« March 17, 2013 - March 23, 2013 | Main | March 31, 2013 - April 6, 2013 »

March 26, 2013

寺山修司没後30年

Sayonara1

1966年発行の「さよならの城」。

寺山修司・著 宇野亜喜良・画

二十歳の頃の夢多き乙女だった私はこの初版本を持っていた。
確か三冊くらいのシリーズもので、全てを持っていて、お嫁に行く時には大事な宝箱に詰めて持っていったと思うのに、いつの間にか無くしてしまった。

あれほど、大切にしていたのに・・・

寺山修司の詩が好きで、宇野亜喜良のイラストも好きだったので、大事に持っていたはずなのに・・・

ただ、結婚もし、子供も生み、大人になった自分はそんな本に心を奪われていてはいけない!と心のどこかで、思っていたことも確かで、もしかしたら自分でその本と決別したのかもしれないが、40年以上も経った今となっては、記憶がすっかりなくなっていて、真実は分からない。

それが、再び懐かしく思い出すきっかけとなったのは、先日のポーランド料理食事会で寺山修司が今年は没後30年だということを聞いたからだった。

没後30年を記念して、映画、「書を捨てよ町へ出よう」「田園に死す」「さらば箱舟」の3作品を収めたブルーレイBOXが発売になるのだそうだ。

本にもクラシックにも詳しいHさんから、食事会のあとメールを頂いた。

合唱の有名な作曲家で信長貴富さんという人が、寺山修司の詩による6つのうた『思い出すために』という混声合唱曲を作っています。

女子会に参加したら、いつのまにか乙女に戻ってしまった。
いけないいけない。どこかで引き返さないと~

そう言いながら、何度もYouTubeで繰り返し聴きながら、詩を味わっている。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

p> ? ?? ?

March 24, 2013

ポーランド料理

月に一度の文章教室のあと、数人で「やるき茶屋」か「カラオケ」に寄る。

お教室の延長で文章論議を戦わしたり(?)、映画や本、様々な話題で、楽しい時間は尽きることがない。

そんな定例会(?)とは別に、女子だけでお食事会をしませんか、という声が時々あがる。
別に男性を排除するわけではなく、たまには女子会しない?というノリで誰からともなく声が上がったころに、誰かが「あのお店に行きたい」とか、こんな料理を食べたいとかいう声で、なんとなく日程場所などが決まる。

今回は、茅場町にある『ポルスカ』というお店の、ポーランド料理だった。

Photo_2 Photo_3

前菜盛合わせ                      スープ

Photo_4 Photo_5

ロールキャベツ                     水餃子風

Photo_6 Photo_7

ポテトパンケーキ                    デザート

Photo_8 Photo_9

デザート             

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

p> ? ?? ?

2013年・上野の山でのお花見

世の中は、開花時期が早まり、東京あたりでは大慌てだった。

そんな先週金曜日の夜、慌てて用事を済ませたあと、上野の山へ夜桜見物に滑り込みで、消灯時間すれすれに間に合った。

TV局の取材があちこちで繰り広げられ、うす暗い中での宴会をしている人たちは、傍らを通り過ぎる(席の取れなかった?)人たちの視線を受けながら、皆嬉しそう(得意そう?)に寛いでいる。
週間天気予報で、気温が分かるので、今のうちと駆けつけた人も多かったのだろうが、相変わらずの凄い人出の中を、桜を駆け足で味わってきた。

Dsc_0638Dsc_0634_2

Dsc_0632Dsc_0635

Photo

どれも、ぼけぼけの写真。
お見苦しくてごめんなさい。

p>にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

************************ p> ? ?? ?

« March 17, 2013 - March 23, 2013 | Main | March 31, 2013 - April 6, 2013 »