• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

November 16, 2013

「くまモン」が流行る理由は?

Kuma

TVのニュースショーを見ていたら、「くまモン」がアメリカにまで進出したと報じていた。

近頃のゆるキャラブームは、国民総幼児化のように思えて、個人的にはあまり好ましいとも思っていなかった。
それが、通っている文章教室で今月の課題にまで取り上げられることになり、ちょっとばかり、ゆるキャラのどこがそんなに人をひきつけるのだろうか?と逆に興味を持ち始めたときに、くまモンがボストンの高校生たちを前にして、愛らしく踊ったり動いたりしている様子が目に飛び込んできた。
そして、「くまモン」発祥の熊本県の知事(ハーバード大学出身だとか)はハーバード大学で「くまモンの政治経済学」と題した講演を行ったとか。
これは、ひとつのビジネスモデルとして、アメリカに紹介されたということらしい。

そして、「くまモン」の愛らしいキャラクターがアメリカの人々にも受け入れられている様子が、十分に伝わってきた。

何故、これほどの人気となったのか。

知事は、まず、「くまモン」の外見がカワイイだけでなく、熊本県のカラーなどつけず、どこにも限定されない、ユニバーサルなデザインなので誰にでも受け入れられ易いのではと説明している。

日本語も英語も話さないので、どこにも属すことのない、万国共通語であるジェスチャーで勝負が出来るのだということが、どこまでもフロンティアを広げて行ける。それが、結果として、常に新しくいられ、増殖していけるということらしい。

そして、更に、増殖していける要因は、このキャラクター、ライセンス・フリーなのだ。
ただし、① 熊本県で製造された商品であること。 ② 熊本県を宣伝する商品であること。この2点を守れば自由に使える。

「くまモン」自体で儲けるのではなく、知名度を高め、関わる人、皆を幸せにする。

ゆるキャラであって、決してゆるくない戦略なのだとか。

なかなか、やるな~、熊本県!

いつの間にか、「くまモン」への関心度が高くなってきている、自分に少しビックリ!

そして、このニュースの中で、何度も「くまモン」という言葉が出てきていたが、その言葉のアクセントがとても気になって聞いていた。

というのも、先日、『音訳』の勉強会で、『熊』はどう読むかという話題になり、先生は、「最近、流行っている「くまモン」は『くdownwardrightまもん』ではなく『くupwardrightまもん』が正しい読み方です」と教わったばかりだったので、アナウンサーが『くupwardrightまもん』と読んでいたので、なるほどさすが!と納得しながら聞いていた。

すると、ニュースの終わり頃に、改めて、アナウンサーから、アクセントについての説明があった。

「くまモン」のアクセントについて、各局ばらつきがあったが、最近になって、TBS、日テレが『くupwardrightまもん』で、フジ、テレ朝、NHKが、『くdownwardrightまもん』でしばらくは行くらしいとか。

アクセントも、含め、近頃の日本語は、なにが正しいのか良くわからなくなってきている。

最後に、熊本県知事は『くupwardrightまもん』とおっしゃっていた。

こんなアクセントの紛争にまで広がり、やっぱり「くまモン」のゆるきゃら戦略は、とてつもなく広がり、当分は留まることがないのか・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

************************ p> ? ?? ?

May 21, 2012

金環日食

Photo

是非、見たいと思いながら日食グラスを買いそびれてしまい、昨夜はあきらめてベッドに入った。

早朝に携帯が鳴り、留守電を聞くと既に出勤途中の友人からで、「すごく晴れている!金環日食見られそうだよ」

確かに窓の外は晴れている。
残念!メガネがないから外に出てもだめだし・・・あきらめてTVでの観測に。

チャンネルを変えていろいろな日食を体験。

途中でPCも立ち上げながら両方の画面を見比べる。

当然ながら同じ映像が映っている。

刻々と変化して行く金色のリングがLIVEで見ていると、本当に宇宙が動いているんだという、妙な感動を感じた。
均等のリングになった瞬間は、たとえTVでもその瞬間に立ち会えたという満足感を味わえた。
電話をくれた友人に感謝します。

YouTubeではTBSや産経新聞社などの映像はTVと同じものではっきりと日食の状況が観測できる。

国立天文台チャンネルを選んだら、画面が二つに分かれていて黒っぽい画面と白っぽい画面が移っていて太陽は映ってはいない。

説明には「太陽のHa線像と白色光像を一画面で見ることができる」とあったのに・・・

リングが終わり、再び国立天文台のチャンネルを見ると「非公開」となっていた。

もしかして「○○しちゃったのかな?」
関係者はさぞ残念な思いだったのではないでしょうかね~

昨日までは、さほど思い入れはなかったのに、実際に画像であれLIVE体験してみると、こんなにも高揚感を味わえたことが意外ではあった。

美しい金のリングがこれほどまでに人々の心を掴む。
やはり「太陽」は偉大だな~
地球も小さい。人間も小さい。
朝っぱらから、ちょっと哲学的なことまで頭をめぐらせて見たくなった。

******************

? ?? ?

March 17, 2011

Pray For Japan !

316

face bookを見ていたら、娘の写真にこんなボタンが付いていた。

海外の娘の友人たちも、皆日本を心配してくれている様子が伝わってくる。

私も、自分のページに貼り付けて、自分の国の為に祈ります。

こんな、不安定な状況の中にもかかわらず、普段と変わりなく、我々を待っていてくださる、ディサービスのお年寄りたちに「お話」を聞いてもらいに出かけます。

face bookに参加している友人たちも、貼り付けてみて♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

March 15, 2011

辛抱強い日本人、それでもやっぱり、日本が好きです。

地震発生後、4日目に入ったが、朝TVをつけたらまたも福島の放射線漏れのニュースが飛び込んできた。
その影響で110キロ離れた東海村でも基準値を超える放射線量が検出されたとか・・・
首都圏だって風向きによっては安心は出来ないのではないか?

友人Aが、「そもそも、唯一の被爆国の日本なのに、原発を反対しないのがおかしいって言っていたのよ」「狭い日本はすぐに汚染されてしまうんだから、危険は判っているのに・・」
何事にも深く物事を捉える友人は、安否確認の電話をくれたときに、本当に心配しながら「原発問題」を熱く語っていたが、それがただの危惧ではなくなりそうなのが怖い。

今、これを書きながらもTVでは専門家が「かなり異常な状態であることには間違いない」「重大なことが起こっている」と発言している。
アメリカからも専門家が応援要請しているはずだが、なんとかならないのだろうか?

国民には放射線を体内に入れないための予防策を呼びかけているが、ただ不安を煽るような一方的な情報では、いくら忍耐強い日本人でも気力体力の限界というものがある。

ここまで書いていて、都内の友人からの安否確認電話が入り、30分ほどの長電話になってしまった。

80歳を超えながらも銀座の画廊で現役として働いている彼女は、まさに仕事中だったので、あわててビルの外に避難したあと、早めに帰宅をしたのだが、世田谷までバスを乗り継ぎ、8時間かかって帰宅できたらしい。

余りの精神的衝撃が強く、娘家族たちに逢えた安心感で涙が出てきてしまったと話してくれた。

バスの中で、家族に連絡したいのに電話が通じず「恥ずかしいけど、メールが打てないので隣に座っていたお嬢さんに頼んだら快く打ってくれたわ」
こんな話題は、この状況では特にほっとできる。

ハワイの娘のfacebookにも、日本語の読める方へと断って、こんな記事がアップしてあった。

315

地震直後のTwitterで投稿されたつぶやきに、娘は感動したとコメントしていた。
facebookの娘や友人たちとの記事も英語ではあるが、皆が日本での災害を心配してくれている程度は理解できる。

それとともに、日本人の国民性なのか、暴動にもならず、整然と耐えている姿を感じたのだろうか、娘は生活拠点を海外に移して十数年、「初めて日本人で良かったと思ったよ」とのコメントを見て、こんな事がきっかけで皮肉な話ではあるが、母親としてほっとした心境になれたのも事実。

これを書く間にも刻々と状況は変化して行っている。しかも悪い方向へ・・・

仙台に住むいとこ家族との連絡は今現在とれていない。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

March 11, 2011

M9.0の地震

Dsc_0377

2時46分。

友人と地下鉄の茗荷谷駅の隣に最近できたビルの1階にあるカフェに入り、温かい紅茶をゆっくりと飲んでいたら・・・

「何?これって地震?」

「わぁ、大きい!あっ揺れてる」

「どんどん揺れてる!!」

周囲の人たちも騒然となり、高い天井から下がっているお洒落な照明器具やら、メニューの書かれたボードなども揺れ始め、皆いっせいに立ち上がり、出口に殺到した。誰とも無く「外のほうが危ない!」という声も聞こえ、そこで一瞬皆も止まった。

目の前の建物の二階あたりから若い女性たちの悲鳴が聞こえてくる。
いつも近くにある女子大生たちで混みあっているファミレスなので、多分大騒ぎになっているのだろう。

カフェ内はクロワッサンの入った箱などが陳列棚から崩れ落ちたりして、かなり揺れはひどかったけれど、カフェからでるべきか、または中で様子を見るか、迷っているうちに、何度と無く余震が襲ってくるが、どうすることもできないので、仕方なく席に着く。

コートは着たまま、バッグもすぐにもてる状態にして、携帯のワンセグで状況確認をしながら様子を見る。

友人はまず、可愛い孫とお嫁さんへメールを送信。
「無事です」の返信が来て一安心!

こちらも、数件メールを送受信したが、中々通じない。

都内で勤務をしている娘からは「大丈夫?」のメールが、こちらと相前後して届いて一安心。

その後の時間に待ち合わせをしていた友人も無事自宅に戻った様子で一安心。

こんなときは、メールはとても役に立つ優れもの♪

すぐ、カフェを出るのも少し怖い気もしたけれど、ずっとこのままいてもどうなるものでもなし、地下鉄は復旧のめどが立たないということで、徒歩で我が家に向かうことにした。

途中で大型スーパーに寄って行くつもりが、シャッターが半分下りていて買い物は出来ない。陳列商品が崩れたりしたのだろうか?

我が家に向かって歩いていると、逆方向にぞろぞろと人の群れが向かってきた。
多分池袋方面にむかっている帰宅者たちの群れなのだろう・・・まるで近未来の映画のシーンを観ているかのような、不思議な気分になる。

何箇所かのバス停留所には沢山の人の列。自動車の流れもすでにノロノロとしか動いていない。

まさか、自分がこんな体験をすることになるなんて・・・思ってもいなかった。

人ごととは思わないが、このまま、今建物の下敷きになってしまったら・・・そんなことを考えたことがなかった、これまでの人生を一瞬振り返ってみたり・・・

人の流れはどんどん多くなり、文京シビックセンターに到着したころには、建物の一階にはかなりの人がいて、ホールの中にも人がいるのは、避難の人なのか、本日のイベントだったのかよく分からないが、とにかく沢山の人が不安げな表情で集まっていた。

シビックを過ぎ、春日町の交差点に到着すると、更に大勢の人々がもくもくと歩いている。

五時を過ぎているので、「帰宅困難者」なのだろう。

パリっとしたスーツの若者や、お洒落な服装のOLたちが、かなりまとまって同じマークのついたヘルメットを被ってのんびりお喋りをしながら歩いている。多分同じ会社の人たちなのだろう。
数年前務めていた会社では自分用にヘルメットを配られて「こんなのいらない」なんて机の下のほうに引っ掛けておいた経験があるけれど、今頃あの会社の人たちはヘルメットに感謝しているだろうな。だって、都内で通勤にヘルメット姿なんて、初めて遭遇したし、TVのアナウンサーもヘルメット装着したままで放送しているくらい、危険な状態なのだろう。

そんな時に、九段下辺りに勤務しているはなちゃんからも「大丈夫ですか?」とメールが来る。

彼女は川越方面が自宅なので「今、会社の人の家に向かって歩いています」ともメールにある。

「我が家に泊まれば?」と返信すると、ようやく送受信がうまくいって、「ありがとう、大丈夫。今は板橋区役所あたりです。」

家には、何時ごろに着くのだろうか?

少し時間がたって、友人らのメールが届くようになり、室内の陶器が落ちて割れたとか、本が落ちたとかの程度のものばかりで一安心。

これを書く今でも、TVでは「避難準備をしてください」の声が聞こえたりしてくる。

今夜は、怖くて眠れないかもしれない。
湯島に住む、一人暮らしの友人には、メールも電話もつながらない。

池之端のタワーマンションに住む知人は、27階に住み、車椅子の一人暮らし。
気になってブログを覗くと、早速地震の記事がアップされていた。

車椅子はすべり、かなりの揺れで吐きたいほど気分が悪かったとある。
一階のカフェにいても気分が悪くなったのだから、さぞや大変だったろうと察した。

お隣のマンションに住むおばあさんには電話で安否確認ができた。
ハワイにも津波が押し寄せるとか・・・ハワイに住む娘にもメールをしないといけないかな?

神様。お願いですから、これ以上大きな地震は起さないでください。

追伸・・・PCを開いたらハワイの娘からメールが届いていた。
     お互いに無事で良かった♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

June 30, 2010

ワールドカップ南アフリカ・パラグアイ戦を観て・・・

Photo_3

スポーツ音痴の俄かサッカーファンが、夜中まで目をそらすことができなかったパラグアイ戦は、本当に見ごたえのあるものだった。

前後半戦とも、点は取れなくとも選手たちの動きを追いながら、今度こそ点が入るかと手に汗を握りながらあっという間に時間はすぎて行った。
延長戦になると、更にヒートアップし、ここで決めて欲しいと祈りながら更に目は画面に釘付けとなった。

そして運命のPK戦。
勝負とはいえ、なんと壮絶なシーンだったろう。
この一蹴で勝負が決まると思ったら、どれほどの精神力と集中力によってたった一人の肩に勝負を預けなければならないのか・・・勝負の世界はそういうものなのだろうが、日本中のファンが見守る中でその残酷な瞬間はやってきた。

試合後のインタビューなどで、ある選手のお母さんなどが「うちの子がPKに出なくてよかったです」と言っていたが本音だろう。
岡田監督や、長谷部主将などは、選手すべてに対しての感謝とねぎらいの言葉を忘れることなく、駒野選手に対する思いやりが感じられ、それは更に、このチームワークの素晴らしさを物語っているようだった。

試合後、時間が経てばたつほど、TVなどでは、「残念!」というシーンが繰り返される。
駒野選手一人が責められているのではないことは、誰もが当然わかっていても、PKを外した瞬間に目を真っ赤にして崩れ折れた姿はホントに痛々しく、目に焼きついている。

普段は余りスポーツ番組を見ないのだが、こんなシーンに遭遇すると、また熱い思いを味わいたくて、4年後が今から楽しみになってきた。

蛇足:それにしても、日本男子も世界に遜色ない体型・容姿になってきましたねぇ~

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

 

October 26, 2009

酒井法子公判傍聴券・・・1/6615

0910264「雨が降っても風が吹いても行って下さい」
その言葉通りに、朝から冷たい雨が降る中を日比谷公園に向かった。

2時間くらい並ぶかも知れないから、寒くないようにして、トイレに行きたくなったら困るから水分も控えておいたほうがいいかな?
でも喉が渇くと辛いし・・・と駅のコンビニに立ち寄ると温かい飲み物の棚はほとんど空っぽ!

もしかして、酒井法子公判の傍聴券のために公園に並ぶ人たちが同じような事を考えて飲み物を買ったのかな~と思いながら、小音楽堂前の集合場所に到着。
早速、見覚えのある人を発見!お隣のマンションに住むお茶のみ友達とそのご主人だった。
知り合いを見つけた安堵感も湧き、少し余裕を持ちながら指示待ち状態で雨の中を傘をさしながら、お喋りをしているとあっと言う間に時間は過ぎて行った。0910262_3

時間になってK通信社の人の指示でリストバンドをもらう列に並ぶ。
事前にTVのニュースでリストバンドが整理券になるのだという情報は得ていたので、「なるほど」と思いながら、係の人に紙のリストバンドをぺたっとはめてもらった。
列の両側にはたくさんのカメラが並び、TVでお馴染のレポーターの声が興奮した口調で実況中継をしていた。
列を進めながら、逆に我々のほうが「あっ!あの人○チャンネルのレポーターだ!」などとミーハー気分で楽しんでいた。

0910263
バンドをもらったら、あとは抽選結果が出るまではただ待つのみ。
数人の知り合いも一緒に皆で「帝国ホテル」のロビーに移動。
温かな場所でゆったりとしたソファを陣取り、お喋りをしていると、いつの間にか時間になっていた。
再び公園に戻り、抽選結果の発表を聞く。
330倍という凄い倍率だったらしいから、当然ながら結果は「ハズレ」

当選した人は残され、ハズレた人はこの時点で仕事完了。
それぞれに「また、会いましょう~」と雨の中を散らばっていった。

「もし当たったら宝くじを買おう」そう思っていたのは私だけではなかったようだ。やっぱりくじ運のない私・・・

読みかけの文庫本やIpodのシャッフルを用意して、一人で時間潰し用のグッズを用意していたのに、仲間たちに会えたおかげで、仕事の情報交換ができたりと、かなり効率よいアルバイトとなった。
先日も、今回のメンバーの中の数人と「ビジネスキャリアアップ試験」の試験会場の監督補助という仕事を頂いたばかり。

どこの派遣会社ですか?と思うでしょ~
区のシルバーセンターに登録をしたら、こんな仕事がきたのです。

次の仕事はいつ頃、どんなのが来るのだろうな~そんな思いで、結構気に入っています。

のんびり、音訳ボランティア活動を続けながら、時々、珍しいお仕事を紹介してもらう・・・こんな生き方も意外と贅沢かもですよ。
 

February 25, 2006

荒川静香さん。おめでとう!

早朝から「あなたが応援していた荒川が金メダルだよ」と友人からのメール。
嬉しくて朝から元気になる。

このところ、会社でのTV鑑賞しながらのランチタイムではトリノの話題ばかりで、終盤に近づくにつれ、フィギュアの3人の事ばかり・・・
「私は荒川を応援したい!」
誰に頼まれたわけでもないのに、このところ、この話題になると、しきりとそんな事ばかり言っていたと思う。
去年あたりからTVで見る限りではあるが、彼女が日々美しく変化していく様子を見ていて、この人にはなにか惹き付けられるものがある・・・そう感じるようになっていた。

トリノが近づくにつれ、安藤美姫や真央ちゃんが登場するようになってからは、彼女に余りスポットライトが当たっているとは思えない日々が続いた。

そんな中でも、ひたすらメダルに向ってコツコツと努力を重ねて行く姿が、いつも心に染みて、「どうか、努力が実りますように!」そう願いをこめて、ひっそりと応援をしていた。

得点的にはメリットはないが、とても彼女を美しく見せる「イナバウアー」を取り入れたり、曲を変えたり、より自分らしい演技が出来るためにコーチを代えるなど、自分の意思で何事も進めていく様子と、凛とした表情がとても気持ちよく、見るたびに好きになっていった。

開会式でパバロッティが「トゥランドット」を歌い出した時には、彼女の幸先のよさが十分に予感できた。

そして最終のフリーの演技がほぼ完璧に終わった時には、会場中がスタンディングオベーションで大喝采!やったネ!

アジアで初の金メダルを手にした彼女。本当に良かった!
日々の努力で、技も磨かれ、更に、強靭な精神力も培われたのだろう。

怠け者の私が、勇気をもらった。地道な努力は必ず報われるのだ。
そして、その後に来る、達成感は何事にも代えられない、素晴らしいご褒美となるはず。

ありがとう!荒川静香さん♪

September 12, 2004

9.11つづき

時間は、人々の記憶を風化させる。
当地のNYでさえ、遺族と一般市民との、事件に対する意識の差が、かなり開いてきているらしい。
今は、余りにも、世界中、いろいろなことが起こりすぎて、すべてのことを、ゆっくりと立ち止まって考えたりなど、していられないのかも・・・

私の娘も、忙しくしていて、そんな一人だと思っていた。
が、娘のブログを開いたら、そうではなかったのだ。
衝撃が強すぎて、無意識に記憶を消そうとしていたのだ・・・

最近、”千の風になって”という詩の存在を知った。
作者不明で世界中に知られているという、死と再生の詩。
(死者からの、残された人々に対して癒しのメッセージ)
グラウンド・ゼロの第1回追悼集会で,遺族が読みあげたことも、最近になって知った。

私には二人の娘がいるが、もしどちらかでも、先に逝ってしまったら、どんなに悲しいだろうか・・・
今、こうして、皆生きていること・・・当たり前に生きているようだけれど、それがどんなに幸せなことであったのか、改めて考えさせられる自分としての”いのちの記念日”となった。

September 11, 2004

3年前の今日(9.11)

夜TVを見ていたら、飛行機がビルに突っ込んだらしいと臨時ニュースが流れた。
見ているうちに2機目もだって?・・・
NYの貿易センタービルに・・・
大変!娘がマンハッタンの高層ビルの26階あたりで仕事をしている。
すぐに、国際電話を架け、ようやくつながったときはほっとした。
「大丈夫?」
「うん、でもハイジャックされて、まだ行方の分からない飛行機が何機かあるらしい」
「ペンタゴンもピッツバーグもやられたらしいよ」
ペンタゴンは前の年まで住んでいた家のすぐ近くだし、ピッツバーグは娘の夫の家族が住んでいる土地だ。
「ここから煙が見えるよ」
気丈な娘の声が震えている。
「気をつけてね」
「うん」
電話を切ったあと、すぐにTVの画面でビルが崩れ落ちて行った。
これは現実?・・・そう思ったとたん、すーっと鳥肌がたった。

娘は数ヶ月前に貿易センター内にある会社の就職試験も受け、そこから数十丁目離れた今の会社を選んだ。
逆の選択をしていたら・・・
今、オンタイムで、ビルが崩れ落ちて行くのを映像で見ている・・・こんなことがあっていいのか・・・

その後、娘への連絡はつかなくなり、翌日になって、無事バスに乗って自宅に戻れたことが確認できたときは本当に心からほっとした。
あの後、貿易センタービルにいるクライアントが、娘のいるビルに逃げてきたという。

あの出来事以後、会社の引き出しには防毒マスクを用意し、地下鉄に乗り、フェリーに乗り、仕事に通っていたが、NYに移り棲んで1年足らずで、ワシントンに戻ってしまった。
いくつか理由はあるのだろうが、この体験が心に大きな傷を残したことは、想像以上のものだろう・・・

あれから3年・・・
世界はますますひどくなっている。
殺し合いを、誰か止められる人はいないのか?


My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪