• 019
  • 576_2
  • 99999_2
  • 574
  • 573
  • 999
  • 571_3
  • 579
  • Gw12
  • 036

« 古希+1歳のバースディ♬ | Main | バースディ続編 »

January 24, 2017

記念日に行くお店

年に一二度しか行くことのないお店。
又、その季節がきて、久しぶりに出かけた。
大きな暖簾をくぐり、戸をがらりと開けると、いきなり「おこし!」と関西人の大将の大きな声と、変わらない笑顔が、頭を下げて迎えてくれる。
 
ゆったりとした店内は、カウンター席のみで、勿体ないと思うほど、ゆとりある空間になっていることが、尚更、お客としては心地が良い。

Ytr66

更に、女将さんの手によって活けられた季節のお花は、その空間のあちこちに飾られ、お店の雰囲気にとても合っていて、これも心地よい。
席に着いて、大将と久しぶりの挨拶を交わしているときに、女将がさっと後ろ側からきちんとアイロンのきいたエプロンを広げて首の後で結んでくれる。
その絶妙なご夫婦のタイミングも、長年のお二人の歴史が伝わってくる瞬間でもある。
そんなスタートで、すでに私はすっかり寛いだ気分が湧いてきて、あとは出て来たものを
「戴く」だけ。あっ!もちろん美味しいお酒を飲みながらですけど・・・
 
Ytr33 Ytr44 Ytr55
 
このお店のメインは「鯛飯」。最後に土鍋で炊き上げたものが堂々と登場する。
その前には、鯛の薄作りをちり酢で頂くもの、牛肉の握り寿司、天ぷらなど、絶妙な頃合い良く、次々と揚げたてを供してくれる。
 

Ytr11

美味しいお酒やお料理を楽しみ、時々大将が、こちらの会話に邪魔にならない程度に、参加してきたりしているうちに、奥から、炊きあがったばかりの鯛飯が・・・女将さんが蓋を開けて、中を見せてくれたら、すぐに目の前で、お箸を持ち、鯛をほぐしながら、骨をきれいに取り除いてくれる。
この作業を目の端に捉えながら、そろそろお酒も終えて、鯛飯を食べられるというワクワク感で、どこまでも快適な時は続く。
 
Ytr77_5鯛飯は、一膳ほどをいただいて、あとは折詰にしてお土産にしてくれる。
ほとんどのお客様は、同じように、しているが、翌日温めなおしても、美味しさは変わらない♪
ミシュランの☆を頂いたというのも十分に納得できる。
勿論、最後はデザートも!
 
近頃、人生を長く生きてきたせいか、様々な場所でいろいろな事に遭遇することが多くなったけれど、レストランで、宅急便で、区役所で、接客の態度があきれてしまうほど酷い時があり、抗議をする気力も失せてしまう事がある。
 
そんな時、このお店のような、上質なクオリティを味わうと、つくづく、ため息が出てしまう。
 
人間は死ぬまで成長できると言うから、いつかは気づいてくれれば良いとは思うけれど・・・
そして、同時に改めて、自分自身にも、振り返って見ようとも思うこの頃です。
最後に、今年も幸せな誕生日を過ごせたことに感謝します。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« 古希+1歳のバースディ♬ | Main | バースディ続編 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪