• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« December 18, 2011 - December 24, 2011 | Main | January 1, 2012 - January 7, 2012 »

December 31, 2011

いよいよ、New Year's Eve なのに、声が出ない

Morino1

今年もいよいよ、あと数時間です。
今年は、本当に忘れられない出来事が起きました。

忘れてはいけない出来事です。

あれから、もう10ヶ月近く経ちますが、それぞれがイロイロなことを考えるきっかけにもなった東日本大地震と原発問題です。

被災者でもない私が、こうして床暖房の効いた室内でぬくぬくと暖かいお茶を飲みながら、TVの画面に映る仮設住宅で年越しをせざるを得ない人たちのニュースを見ている。

でも、政府の頼りなさは今に始まったことではないけれど、このままだと、日本は一体どうなってしまうか、不安を通り越し恐怖を感じています。

Hikari

どうか、来年は平穏な年となりますように。
皆、それぞれができる事から始める・・・今はそれしかないように思うので、来年も心新たに、もっと出来ることをじっくり考えてみようと思います。

Saifu

先日、今までになく使い勝手の良いお財布に巡りあうことができ、会う人毎にお財布自慢をしていたら、これまでに4人(5個)が同じお店でお財布を買ったようです。

ちなみに、そのお財布を薦めたい理由は・・・

① 薄型でこれまでの長財布より半分程度の薄さにもかかわらず、コインもカードも今まで以上に入る。

② コイン収納部分はファスナーなどついていないから、外側のL字型のファスナーを一度開けるだけで、中のものがラクに取り出せる。

③ これはお店の人の宣伝文句ですが、左手に持ちファスナーを手前にすっと開ける時の手の表情がとてもエレガントに見えるのだそうです。

使いやすくてコンパクトのこのL字型長財布は、今流行りなのでしょうか、お財布売り場に行けば沢山このタイプが見つかりますが、日比谷シャンテの二階にあるお店にはセンスの良いものがたくさんあります。

Yamaguti

今年は、哀しい地震がおきたこと以外は、気に入った財布がようやく見つかり、後は、特に何事もなく一年が終わろうしていたら・・・・

数日前から声が出なくなりました。
それまでも、少し風邪気味でしたが、ある朝起きたら突然声が出なくなったのです。
風邪の症状としては、他はなにもないので、年末の掃除や料理などは普通にこなせるのですが、とにかく声が出ません。

電話はかかってきても取れませんし、昨日は外出先で食事していて「お水ください」と言いたいのに、声が出ず、耳元で必死にささやいて理解してもらう有様でした。

喉の両側の部分がぴたっと張り付いてしまったみたいな感覚で、なんとなく喉の幕(があるとしたら)が息をするとペコンと幕が動いているような感覚です。

今、無理に声を出すと、汚い声のまま、元に戻らなくなってしまうかもしれないから、無理は禁物と言われ、時々ウガイをする程度で、あとは声を出さないようにしています。
幸いというか、大晦日の今日は、宅急便やさんやマンションの管理人さんとも会わずに家の中で一人で掃除や料理をしていたので、喋る必要がありませんでした。

電話は留守電を聞いたので、声が出るようになってから掛け直すつもりです。

喋れないことが、こんなに不自由なものとは・・・想像以上にきついです。

この年の最後になって、こんな試練を神様が私に下さったのでしょうか。
それならば受けて立つしかないですね。

そうこうしているうちに、カウントダウンが近づいてきています。

皆さま。一年間、このブログを覗いてくださり、ありがとうございました。
今年は、かなりサボってしまいましたが、来年は以前のように、自分を見つめなおすためや、娘たちとの連絡ツールとしてのブログという姿勢はそのまま変えずに行くつもりです。

それでは、良いお年を~

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

? ?? ?

December 29, 2011

年末は「芝浜」しかも談志さんので・・・

1

大好きな談志師匠が亡くなり、もう実際の寄席を味わえないのだと思うと、改めて寂しさを感じる。

ちょっと、へそ曲がりでシャイな江戸っ子そのままの子供みたいな談志師匠。

TVで、偶然チャンネルを廻していたら「芝浜」を演じているところで、つい家事の手を中断して見入ってしまった。

酒に溺れて働こうとしなくなった、魚屋の勝五郎が、女房にせがまれて仕入れに芝の浜に出かけ、そこで大金を拾う。

これで働かなくてすむ。そう喜ぶ勝五郎に、女房が機転をきかせ、あれは夢だったといいくるめる。

改心した勝五郎は心を入れ替えて働き、三年目の大晦日・・・

女房が、真実を話し始めるときの、江戸の風情がたまらない!

仕事もすべて終わった大晦日。
勝五郎がまじめに働くようになったおかげで、借金取りも来ない静かな大晦日。
除夜の鐘を聞きながら、夫婦でゆったりと福茶を啜る。
「雪か?」勝五郎。
「あれは、門松の笹が風に吹かれて、さらさらと雪が降っているみたいに音をたてているんですよ」
「・・・・・・・」

先日の朝日名人会では五街道雲助さんの芝浜を聞いたが、改心した夫にむかって女房が子供が出来たことを告白するシーンが入って、それはそれで面白かったのだが、談志師匠は正統のオチできちんと終わっていた。
古典をきちんと演じる彼らしいと好感が持てた。

除夜の鐘を、出来ることなら、福茶を啜りながらじんわりと、聞いてみたいけど、多分その頃は、キッチンでバタバタしている最中だろうなぁ~

談志さん。安らかに。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

? ?? ?

« December 18, 2011 - December 24, 2011 | Main | January 1, 2012 - January 7, 2012 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪