• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« December 20, 2015 - December 26, 2015 | Main | January 3, 2016 - January 9, 2016 »

January 02, 2016

ニューイヤーコンサートへ♬

ここ数年、恒例のように出かける東京フィルニューイヤーコンサートに、次女夫婦が招待をしてくれた。
そのコンサートの終わりには、色々なプレゼントが当たるというお楽しみタイムがある。その中でも最高のプレゼントはステージに上がってオーケストラの指揮ができるというもの。

曲はラデッキー行進曲。本日はアメリカ人男性が当たった、始めのうちは緊張気味の様子だったけれど、指揮棒を一生懸命振っているうちに、だんだんと乗ってきた様子が微笑ましかった。
そして、かなり遅れ気味のテンポにオーケストラも会場の手拍子も皆が合わせようとして、それがかえって連帯感のような雰囲気も生まれて、会場中が温かな風が吹き抜けて行った気がした。

.Img_1320

休憩時間には客席やホワイエに獅子が舞い、太鼓が響く。枡酒も用意され、今回は全員にイヤープレートならぬイヤー枡が配られた。

今回の座席は、一番前!少し見にくいものもあったけれど、臨場感は最高で、とても良かった!

Img_1287_2

今年の指揮者は尾高忠明氏。ゲストのピアニストは19歳の松田華音さん。6歳からモスクワへ渡り優秀な成績を残しているとか。かわいくて華奢で、才能があり、「天は二物を与えず」という言葉が近頃は通用しないことが多いなとぁとつくづく思う。

Img_1319 Img_1286_2

曲目は、シュトラウスの「春の声」、チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第一番」、ラヴェルの「ボレロ」等々、だれでも耳にしたことがあるものばかり。

そして、新たなお楽しみとして今回は「音の福袋」として、30曲のリストから、会場のお客様の中から選ばれ二人と指揮の尾高氏の三人が選んだ曲をその場で演奏するというお楽しみプログラムが・・・「G線上のアリア」「威風堂々」「カルメン」だったかな。

朝岡聡氏司会の軽妙なムードもあって、コンサート全体が、お正月気分一杯で、肩ひじ張らずに、なごやかに音楽を味わうことができて本当に楽しかった。

昨日、今日とのどかで、明るく、気持ちの良い年明けを迎えられることができて、きっと今年は去年と変わらずか、それ以上に良い年となるような予感がするが・・・

<>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

2016年の元旦

新年あけましておめでとうございます。

私のブログを覗いてくださる皆さま、いつもありがとうございます。

気のむいた時だけ、書きたい事だけ書いて、12年目に入りました。正しく言えば2014年7月にスタートしました。
毎年、元旦には「おせち料理」のことが書いてあり、振り返ってみると、その時の自分の状況がいろいろと思い出されます。
「お節」を作る時間の余裕さえなかった時、気分のゆとりがなかった時、といろいろな時を経て今があるのですね~
今は、ようやく、心のゆとりも、時間の余裕も出来たというより、そんな年頃になったのでしょう。

Img_1267_2

手作りと出来合い物を混然とさせ、適当に手抜きもしています。

「全部食べ切れないよー」と言われるけれど、若い人たちに、伝統を語り伝えて行くことが、年長者の役割と考え、田作り、昆布巻きなど食べきれなくとも一応用意するのです。
まぁ、自己満足の世界かもですね(^^♪

Img_1260_2 Img_1265_2

煮物は「いり鶏」のアレンジ版。右の写真の右上はニンジンと明太子の炒り煮。以前、「聡明な女は料理が旨い」という本が売れ、その中にあったのを今や私の定番にしてしまっているものです。

Img_1275_2

部屋も、お正月に備えて、普段よりは気を入れて綺麗にします。
ソファカバーもクッションカバーも、カーテンまで洗えるものは全部洗います。
(普段が手抜きだからね♪)
次女が部屋に入るなり「カーテン洗った?」と一言。少し縮んで丈が短くなったみたいだからだそうです。

Img_1271_2_2 Img_1270

ローストビーフは、次女のダンナ様のご実家からお歳暮でいただいた物で、とても柔らかくて良いお肉でした。まだ、解凍していない分の少しだけをお裾分けしました。

Img_1279_2

次女が、毎年作ってきてくれる「黒豆」は今年はとても良くできていましたので、特別なワイングラス(足のないもので、ボルドー用だったかブルゴーニュ用?どちらか)に盛り付けてみました。

Img_1278_2_2

二人が来る前に少しだけ、お料理を並べてみました。サラダは顔を見てからドレッシングを作ります。
私が飲みたい「泡」(スパークリング)は冷蔵庫に冷やしてあります。もちろんもりちゃん(ダンナ様)用に缶ビールも!

Img_1283_2_2 Img_1262_2

お雑煮のお餅は、親類から毎年届く手作りのし餅。
右は、トマトと茄子を揚げて、中華風味のたれを作って漬け込んだもので、初チャレンジです。

Img_1259_2_2 Img_1274_2

お正月気分のために欠かせない実千両。

Img_1282

我が家のそばにあるマミーズという有名なアップルパイ屋さんが元旦はお休みだったとかで、デザートを買えなかったよと言いながらやってきた二人。
偶然なことに、前日にアップルパイを買っておいた母親の私。さすが以心伝心ですね♪

今年も、無事にスタートを切る事が出来ました。

明日は三人で東京フィルのニューイヤーコンサートに行きます。
コンサートのお楽しみのひとつに、最後に抽選で当たるとステージに上がりオーケストラの指揮をすることが出来るのですが、さて結果報告は次回に!

gt;にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

January 01, 2016

大晦日に滑り込みセーフ~

Img_1259_2

Img_1258_2

毎年のように、あたふたと迎える大晦日。

今年こそは、もっとゆったりと、大晦日を迎えたいと思っていたのに、結局、いつもと同じように時間を過ごしてしまった。

けれど、そんな時間の中にいる自分が嫌いでもなく、又新しい一年を迎えるためのいろいろなことをこなし、そんな瞬間をむしろ楽しんでいる。

けれど出来る事なら、来年こそは、ゆとりをもってカウントダウンを楽しみたい!
毎年、そう思いながら、今回も、ビールなど飲みながらTVで、素敵なバレエダンサーの「ボレロ」に釘づけになったり、PCチェックをしたり、ラインで友人と今年もお世話になりましたのメッセージを送りあい、直接電話がかかってきたり、お正月の煮物チェックをしたり、と落ち着かない大晦日となった。

まもなく、今年も終わろうとしている。
アメリカの長女夫婦、都内の次女夫婦たちもそれぞれ、大病もせず、仲良く過ごしていて、その事が母親である私の幸せにつながる。そして私自身も、年齢なりの体調の衰え以外はどうやら無事に過ごせたようでほっとしている。

そんなことを振り返りながら、新年を間もなく迎える。
来年も、そこそこでいい、のんびり、ゆったり、シンプルな日々を過ごせたらなぁと思う。

そして、このブログを覗いて下さる皆さま。
来年もよろしくお願い申し上げます。

気の置けない友人と散歩をして、お気に入りのカフェのお気に入りの席で、他愛もない話をする。
ボランティア仲間と、共通の目標に向かって切磋琢磨しあう楽しみ。
子供時代からの仲の良い友人と、ワインを開けながら、時間の許す限り飲みながら話す。
娘のように若い友人と話すのも新鮮で、刺激を受ける事も多い。
そんな、ささやかな出来事がわたしにとっての幸せなこと。

そんな話題を、のんびりと載せて行くのは、これまでと変わらない。
来年も、よろしくお願い申し上げます。

私も、家族も、友人知人も、そして皆様方も、来年は、良い年でありますよう!!!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

December 30, 2015

年末の日々

年末が近づいて、日々、溜まった家事をひとつづつ片づけていかなければと思っているのに、私の悪い癖が・・・

窓ふきや、部屋の隅々をきちんと掃除しないとと思いながら、つい、他の事に興味をいだいてしまう。

いただいたリンゴが冷蔵庫に溢れ、そのままにしておいたら、悪くなってしまうだろうから、お裾分けをと思っていると、「りんご、家にもあるから」とやんわりと断られてしまう事が多くて、それでは目先を変えてと砂糖で煮ることに挑戦!

本当は、それより先にしなければ行けない事が山積みなのに・・・

Img_1242

リンゴをコロコロ型に切ったり、イチョウ切りにしたり、皮を付けたままや、お砂糖もグラニュー糖だけでなく、三温糖を入れてみたり、レモンの他にナモンを入れたりと、甘さも何段階か変化をつけて見たり、していたら、部屋が甘~い香りでいっぱいになり、なんとなく幸せな気分になった。

これならば、プレゼントしても断られないだろうな~
ソルトクラッカーをつけて、透明の袋に入れて軽くリボンで結んでお化粧して・・・
時間があれば、ラベルもPCで作って貼り付けたいけど、そこまでの時間はなさそう。

Img_1244

リンゴが片付いたと思ったら、親類から恒例のノシ餅が届いたので、固くならないうちに切らないと・・・
こちらも、お裾分けしようと思っていた友人に、うっかりして渡し忘れてしまった。

自宅でついたお餅なので、厚さも不ぞろいで愛嬌がある。
味は当然美味しいのだけれど、やはり、この量は一人暮らしには多いので、少しづつ友人に手伝ってもらう。

Img_1255

これは、facebookに載っていたレシピで、簡単スイーツを作って見た。
マシュマロを低温で長くオーブンで焼くだけのお菓子。

いわゆる、メレンゲのお菓子で、カリカリと硬いのに、口に入れるとスーッと溶けてなくなってしまう。私の大好きな種類の甘さ。

アーモンドをトッピングして・・・

あ~、いよいよ、お正月の準備に取り掛からないと。
本当に、私の悪癖には困ったものです。

何か、やるべきことがあると、その前に他のことをやりたくなってしまうのです。
そして、あとはダッシュで、やるべき事に向かう。
そして、間に合ったときの快感がなんともたまらない!

おまけにブログなど書いている。

さて、これから本格的に頑張らないと♬

gt;にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« December 20, 2015 - December 26, 2015 | Main | January 3, 2016 - January 9, 2016 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪