朝・春風亭小朝・柳家三三・・・う~ん、まだまだありすぎて・・・

子供のころからラジオで落語を聴きながら大人になった私。
今、またこうしてのんびりと落語を堪能できる幸せ。
ちょっとだけお仕事をして、体を労わりつつ、小さな幸せを寄せ集めて紡ぎながら、しずしずと暮らしていけたらなぁ~

けっこう贅沢なのかもしれませんね。
こんな暮らし方も・・・

秋の夜長に美味しいコーヒーでも淹れながら、故人となった昔の名人の落語をDVDで鑑賞するのもいいかもしれない♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

January 02, 2008

海老様に会いに新橋演舞場へ♪

Ebizo  Ebi

市川海老蔵が1人5役をする「雷神不動北山櫻」(なるかみふどうきたやまざくら)を娘と二人で鑑賞した。
これまでに歌舞伎十八番に選ばれている「毛抜」「鳴神」「不動」などが含まれた通し狂言で、ストーリーが中々難解そうなので、イヤホンガイドを利用したのだが・・・

Img_0099_3  Img_0107

今回のガイドは、少し控えめすぎていたように私は感じた。
幕明けに海老蔵が口上と共に、自身で解説までしてくれたので大体のことは理解できたけれど、もう少し親切でも良かったのではないかなぁ~
以前、とても素晴らしいガイドを経験していたから、ちょっと期待はずれな気持ちだった。

Img_0104  Img_0106_2

で、席は花道の側だったおかげで、役者さんたちを身近に見る事が出来た。
やはり海老蔵は中でも群を抜いて美しく凛々しかった。
ただ、育ちの良さだけではない、無駄なものをそぎ落とし、日々に洗練さを増しているように感じられる。世襲制の世界に生まれ、辛い事も多かったのかも知れないが、逆に恵まれた環境で伸び伸びと修練を積み重ねてきた結果なのだろう。

Img_0105_2  Img_0100_2

そんな中でわずか30歳で座頭として舞台を立派に勤めるという事、それ自体が素晴らしいと思う!持って生まれた容姿、良く通る艶のある声が華を感じさせる。
その主役をひときわ際立たせる周囲の役者さんたちがいてこその舞台だけれど、トンボを切る若者達が「荒事」と言われる芸を盛り上げていてとても良かった。

「歌舞伎」という外連(けれん)で非日常の世界。
舞台装置・衣装・仕掛け・全てがデフォルメされ、シンプルな世界。
お化粧でその役柄が悪人なのか善人なのかを表したり、衣装にも細かく意味合いが含まれていたりするのが面白い。
それは、俳句の季語にも繋がるような気がする。シンプルな中に深い意味合いを盛り込みたい時には決められた言葉(季語)を使う事で17文字に収める事が出来るのと同じように・・・
そんな所が私の好みなのかもしれないな♪

そして、今年は成田山が開基1070年を迎えた年という事で、「成田屋」(団十郎家)には縁あるお寺でもあり、演目にある「不動」を祭ってあるお寺でもあるとかで、ロビーに出開帳が行われていて、お正月に相応しい芝居見物となった。

 

September 15, 2005

落語のあとはヒツマブシ弁当

近所にあって、たまに寄る金魚坂というお店で、立川一門のお弟子さんたちの落語ライヴがあり、仕事の帰りに駆けつけた。レストランのテーブルを片付けての俄か寄席なので定員は30人ほど・・・なんと贅沢な!

前座の千弗サンのあと、真打の文都師匠とぜん馬師匠。2時間たっぷり、ほんものの「落語」をじっくりと楽しませてもらった。

話の面白さに引き込まれてしまい、何度もお腹の底から笑えて、やっぱり「落語」って凄い!と改めて感心した。

扇子と手拭だけで、衣装など着替えずに、江戸っ子らしい喋り口やいなせな風体のその人物をしっかり作りあげてしまう・・・なんてシンプルで粋なやり方なのだろうか・・・これこそが本当のカッコよさだ・・・

ライヴの後は別のフロアに移動して、鰻の櫃まぶし弁当を摘みながら芋焼酎「海」を頂く。着替えがすんだ師匠たちも後からやって来て、話に花が咲き、とても和やかな良い会だった。

中国茶・葉巻・金魚・カレー・和食・クラシックコンサートetc・・・とにかく不思議なお店で、今度は落語まで・・・一体次はなんだろう?・・・と思っていたら、来月には「宵の秋祭り」と称して根付・彫金職人やらベリーダンス、お琴ピアノ、元関取・大至氏の相撲甚句までと超盛りだくさんのイベントが開かれるらしい。モチロン!金魚すくいもあり!

~☆~☆~☆・・・

「皆さん。もっとピリピリ神経を使って仕事してください!」

今朝の朝礼で部長の言葉。(これ以上ピリピリしたくないよぉ~)

でも良かった!ご近所にこんな癒しの場所があって♪

明日も元気に仕事に行ける!アリガトウ!私を元気にしてくれる皆様!

September 05, 2005

LIVE HOUSE 

会社で一緒に仕事をしている、若い派遣さんが出るというので、hanaちゃんに同伴をお願いして、六本木のライヴハウスに出かけた。

50人くらいしか入れない、会場には若い人に混じって年配の人もかなりいた。多分出演者たちのご家族なのだろうな・・・

彼女の番になって、ステージに現れたときは、こちらのほうが緊張して、何だか母親みたいな気分で、「どうか上手くいきますように!」と心の中で祈ってしまった。

24歳という若さ溢れる肌の輝きや、トレーニングで無駄なものをそぎ落とした体型が、輝きながら、一生懸命歌っている姿を眺めていて、何かに向って真剣に努力をしている人から出る透明感あるオーラを私は感じた。

「初めての生バンドなので歌が合わないんです。どうしよう~」

「緊張して、お腹が痛いんですぅ」

数日前、職場で彼女からそんな言葉を聞かされ「大丈夫!若くてきれいな女の子はただステージで立っているだけでも絵になるんだから、余裕で行けるよ!」とかなり無責任な励ましの言葉を返したのだが、緊張感は会場中に伝わるほどだったが、カバーと自作の2曲を無事歌い上げた。

仕事中に彼女と話しているときに、必ず出る言葉がある。

「夢を持つって大事ですよねぇ」

そう・・・彼女は自分の「夢」に向って日々努力をしている。歌やダンス、ピアノ、水泳、ゴスペル・・・全ては自分の夢を実現する為に必要な事は何にでもチャレンジしようという姿勢で仕事もそのレッスン費用を稼ぐ為に休まずに続けている。

素敵な大人になりたいんです・・・と24歳の彼女は、まだ挫折なんてそれほど経験した事はないのだろうか・・・とにかく、夢に向って頑張っている・・・その姿は、見ているこちらの気分をよくさせてくれる。

「本も読んだほうがいいですか?」

テクニックばかり勉強するのではなく、沢山の人と出会ったり、本を読んだり、色々な経験を積み重ねて、中身を磨きながら、そうやって自然と素敵な大人になって行くんだと思うよ・・・老婆心から、ついつい余計な事を言う私の言葉にも真剣に言葉が返ってくる。

時々持ってくるお弁当は自分で作る。

「最近卵焼きが上手になって、今日のもすごく美味しく出来たんですよ♪」

夢を実現する為には、なんでも一生懸命になれるんだ!頑張って、一日も早く夢がほんものになりますように!

hanaちゃん、お付き合い有難うね!

June 23, 2005

小朝・茂山・山陽の京極噺

すみだトリフォニーホールのステージの中央に高座が。その上の、とっても小さく見える釈台(机)や座布団の辺りだけが明るく照明で浮かび上がっている。

クラシックコンサートで来たことがあるこのホールで、落語に講談?狂言まで~・・一体どんな感じの演目となるのか・・・興味津津・ワクワクといった感じで出囃子を待った。

開演のベルが鳴り、舞台の中央が一段と明るくなり、赤いジャージー風(?)模様の着物で山陽サンが勢い良く現れた。本音を言えば、彼のことは余り知らなかった(ゴメンナサイ)

髪を短く刈り上げ、大声と大振りなアクション・・講談というより、この人は落語家ではないの?と錯覚してしまうほど会場が爆笑の連続で、「まくら」がたっぷり続く。

ようやく、本題に入って、釈台をパンパンと張扇で叩きながら、テンポの速い語りが始まった。

ご本人もおっしゃっていたように、「本題よりもまくら部分が面白い」・・・でした。

「面白さ」から、若者たちを引き込んで、古典への道を誘導できれば・・・そんな思いが彼のレアな話題が盛りだくさんの語りから、感じ取れた。

茂山狂言も、狂言自体のシンプルさが大好きで、とても静々と面白くて、楽しめた!

トリの小朝サンは、さすが、予想通りといえばそうで、安心して、心から楽しめたのだが、もっとぉ~・・・という感じが残ってしまったのは、多分私だけかも知れない。

きっと、山陽サンが初体験だった私にはインパクトが強すぎたからかも知れない…ネ・・

そして、タイトルにもあるとおり、京極夏彦サンが、この3組の作品を原作・新作・改作として書かれていて、彼の本は怖そうで読んだことはないのだが、どんな作品になっているのか、これも楽しみのひとつであった。

古典落語の「死神」をリミックス版で・・・

その前が狂言で「新・死神」ということで、続けて、観たせいか、もともと古典という物は何度鑑賞しても、筋はわかっていても何度でも新鮮に楽しめるものではあるのだが、続けて同じ原作を観た・・・という感じがちょっと残ってしまった。

充分に楽しめたし、豪華メンバーと言う事で期待しすぎた私かも・・

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪