• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« June 8, 2014 - June 14, 2014 | Main | June 29, 2014 - July 5, 2014 »

June 18, 2014

駒形どぜうとスカイツリー

独身時代のOL仲間二人と、「どぜう」を初体験してきた。

Dozeu

東京に生まれ、もうかなり長いこと生きているのに、これまで一度も、かの有名な「駒形どぜう」に行ったことがなかった。それも三人揃って!

とりあえず、生きているうちに(少し大げさ?)体験しておきたいということで、出かけてきた。

世話役のA子さんが、リサーチしておいてくれたおかげで、とにかくドジョウを食べる事ができた。

まず我々は初心者なので「骨は抜いてあったほうがいい?」と確認してくれて、「さきなべ」なるものをオーダー。

ドジョウは既に開かれて、火が通っているものを、温める程度に鍋に並べる。

別注文の牛蒡のささがきと、小口切りの葱をたっぷりと載せて、タレを廻しかける。

Img01227

Img01231

もうドジョウは煮えているので牛蒡が食べられるくらいになればOK!
卵を器に溶いて、すき焼きの要領でドジョウを食べる。

Img01236 Img01238

思いのほかあっさりしていて、気抜けするくらい。
ドジョウを味わうというより、ドジョウを食べるパフォーマンス全体を味わうと思うと、味わい方も変わってくる気がした。

時代小説やドラマは余り得意ではないが、江戸時代の鬼平さんがこの鍋の前に座って食べていたかも知れないと思ってみたが、私の知る限り、鬼平さんはあなごは食べていたと思うがドジョウの記憶はない。

軍鶏・アサリ・蛤・葱を使った根深汁などが思いつくけれど、ドジョウは食べなかったのかな~なんて思いながらほの薄暗い店内で鍋を囲むのも一興だと思う。

Img01235

駒形どぜうといいながら、鯨料理もあり、さらし鯨なども注文。ドジョウの骨センベイは鰻のに比べちょっと食べにくい感じ。

最後に白いご飯と漬物でさっぱりと〆た。

何故「どぜう」なのか?
江戸の大火で類焼にあったとき、初代が「ドジョウ」では4文字なので縁起をかついで「どぜう」と変えたのだとか。
そして、それが評判となり店は大繁盛したのだそうだ。

浅草にあるので、三社祭りにちなんで、「三社祭のお酒」という日本酒がメニューに!
一之宮、二之宮、三之宮というそれぞれの名前の冷酒があるので、きっとお祭りの頃は大賑わいなのだろうな。

Img01223

せっかく、浅草に行くのだからと少し早めに集合して、どぜう屋に行く前にスカイツリーの「そらまち」を散策してきた。
こちらも、私ともう一人B子さんは初体験!!
展望台に昇るのは今回はパスして、ここもA子さんの案内でショッピングモールをグルグルと廻り、お登りさん気分で買い物をしてきた。
何度も来ているA子さんのアドバイスは・・・
鮮魚や新鮮な野菜なども売っているので、買い物をしたら、保冷用のロッカーに入れておいてゆっくりと他のショッピングをしたり食事やお茶をするという楽しみ方も出来るのだとか。さすが主婦ならではのアイディア!

梅雨の晴れ間の一日を、ちょっとしたツアー気分でエンジョイしてきた。

p>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« June 8, 2014 - June 14, 2014 | Main | June 29, 2014 - July 5, 2014 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪