• 019
  • 576_2
  • 99999_2
  • 574
  • 573
  • 999
  • 571_3
  • 579
  • Gw12
  • 036

« 靴底の剥がれるほどの酷暑なり | Main | ひとときの涼・・金魚のアート »

August 10, 2013

40度超えの館林に行って来ました!

毎年、8月10日に群馬県館林市に出かけている。

菩提寺のお墓参りを兼ねて、年に一度の大施餓鬼会に参加するために、一番暑いこの日に、東京から特急で1時間、嫁いだ次女に付き合ってもらって出かけている。

今日は、前日から予想されていたとおりの気温になり、冷房のない本堂での施餓鬼会の間中、外から涼しい風がそよそよと入って来ていても、汗は止まらない状態だった。

いつも通りの和尚さま方の声明(しょうみょう)は、涼やかで癒されるが、汗は止まってくれない。

Cp4

Cp6

本堂は開け放され、境内の緑が目にやさしく、蝉の大合唱も開放感を感じるが、冷房がないというのは、かなりのものなのに、十数名の和尚様方のほとんどは汗を流しているようには見えない。これも修行のうちなのだろうか(?)
40度の中で、この凄さ!

Cp3_2

声明の際に和尚様がぱらぱらと振りまく散華(さんげ)を拾い集めるのも楽しみ♪

Cp5

最後は、境内の隅に作られた、無縁仏となった墓石たちへの供養も全員で行う。

施餓鬼会のあと、お墓にお花お線香など供え、再び特急で東京へ・・・

いつもは、この時間がたまらなく好きで、汗の流れることさえ楽しめていたのに、この暑さが身体にこたえるようになった。

顔も身体も水を浴びたようにぐしょぐしょになってしまったが、冷房の効いた特急で少しは回復させた後、恒例となった少し遅めのランチを、銀座で、美味しいものをゆっくりと頂いて解散。

お疲れ様でした!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

************************ p> ? ?? ?

« 靴底の剥がれるほどの酷暑なり | Main | ひとときの涼・・金魚のアート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Terrific post however , I was wondering if you could write a litte more on this subject? I'd be very thankful if you could elaborate a little bit more. Many thanks!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 靴底の剥がれるほどの酷暑なり | Main | ひとときの涼・・金魚のアート »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪