• 019
  • 576_2
  • 99999_2
  • 574
  • 573
  • 999
  • 571_3
  • 579
  • Gw12
  • 036

« 寒かった!軽井沢 | Main | 今年の大施餓鬼も暑かったです。 »

August 14, 2011

あれから五ヶ月。そして明日は終戦の日。

 花火大会が今、自粛ムードながらも全国各地で開かれている。
共働きの次女夫婦も夏休みはどこかの花火を見る旅行に出かけると言っていた。

数日前、震災後5ヶ月経った11日には、東北三県で同時に花火大会が開かれた。
「追悼」と「復興」の願いを込めて開催されたが、花火はそもそも「五穀豊穣」「悪疫撃退」などを願う祭礼であったのだという。
「鎮魂」の思いをこめて打ち上げる花火は、もし天国という場所があるのなら、下界の皆が上(天)を向いている様子を、そしてそれぞれの思いを心中に込めながら花火を見ている様子を、天国に旅立った約二万人と言われている御霊たちは見てくれただろうか?

 そして13日、御巣鷹山で、26年前に起きた「日航ジャンボ機墜落事故」の慰霊登山が行われた様子のTVニュースをやっていた。
遺族の方が「このことを風化させない為、孫をつれてきました」とおっしゃっていた。

人間はどんなに辛いことがおきても、いつしか記憶は薄れ、なんとか乗り越えて行くように出来ているもの。だからこそ、あえてその記憶を心の中に大切に保管しておくことも大事なことなのでは・・・

広島・長崎の被爆で、日本は二度と「原爆」の犠牲になりたくないと誰もが思ったはず・・・

 遡って、10日。我が家の年中行事となった、先祖の盆供養と年に一度の大施餓鬼に参加するため、館林まで出かけてきた。
毎年、お墓を清め、お花を手向け、お線香をあげて、同行してくれた次女と二人、しばし手を合わせる。

先祖代々の墓には、父方の祖父母の名前が刻まれているが、昭和20年3月10日没とあり、二人とも深川の自宅付近で、あの東京大空襲の犠牲となった。

明日は66回目の終戦記念日。

近頃は、余りにも、心が痛む出来事ばかり、しかも休む間もないほど追い立てられるように、いろいろなことが起こり、感情が麻痺してしまいそうな気がしてくる。

 九月が近くなると、NYで起きた痛ましい9.11を思い出さずにはいられない。
あの時は、長女がNYのオフィスに出勤した直後だった。ようやく通じた電話で娘の「窓からビルが燃えている煙が見えるよ」とふるえそうな声を聞いた時は、娘の無事を神に感謝したっけ。

 それでも、あの3月11日の地震が起きるまでは、どんな大惨事が起きても「いつかは平穏で穏やかな頃のように戻れる」といった、わずかではあっても光の見える出口を探しながら前に向かって進んでいる人々の姿を、希望を持って思い浮かべることが出来た。

今は、「もう元には戻れない」少なくとも日本に降ってしまった「放射性物質」がすっかり元のように消えてなくなるのには、種類によっては何十億年もかかるものさえあるという事を皆が自覚して「放射能」と共存して行く時代になってしまった。

そして、多分このことも時が経つと、人々の記憶の中から少しづつ風化してしまうのだろうか。
わたしたちが生きて行くこと。これまで以上に自分自身を考えながら、責任を持って生きて行かざるを得ない時代になったのでしょうか・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« 寒かった!軽井沢 | Main | 今年の大施餓鬼も暑かったです。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/52470819

Listed below are links to weblogs that reference あれから五ヶ月。そして明日は終戦の日。:

« 寒かった!軽井沢 | Main | 今年の大施餓鬼も暑かったです。 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪