« January 12, 2014 - January 18, 2014 | Main | January 26, 2014 - February 1, 2014 »

January 23, 2014

KANREKI+8になりました【Ⅱ】

Yota_2

年に一度の誕生日しか、訪れないのに、お店のご夫妻は「まいど、おおきに!」と笑顔で迎えてくれる。

店内はゆったりとした大きなカウンターのみ。

モノトーンの店内のあちらこちらに素敵な花器に侘び助の白さが映える。
演出なのだろうか、いつも席に落ち着いた頃に女将さんが一本の侘び助をさっと活ける。するとそれまでは気がつかなかった生け花が俄かに完成した形となり、思わず見とれてしまう・・・こんなところもミシュラン一つ星を獲得した所以だろうか。

ご主人が揚げてくれる関西風のてんぷらがひとつづつ、頃合いよいタイミングで目の前に出てくる。

メインの鯛めしは、食事が始まる頃に炊き始め、炊き上がると、鯛の姿を崩す前に炊けましたよと見せてくれてから、目の前で箸を使ってほぐしてくれる。
こんなパフォーマンスもすごく満足感がある。
食べきれない鯛めしは、残りをお土産に包んでくれる。

お料理は、いつでも変わらず美味しい!

Yotaro1_4

気分よく、お酒とお食事が堪能できる、実に快適な空間。
場所は六本木の交差点からほどない場所にある。

花を忘れずに送ってくれる娘や、若い友人も・・・そしてハレの日の美味しいディナー。ハッピーバースディと言ってくれる友人がいることに、心から感謝をしています。

Hasu_2 Tukemon

Negi Osasimi_3

Taimesi11

Gsysi_3

Img00747_2  Ebi2_5

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

************************ p> ? ?? ?

January 22, 2014

KANREKI+8になりました 【Ⅰ】

誕生日のお花が届いた。

赤いほうは、次女から。白い花は若き友人のhanaちゃんから。
二人にお礼のメールを送る。

次女は、これまでのような歳の数だけ分の花ではなく、かわいい赤いバースデイベアが赤いチューリップたちについてきた。

ペンダントヘッドが付いていて、誕生石のガーネットがついていた。
足の裏にも、「Jan」と刺繍がある。かわいい!!!

Bbb4

Bb11

hanaちゃんからのお花はバルーンフラワーと言って、風船の中に生花がアレンジされている。初めてなので、しばらくはそのままでおいた。

Bbb5

少ししてから、風船を割ると、中にはこんなお花が現れ、二倍楽しめた。
お礼メールをしたら、返信で、「珍しいのを、偶然見つけたので・・・」と言ってくれた。

Img00737  Bb2

1226_2

次女は、毎年、歳の数だけ一本づつ増えたお花を送ってきてくれたけれど、そろそろもらう側も活けたりするのに大変ではないかと思ったので数を減らしてみたけど多いほうが良かった?と返信がきた。

私からの更に返信は・・・

「70歳になったときには今までみたいに歳の分だけ欲しいかな~
だって、イベント(古希だよ)の歳だしさ~
そして、あと何年生きるかわからないしさ~
花を見ていると、癒されるしさ~
送ってくれるほうは大変かもしれないよね。
でも、なんだかよく説明できないけど、たった年に一度のことだけど、心が繋がっているような気がするしさ~
初めて、次女が歳の数の黄色い薔薇を贈ってくれたときの事が嬉しくて、いつまでも忘れられないから、毎年、それを思い出すためにもお花が届くのが嬉しかったんだよ~」

という風には書かなかったけれど、実はそんな気持ちで、毎年お花が届くことが楽しみになっていたのは本当のこと。
と同時に、毎年増えていくというのも、大変なことだし、こちらから断らないといけないのは判ってはいても、中々言い出せなかったというのが本音なのです。

Aaaa1_2  Bb3

一人暮らしをしていると、花が部屋にあるだけで気分が明るくなる。
しかも、誰かにプレゼントされたりしたら、それだけで幸せな気分になれる。

そんなことをhanaちゃんには、話したと思うので、きっと気を使ってくれているのだと思う。
親子ほどの年齢なのに、いつも、いろいろと気配りをしてくれ、もったいないくらいの友人。

1223_2

ある友人が花の頒布会を頼んでいて、家に花を絶やしたことがない、ということを聞き、「凄い~優雅!」と感心したことがあった。

その友人は、過去に家庭の事情で、経済的に困窮した時に、余裕がなくてお花とパンが買えなかった時期があり、そのときの悔しさを想い、今では花は絶対に欠かさないようにしているのだと、目を潤ませながら話してくれた。

人それぞれではあっても、花の魅力は大きい。

Aaaa2 Bbb5_3

そして、今回も無事に誕生日を迎えることができた。

お祝いメールを下さった方々。ランチの予約や、プレゼントを下さった方々。
ありがとうございます!
とっても嬉しかったです。

来年も無事に迎えられるように、健康に留意して行こうと思っています。

p>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

p> ? ?? ?

January 19, 2014

私のブログを見て下さっている人たちへ・・・感謝!!

今日のメールチェックをしていたら、こんなメールが届いていた。

こんばんは(中略)
前回の「冬の夜空は・・・」は子どもの頃に私が憧れた東京そのものでした!
あなたは60数年間大都会の空気を吸い続け、私は生活の拠点をずーと和歌山県内においた生き方をして来ました。
あなたは東大界隈をウォーキングし、私は紀伊風土記の丘を日課のように歩きます。
(中略)あなたの発信を見せてもらう私の退職後の楽しみが増えました。
私を東京に居る気分にさせてくださいます。・・・Yさん。

中学時代のペンフレンドから始まった、細く長い友情が、今は年賀状で一年分の近況報告をし合うことが楽しみとなっていた和歌山の友人Yさん。

私の拙いブログを見てくれているだけでも嬉しいのに、こんな嬉しいメールが(何度でも言います)届いた♬

もう一通、先日のツィメルマンのコンサートに誘ってくださったHさんからも届いていた。

(中略)会社の先輩に、メールでツィメルマンのリサイタルの(ブログ)ことを書いたら、「ブログを見ました。(ツィメルマンの)ファンが増えて、Hさん良かったですね。(中略)お正月のときのお料理の写真が素敵だと思いました。今年は、(お節を)買いましたが、(写真をみたので)来年は、私もお節を作ってみたいです」と返事がきましたよ。
あと、学生時代の友達が、もりのいえに行きたいと手紙に書いてきました。
SAGAN(私)さんのブログで、いろんな輪が広がってきてとても楽しいです♪・・・Hさん。
そして、又もさきほどはFacebookで、こんなメッセージが・・・
娘にSAGANさんのブログを教えてあげました(^_^)v(中略)貴女(娘さんの事)の先輩だよって教えましたら、喜んでいました\(^-^)/
娘もM高校(私の出身高校)の出身なんです!私もうれしかったです(^-^)・・・Aさん。
偶然なことに、友人というより、不思議なご縁でつながって,今では時折り私のブログを覗いてくれているAさんからのメールで、彼のお嬢さんが私の後輩だったという事がわかって、全く面識のないお嬢さんまでもが私のブログを見てくださっているらしい。
なんとなく、くすぐったいような嬉しい気分♪
今日、この三つのメッセージが私に届いた。
コツコツと、というより、書きたい時だけ、自分の思いを書いている、きまぐれなブログを、こんな風に読んでくださっている人たちがいる。嬉しいと同時に、もっと内容を充実出来たらなどと、思ったり・・・
こんな事があるから、やっぱりブログはやめられないのだ。
>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

p> ? ?? ?

« January 12, 2014 - January 18, 2014 | Main | January 26, 2014 - February 1, 2014 »