« March 27, 2016 - April 2, 2016 | Main | April 24, 2016 - April 30, 2016 »

April 15, 2016

「木靴の樹」を岩波ホールで。

いただいた招待券で、他の友人と岩波ホールで「木靴の樹」を観てきた。
カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞という作品.。

Kigutu1

1978年の作品の再映で作品は19世紀末の北イタリア・ベルガモ。近代化される以前のイタリア農民の暮らしを淡々としたテンポで、三時間以上もかけて、描いている。

Kigutu2

自然光のみでの撮影で終始、薄暗い画面。出演者のほとんどは地元住民、そのあまりにもリアリズムは、観終わった直後は、一緒に観ていた友人とも、言葉が交わせなかった。何と言えばいいのか・・・

そして、私がふと頭に浮かんだのは、日本の新藤兼人監督作品の「裸の島」という作品だった。
「木靴の樹」は、もっと自然と人間そして宗教等々、スケールが違うけれど、なぜか、連想してしまった。

そして、もう見終わって三日経つのに、頭から離れない。

この作品は、3時間という長さで、この映画で監督が表現したい内容を理解しようと思ったら、一度観ただけでは、中々理解できない。特に私には。

人間が生きて行く。そのために、乗り越えねばならない事がある。

招待券をもらうことがなかったら、多分私は、この作品と出会うことはなかった。

出会えて良かったのか?知らないまま、スルーしたほうが良かったのか?
今でも良く分からない。

p>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

April 13, 2016

靖国神社の奥まで入ったことありますか?

41212

お散歩仲間のKさんは、やたら地理に詳しいので、いつもお散歩コースを決める時には、集合場所からどの道を通って行くかなどを、私ともう一人に手書きで作成してくれる。

そして、その精度はかなりなもので、どこにパン屋さんがあってとか、改札口の左には何があってなど、とても詳しく書いてくれるので、方向音痴の私としては、非常にありがたい。

普段、一人で初めての場所へ行く時は、グーグルでGPS機能を大いに頼りにしているけれど、お散歩のときは、Kさんが作ってくれる手書きの地図が楽しみになってきている。

先日のお散歩は、市ヶ谷駅に集合。土手を飯田橋方向に向かって進んだ。
JRの線路を左側に見下ろしながら、桜並木の下をゆっくりと歩いた。大体の桜は花びらは散ってしまい、蕊の赤がかえって可愛らしく映えていた。所々に八重桜がたわわに花びらを開かせて・・・

4121 4122_3

途中、一口坂を右に上り、有名なおせんべ屋でおせんべを買う。

4123 4127

そのあと、靖国神社に向かった。
黄葉や桜の見事な季節のメインストリートは、既に何度も歩いた事はある。
実は、奧のほうには池やお茶室などがあると言うKさんのガイドで、そちらを案内してもらう。

Kさんは、地図が描けるだけでなく、その辺りの情報にも詳しい。

4129

奧に向かってしばらく進むと、そこに別世界のような空間が現れた。
池の周囲にはベンチがあり、お昼休み中の人たちがお弁当を食べていたり、読書をしていたりと、のどかな空気が漂う。神社の荘厳さとは違う雰囲気がいい♪

4126 41210

4125

41211 4129_2

こんな素敵な場所があったことを、知らなかった~

市ヶ谷からスタートして帰りは九段下でランチをしながら、途中で見かけた、名前のわからない木の種類を本で調べたりしているうちに外は薄暗くなっていた。
森林浴もたっぷりできて、たくさん歩くこともできた。
そして、俳句の話、手話の事、漢字の話、どんなテーマでも誰かが言い出すとその方向へ皆がついて行けるという、実に欲張りな会話が楽しめる♪

贅沢な散歩!
都心でも、調べたらオアシスはまだまだあるはず。探してみようかな~
そして今度は、一人でも来てみようかな?

gt;にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« March 27, 2016 - April 2, 2016 | Main | April 24, 2016 - April 30, 2016 »