« August 3, 2014 - August 9, 2014 | Main | August 24, 2014 - August 30, 2014 »

August 12, 2014

我が家のヤモリ(トカゲ)君?

このところ、一番と言っても過言ではない(過言かも?)ほど、私の頭の中を占めているのが

少し前に書いた記事のやもりと思しき爬虫類 の存在だ。

初めて遭遇してからは数年以上になるのに、このところ、彼(彼女)の存在が、毎日のように気になって仕方がない。

Tk

気になるには理由がある。

好きだから?ではなく、室内に迷い込まれたら、怖くて夜も眠ることができないから。

ベッドに寝ようとしたらヤモリが鎮座していた・・・なんてことになったら、怖くて部屋に入ることもできないから、絶対我が家に侵入させてはならない。

これまでも数回、ベランダの網戸を開閉した際に、部屋に入りこんだことがあり、その時は、管理人さんを呼んで助けてもらった。

そんな恐怖はもう繰り返したくないので、このところ、毎朝、窓のカーテンを開けると、ヤモリの存在を確認するのが習慣になっている。

朝早いとまだ就寝中のときがあり、世の中が目覚め始める頃になってようやく行動を開始。日中のほとんどは眩しいのではないか?と思われるほど日の当っている場所にじっとしていて、まるで置物のように動かない。

夜は暗くなると眠る。

場所は彼のお気に入りの場所を見つけると、毎晩同じ場所で眠りに入る。

Tk1_3

ベランダの中央付近の周囲に防御するものなどなにもない辺りに毎晩位置して、しかも写真では少し判りにくいだろうか。尻尾を丸めて丸くなって眠るのだ。

日中は、頭から尻尾の先までピンと伸ばしてまっすぐの姿勢で動き回っているのに、尻尾を身体の上に載せて、丸ーくなって眠っている。

私のほうが早起きだったときは、カーテンをあけ、周囲が明るくなって来ても、丸まった身体をそのままにしている時がある。

先日、軽井沢行きで家を不在にしたあと、ベランダのいつもの場所からいなくなっていたので、どこかへ行ってしまったのかと、ちょっと寂しいような不安(家に入りこんでしまったか)な気持ちとでベランダを懐中電灯で探していたら、少し離れた位置で丸くなって寝ているのを発見!

ほっとした私の複雑な心境・・・どう分析すべきか?

おまけに、少し位置を変えた場所は小さい落葉が一枚あり、頭の部分だけを載せて尻尾は胴体の上にクルリと載せて、ぐっすりと朝になるまでびくともしていなかった。

マクラが快適そうだな~

私って、ヤモリしかお友達がいない・・・そんな人ではないのに、そう思われても仕方ないくらいヤモリが気になっている。

その証拠に、近頃会う、私の友人たちは全員間違いなくこの「やもり談義」をしつこく聞かされているはずです。

だから、逆に、私からこの話をされない人は、私と近しい人間ではないのかも?

とにかく、今朝もまだ、丸くなって動かない。
もう朝だよ~!早く起きなさい!

>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

<

« August 3, 2014 - August 9, 2014 | Main | August 24, 2014 - August 30, 2014 »