• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« 練馬女声コーラス定期演奏会 | Main | 三年前の3.11 »

March 09, 2014

アカデミー賞受賞「それでも夜は明ける」を観て

 

Yoru33_2

Yoru11 Yoru22

この手の映画はいわゆる「重い!」ので、観終わってから、後味が悪いのみだったりする事もまれにあり、ちょっと躊躇していたけれど、アカデミー賞を受賞したということで、きっとそれだけではないだろうと、期待をかけて出かけた。

これからご覧になる方のために「ネタバレ」は極力避けるが、やはり、この映画を観たということを自分自身に対しても痕跡を残すために、少し書こうと思う。

スティーヴ・マックィーン監督はロンドン生まれのアーティストで、映画作品も様々な受賞やノミネートなどで、話題の人だそうだ(実は私は、知らなかった)

俳優もブラッドピット以外は、見覚えがあるというくらいの知識しか持たない私だったが、今後、他の映画を観たときに、どの俳優さんも「あっ、あの映画に出てた!」と言えるだろうくらいに印象に残り、しっかりと目に焼きついた。

ストーリーは、1841年、ニューヨーク州に愛する家族と幸せに暮らしていたバイオリニストがある時突然誘拐され、奴隷として売られてしまう。

家族も豊かな生活も、身分、名前すら奪われ、ただの「家畜」にされ、大農園に売られ、その後は想像通りの過酷な運命を12年間も受け入れざるを得なくなる。

主人公は「自由黒人」という身分で、生まれた時から自由証明書を持ち、その身分を認められ、白人の友人たちもいたというが、誘拐された後にその証明書を奪われ、ただの「黒人」ということで奴隷売買の対象とされてしまった。

この映画の原作は実話だそうだ。
12年間、「いつかは夜が明ける」と信じて生きてきた主人公が・・・

一緒に観た友人は「自分からは進んでは観ない、辛い映画」と言っていたように、随所に目を背けたくなるシーンが出てくる。

それでも映像的には、暗いだけではなく、大農園のバルコニーで優雅なドレスを着た女性たちが素敵なティセットでお茶をしている場面などは、ふっと深呼吸をしたくなるほど、草原を流れる風までも感じられ、作品としては一瞬も目を離せないほど充実していたように私は思った。

確かに場内は皆が息を止めて画面に見入っている雰囲気が流れていた。

この映画を観て初めて知った「自由黒人」という言葉。
その「自由黒人」という証明を持つ人はどういう階級の人なのだろうか?
そして、「自由でない黒人」は皆、「家畜」として飼い主の「所有物」となるしかなかったのだろうか?
何故、そういう区分けをしたのだろう?
アメリカは何故?そんな過ちを犯してしまったのだろうか・・・

帰宅後、電話で英国暮らしの長かった人と話をしていたら「その当時、ヨーロッパで砂糖が貴重品で不足していて、奴隷の数が増え始めると、それと平行するように砂糖の量も増え始めた。つまり砂糖キビ畑で働く奴隷が必要(もちろん、悪徳商人側からみて)だったのではないか」
そんな見方もある事を教えてくれた。

一言で括れない、映画鑑賞でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« 練馬女声コーラス定期演奏会 | Main | 三年前の3.11 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 練馬女声コーラス定期演奏会 | Main | 三年前の3.11 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪