« June 19, 2011 - June 25, 2011 | Main | July 10, 2011 - July 16, 2011 »

July 01, 2011

「アンダルシア女神の報復」を観ましたが・・・

Andarusia_2

平日の昼なのに、TVでの宣伝効果と「映画の日」のためか場内はかなり混んでいた。

前作の『アマルフィ』を観に行き、織田裕二演じる外交官・黒田康作のカッコよさに引かれ、今回もきっと更に磨きのかかった、黒田康作に会えると期待をして映画館に出かけた。

お話の中心は『マネーロンダリング』を軸とした国際的犯罪。

今回は彼一人の主役ではなく、インターポールの捜査官・神足役の伊藤英明と銀行員でお客の通訳にもなる結花役の黒木メイサの三人でのスリートップという形で行くという西山監督の言葉通り、黒田一人が中心になるわけではなく、むしろ一歩引いたような印象を受け、あのカッコよい黒田康作を期待していただけに少しガッカリした。

「海猿」の伊藤英明は言うまでもなく、甘いマスクとすらりとした容姿は期待通り。
黒木メイサも謎を秘めた銀行員役を一生懸命演じている様子は十分伝わってきた。

ただ、映画という「娯楽作品」に登場する美女にはその役割というものがあるのではないだろうか?観る者を楽しませるという使命が・・・
美しいが心に闇を抱え、ストイックに生きている女。演じるのは難しいのかもしれない。

少し前に観た映画「ツーリスト」ではただの旅行者であるジョニーデップを危険な事件や陰謀にたくみに巻き込んでしまう悪女役のアンジェリーナ・ジョリーが、これでもかというほど魅力的で男をとりこにしてしまう。今回のストーリーや設定などもかなり違うから、比較するわけではないが、そんな色付けをしても娯楽性は増すのではないかな~なんてね。

黒田とのラヴシーンはTVでも宣伝していたわりには、ちょっと不満。

『アマルフィ』で美しい景色を堪能したので、今回もスペイン・アンダルシアの素敵な景色を期待していたが、思ったほどでもなく、闘牛もフラメンコもちょっと不満。

街中でのカーチェイスも頑張ったけど・・・

結局、期待が大きく膨らみすぎてしまい、すべてが思ったほどでもなかったという印象になってしまったのかも知れない。

次回作があるのだろうが、その時、黒田康作はどんな立場で現れるのだろうか?
伊藤英明も黒木メイサもとてもよかったけれど、やはり、外交官・黒田康作が孤独の影を背負いながら世界中の見知らぬ都市へ命を張って職務を遂行するために飛んでいく。そのクールさがたまらない!

これから映画をごらんになる方は、今更ですが、先入観を持たずにおでかけください。
三人とも、それぞれに、頑張っていて素敵でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

June 26, 2011

ガーデニングアドバイザー宅訪問

久しぶりに訪ねたガーデニングアドバイザー宅。

ランチの用意をしていてくれたが、テーブルには沢山の手料理!
そして、お肉とお米以外はすべて彼女が育てた野菜たち。

Dsc_0748 Dsc_0751

Dsc_07491 Dsc_0747

Dsc_07521111 Dsc_075011

レタス・きゅうり・ニンジン・らっきょう・トマト・いんげん。
どれもこれも全てが彼女の畑からとれたもの。

帰りには、庭に見事にさいていた花たちをお土産に持たせてくれた。

Dsc_0754111

かしわばアジサイ

Dsc_0765111

ベルガモット・マーガレット・アルストロメリア

Dsc_0758111

Dsc_0764111

我が家のいつもの定位置に飾る。

リビングがたちまち華やかになり、いい香りが・・・

Dsc_0762111

Dsc_0757111

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« June 19, 2011 - June 25, 2011 | Main | July 10, 2011 - July 16, 2011 »