« February 24, 2013 - March 2, 2013 | Main | March 17, 2013 - March 23, 2013 »

March 16, 2013

花粉症グッズの記事に補記すべきこと

前回の記事をUPしたあと、身内から以下のような内容のメールをもらった。

二酸化塩素について、完全に無害であるという証明が、現在のところ、どこにも出ていない。
その段階のものを、個人的に使う分には構わないけれど、人に勧めるのはいかがなものか・・・?
メールをもらってみて、全くその通りでした!と脱帽いたしました。

人体にまったく無害で安全かというと、いまの段階だとよくわからないみたいです。

3月の環境感染学会に(身内が)参加して、二酸化塩素や次亜塩素酸について、大学病院の先生方の報告を聴講しましたが、どれも洗浄・消毒効果は「結果として」あるが、 そのメカニズムはよくわかっていないようです。

二酸化塩素はたんぱく質を酸化・変質させるのは間違いないのですが、人の皮膚とかたんぱく質でできてる部分のそばで使って本当に大丈夫???と思います。

メーカーのホームページにも、「人体に安全です」とは明記してない以上、まだ、不明の部分があるのかもしれない。

このブログを見た方が、商品を購入してトラブルがあったりしたら・・・

前回の記事にも書いたように、使用の際の注意点がかなり多く記載されているから、それら全てをきちんと守ったうえ、自己責任で使用するのであれば、良いのではとも思いますが。

重症の花粉症患者は、経験をしない人には分からないほど、毎晩寝不足になったり、薬を飲んでその副作用に悩まされたりなど、本当に気の毒な日々を過ごしている方が、私の周囲にも何人かいます。
そんな、藁にもすがる思いでいる人を見ていて、ついお勧めしたくなってしまったのです。

ただ、ブログというものは個人的な日記のようなものでもあるけれど、不特定多数の方も覗いてくださっているので、内容に関しては公平かつ正しい情報を責任を持って書くように気をつけているつもりでいましたが、今回は身内から指摘されるまでは、それほどの深い部分にまで考えが及びませんでした。

最後に・・・個人的には結構、上手く使っているので、今のところ薬を飲まずにいられます。

少しばかり、お騒がせをいたしました。

***************

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

p> ? ?? ?

March 14, 2013

花粉症の方へ・・・こんなグッズいかが♪

★★★この記事を読む方は次の記事(補記すべきこと)も合わせてお読みください。こちらを書いたあと、追加をいたしました★★★

Ea1

Ea2日本製
使用期限 : 開封後一ヶ月
成分 : 固形型二酸化塩素発生剤
効果 : 除菌・消臭・防カビ・ウイルス対策・花粉対策

「二酸化塩素(CLO2)分子の持つ強力な酸化作用でウイルスや細菌のタンパク質の構造を変化させ、機能を低下させます。また、悪臭の原因となる物質も酸化します。」
「公共の場など、不特定多数の人と接することが多い方に最適です。」
などとと書いてある。

注意事項もかなりあり、換気のない完全密封空間での使用はお控えくださいとか、多少の漂白作用があるので、開口部分を直接衣類などにつけないようにとか、風の強い屋外では有効性は期待できないなど・・・

昨日、行きつけのお店で時節の挨拶的な話しの流れで、「今年の花粉はどうですか?」などと話しているうちに、オーナーご夫妻(二人共花粉症)が「これをつけてから凄く快調!」と上記の商品を見せてくれた。
ご主人はTシャツの中側に、奥様はシンプルなシャツを重ね着した襟元に見え隠れする程度に、まるでアクセサリーのようにセンス良くつけていた。
寝るときには外したものを枕元に置いて寝ると、睡眠中も、目覚めることもないくらい快適だそうです。

その話しで盛り上がった結果、まだ開封していないものをプレゼントしてくださったので、その場で早速胸元にクリップでとめた。そして、翌日の今日の夜までずっと、見事に快調で、くしゃみも止まっている。

いまのところ、と~っても快適~♪♪

宣伝料もらってないし、プレゼントされたからってわけでもないし、何でもないけど、あまりの快適さを知ってもらいたくて、ちょっとお知らせです。

あっ・・・肝心の料金は多分そんなに高いものではないようで、ネットで購入できるようです。

********************

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

p> ? ?? ?

« February 24, 2013 - March 2, 2013 | Main | March 17, 2013 - March 23, 2013 »