• 44_2
  • 55_2
  • 33_2
  • 11_2
  • 22_2
  • Photo
  • Img_2733
  • Img_2732
  • Img_2728
  • Img_2725

« July 8, 2018 - July 14, 2018 | Main | July 29, 2018 - August 4, 2018 »

July 16, 2018

透明なオールフリーのビールって?

猛暑日の外出の帰り道。電車から降りて少し身体を冷やそうとコンビニへ。
せっかくなので、冷えた飲み物でも買って帰ろう!帰宅したらすぐシャワーを浴びて冷たいのをグイ~っとしよう!

そう思って、1袋98キロカロリーと書かれた枝豆風味のチップスを買い、ビールコーナーへ行くと・・・見慣れない透明なボトルが缶ビールの間に並んでいる。
ビールではないけれど、オールフリーの一応ビール?
でも、それが何故、透明のボトルに入って、しかも中身も透明で、あのビールの美味しそうな黄金色ではない。少し泡立っていて、まるで炭酸水のよう。
手に取って、ラベルやシールを見ると・・・

Img_2675_1

オフィスで透明オールフリー。

ビヤテイスト。オールフリー。オールタイム。大人の瞬間リフレッシュ炭酸!。
ランチに。会議中に。スポーツのあとに。

カロリーゼロ。糖質ゼロ。ノンアルコール。

これで美味しいビールテイストを味わえるのなら、なんて素晴らしい!!~
元々、サントリーのオールフリー(ノンアルコール)は気に入って、飲んでいたけれど、

・・・・・・

これは、残念ながら、わたしのお口には合わなかった!

視覚効果にかなり影響を受けやすい体質のせいか、透明な色を見ながら飲んでも、ビールのイメージが浮かばず、かといって、ただのシンプルな炭酸水の味でもなく、でもどうイメージを膨らませても、ビールの味は感じられない。

これって・・・何のために作られたのか?

確かに、ラベルにあるように、大っぴらに、ビールをごくごくと飲める環境にない場所で、どうしてもビールが飲みたいという人のために作られたのでしょうか?

それにしても、オフィスや、会議中で、これを飲む必要があるのでしょうか?

仕事が終わり、オフィスを出る。
さぁこれから飲むぞぉ~そんな時にビールを一口飲んだ時の美味しさは格別ではないのかな?

今時の仕事現場の状況がわからないので、昔のニンゲンの私には何とも言えないけれど、仕事や会議の時にまで、ビールのイメージを求める必要があるのでしょか?

この頃流行っている、色のない飲み物。
元々、私の好みではなかったが、ビール風味が微かにあったとしても、脳に焼き付いた透明の飲み物が喉を通過すると、どうしてもビールの味が喉に届かなかった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ

にほんブログ村

« July 8, 2018 - July 14, 2018 | Main | July 29, 2018 - August 4, 2018 »