• Img_2675_1
  • Img_3021sa
  • Img_3045sa
  • Img_3047sa
  • Ume8
  • Ume7
  • Ume6_3
  • Fuki_2
  • Ume1_2
  • Ume_2

« 私のブログを見て下さっている人たちへ・・・感謝!! | Main | KANREKI+8になりました【Ⅱ】 »

January 22, 2014

KANREKI+8になりました 【Ⅰ】

誕生日のお花が届いた。

赤いほうは、次女から。白い花は若き友人のhanaちゃんから。
二人にお礼のメールを送る。

次女は、これまでのような歳の数だけ分の花ではなく、かわいい赤いバースデイベアが赤いチューリップたちについてきた。

ペンダントヘッドが付いていて、誕生石のガーネットがついていた。
足の裏にも、「Jan」と刺繍がある。かわいい!!!

Bbb4

Bb11

hanaちゃんからのお花はバルーンフラワーと言って、風船の中に生花がアレンジされている。初めてなので、しばらくはそのままでおいた。

Bbb5

少ししてから、風船を割ると、中にはこんなお花が現れ、二倍楽しめた。
お礼メールをしたら、返信で、「珍しいのを、偶然見つけたので・・・」と言ってくれた。

Img00737  Bb2

1226_2

次女は、毎年、歳の数だけ一本づつ増えたお花を送ってきてくれたけれど、そろそろもらう側も活けたりするのに大変ではないかと思ったので数を減らしてみたけど多いほうが良かった?と返信がきた。

私からの更に返信は・・・

「70歳になったときには今までみたいに歳の分だけ欲しいかな~
だって、イベント(古希だよ)の歳だしさ~
そして、あと何年生きるかわからないしさ~
花を見ていると、癒されるしさ~
送ってくれるほうは大変かもしれないよね。
でも、なんだかよく説明できないけど、たった年に一度のことだけど、心が繋がっているような気がするしさ~
初めて、次女が歳の数の黄色い薔薇を贈ってくれたときの事が嬉しくて、いつまでも忘れられないから、毎年、それを思い出すためにもお花が届くのが嬉しかったんだよ~」

という風には書かなかったけれど、実はそんな気持ちで、毎年お花が届くことが楽しみになっていたのは本当のこと。
と同時に、毎年増えていくというのも、大変なことだし、こちらから断らないといけないのは判ってはいても、中々言い出せなかったというのが本音なのです。

Aaaa1_2  Bb3

一人暮らしをしていると、花が部屋にあるだけで気分が明るくなる。
しかも、誰かにプレゼントされたりしたら、それだけで幸せな気分になれる。

そんなことをhanaちゃんには、話したと思うので、きっと気を使ってくれているのだと思う。
親子ほどの年齢なのに、いつも、いろいろと気配りをしてくれ、もったいないくらいの友人。

1223_2

ある友人が花の頒布会を頼んでいて、家に花を絶やしたことがない、ということを聞き、「凄い~優雅!」と感心したことがあった。

その友人は、過去に家庭の事情で、経済的に困窮した時に、余裕がなくてお花とパンが買えなかった時期があり、そのときの悔しさを想い、今では花は絶対に欠かさないようにしているのだと、目を潤ませながら話してくれた。

人それぞれではあっても、花の魅力は大きい。

Aaaa2 Bbb5_3

そして、今回も無事に誕生日を迎えることができた。

お祝いメールを下さった方々。ランチの予約や、プレゼントを下さった方々。
ありがとうございます!
とっても嬉しかったです。

来年も無事に迎えられるように、健康に留意して行こうと思っています。

p>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

p> ? ?? ?

« 私のブログを見て下さっている人たちへ・・・感謝!! | Main | KANREKI+8になりました【Ⅱ】 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 私のブログを見て下さっている人たちへ・・・感謝!! | Main | KANREKI+8になりました【Ⅱ】 »