« February 26, 2012 - March 3, 2012 | Main | March 18, 2012 - March 24, 2012 »

March 11, 2012

3.11

あっという間に一年が経ってしまった。

3月11日2時46分。その後に起こった出来事は、まさに未曾有の出来事ばかり、これでもかこれでもかと報道され、さらに恐怖を煽るような連日の余震。

東北から離れている東京でさえ、あの余震が起こるたびの恐怖感は、今でも鮮やかに蘇る。

その後の信じられない津波の映像。原発の建屋が崩れて行く様子など、大変なことになったと、TVの画面から離れられない日が続いた。

日が経つ毎に「がんばれ日本!」と海外からも国内からも被災地を応援する声が広がり、世界のアーティストたちや文化人なども次々と立ち上がった。そんな愛情溢れた情報を目にすると、「人間って素晴らしい!」と感動で涙腺が緩みっぱなしとなっていた時期もあった。

そして一年経った今、1万5千人以上もの多くの犠牲者を出したが、その結果、人と人を結ぶ「絆」を皆が意識するようにもなった。
しかし、あなたが自分の配偶者、両親、子供、兄弟、友人など全てを一度に失ったとしたら、「絆」だなんて言っているられるだろうか?

「日本人は強い」って言われても、あなた自身にそんな耐えるエネルギーがあるだろうか。
私にはその自信がない。でもそれを超越して行く人間本来の逞しさ、優しさを、皮肉にも気づかせてくれたこの大震災。

長年かけて築きあげた生活を、一瞬にして根底からさらって行った津波。
津波の恐ろしさを体験した人たちが、又その地に住みたいという。
ただ自然災害を完全に防ぐことは出来ないが、防災の意識と希望を将来の人々にもたらすことは出来るという未来が見える。

一方、「原発」は百万年なんてばかげた数字が出てくるほど、先の見えない話ばかり。
政治家や学者、役人たちがそれぞれの思惑で勝手なことを言っているように思えて、こんな人たちに日本の将来を委ねるしかない歯がゆさがたまらない。

これから生まれてくる子供たちが、安全に生きていける地球になるのは一体、あと何年?何十年?いや・・・

決して明るくはない日本の未来。
この美しい日本をこんなにもおろかな形で、汚した愚か者たちを許せない。

そんな、残された私たちができること。
お釈迦様の教えにある、亡くなった方々への一番の供養は、残された者が、精一杯、力一杯生きることだそうだ。残された者は生きねばならない。

宮城県名取市での鎮魂灯籠流しの灯籠に地元の書家の書かれた言葉は「生・き・ろ」だったとか。

? ?? ?

>

« February 26, 2012 - March 3, 2012 | Main | March 18, 2012 - March 24, 2012 »