• 44_2
  • 55_2
  • 33_2
  • 11_2
  • 22_2
  • Photo
  • Img_2733
  • Img_2732
  • Img_2728
  • Img_2725

« 台風と共に軽井沢へ | Main | 何気ない日常(1)「朝のお散歩」 »

August 03, 2018

真夏のボランティア音楽会

Photo

まだまだ、暑い日が続く中の、音楽会本番。

今回の、M高齢者在宅サービスセンターはピアノの無い施設なので会長(男)がキーボードを担いで、コミュニティバスで会場まで運ぶ。

(会には男性メンバーが少ないので、こんな体力仕事は会長一人にかかってくる)

控室をお借りして、簡単な発声練習とリハーサル。
今回のメンバーはソプラノ四人、アルト五人、男性三人、キーボード、チェロ、ヴァイオリン。合唱団の在籍人数は二十数名いるけれど、来られる人が参加するというスタイルなので、その日によってアルトが一人しかいな~いなんて日もあって、そんな時は先生が指揮をしながらアルトを歌って応援してくれるなんてことも・・・まぁ、何事も臨機応変な会という事かな?

つまり、皆が温かいボランティア精神を自然と身に着けているからなのかもしれない。
何かがあると、誰かが何かをサポートしていて、自然に役割分担が出来上がっていくような、居心地の良さがある。

そしてプログラムに必ず指揮の先生のソロを一曲。さすがに先生が歌うと、お客様の拍手の量が違う。

今回は『さくら貝の歌』・・誰もが知っているこの曲は失恋の歌だそうで先生自らのMCも好評です♪

そして我々の歌は・・・

夏は来ぬ。浜辺の歌。ゴンドラの唄。真っ赤な太陽。君をのせて。憧れのハワイ航路。

キーボードを演奏してくれる先生(女)は、80歳を超えていらっしゃる現在も、バイクに乗ってあちこちのグループの指導に出かけたり、ご自身も他のグループのメンバーとしてコーラスをされている。まったく年齢を感じさせない活躍ぶりに只々敬服!

チェロ(男)も、ヴァイオリン(女)も、今回は欠席のプサルタリー(女)も皆、それぞれに魅力的な音を出して、コーラスをグレードアップしてくれ、お客様も楽しみにしてくれている。

そんな「ボランティア音楽会」

来週は別の会場へ。お客様の笑顔が待っていてくれると思えば、猛暑日であろうが、出かけて行く。

p>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« 台風と共に軽井沢へ | Main | 何気ない日常(1)「朝のお散歩」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事