• 17634801_1405573702798293_137407926
  • 17861952_10154582826732169_75720667
  • 17796838_1401354669886863_165089492
  • 17800168_1401354649886865_741780868
  • 17796820_1402645809757749_7185122_2
  • 17799938_1402645806424416_412160293
  • 17798950_1402645816424415_408439523
  • 17796673_1402645796424417_346944455
  • 17796536_1680136588669339_660409292
  • 17796502_1679074592108872_441219905

« ほっと一息、涼しげな幽玄の世界へ | Main | 文章教室の仲間の出版記念パーティ »

July 16, 2011

わたし生きています。

汗を拭き拭き、予約時間に間に合うよう美容院へ急ぐ。

人一倍暑がりの私に、担当のスタイリストさんがさっと扇子を差し出してくれた。
有難い。いくら室内が快適なエアコンが効いているにしても炎天下を歩いてきてすぐに椅子にかけ上からカバーをかけられるのは暑がり屋の私にはちょっと辛い。

冷たいウーロン茶をいただき、ほっと落ち着く。

「暑いですね~」

どこに行っても挨拶代わりのこの言葉。

「今年は昨年の5倍の熱中症患者が出ているそうよ」

「そうなんですか」

「ここ(店内)にいて救急車の通る回数がいつもより多く感じない?」

本郷通りに面していて、すぐそばには本富士警察署と本郷消防署があり、すぐ先は東大病院なので、普段でも救急車はサイレンを鳴らしながら頻繁に通り過ぎて行く。

「あまり気にしたこともなく、気がつきませんでした」と言っているうちに、サイレンを鳴らした救急車が通り過ぎた。

「あら、そんな話をしていたから、気がついたのかな」

そして、しばらくして又一台。

きれいにカット&カラーをしてもらい、気分よくお店を出た。

「暑いですから、お気をつけて~」

数十メートル歩いたところで、我が家へ通じる通りに入った途端、私の目の前で男の方がふらふらと道路に倒れこんだ。

手足がひょろひょろと長く、羨ましい(私からすれば)くらいほっそりとして70代位と思われるその男性は、操り人形の糸が切れるようにぐにゃぐにゃと身体をひねり、片手が身体のねじれについて行かれず、背中に張り付くようにねじれたまま、地面に倒れこんだ。

「大丈夫ですか」

上側になった手を引いて体を起こそうとしても、いくらホッソリとしているとはいえ、成人男性はそう簡単には持ち上がらない。

「わたし、生きてます」

「?」

大丈夫とは答えず、生きていますとは・・・

おまけに倒れこんだままの体勢で「地下鉄の駅はどっちに行けばいいのですか?」

「通りに出て右に・・・~」

「あ~そっちだったんですか?こっちかと思って」と反対方向を指し示す。(ぐにゃぐにゃに倒れたままなのに、言葉はしっかりきっちりしている。

無理に動かしてもと思い、そばにいるうちにちょうど男性が倒れた前にあるお店の奥様が異変を感じて顔を出した。

「大丈夫ですか?」

「わたし生きてますから」

「お水でも飲みますか?少しラクになるのでは」

「あ~、今日はかなり暑いですからね」

いつのまにか、自力で上半身を起こし、店口の段差に腰掛けるように座りなおしたので、お店の方がお水を持ってくるのを待たず、「大丈夫そうですね」とその場を去ろうとした私に一言。

「わたし生きています」

決して最後まで「大丈夫ですから」と言う言葉はでてこなかった。

生きてはいるけど、大丈夫じゃないのか?

自宅に着き、しばらくしても「わたし生きています」の言葉が脳裏に張り付いて離れなかった。

高齢者(私も)には特に辛くて長い、日本列島の夏。

まだまだ、夏は始まったばかり。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« ほっと一息、涼しげな幽玄の世界へ | Main | 文章教室の仲間の出版記念パーティ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/52195930

Listed below are links to weblogs that reference わたし生きています。:

« ほっと一息、涼しげな幽玄の世界へ | Main | 文章教室の仲間の出版記念パーティ »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪