• 019
  • 576_2
  • 99999_2
  • 574
  • 573
  • 999
  • 571_3
  • 579
  • Gw12
  • 036

« 視覚に障害のあるクラシック音楽演奏家によるコンサート | Main | わたし生きています。 »

July 12, 2011

ほっと一息、涼しげな幽玄の世界へ

Noubutai1_2連日30度を超える猛暑の土曜の午後、渋谷松涛にある観世能楽堂で催された「山階別会」にお誘いいただいた。

山階弥次さんという、女能楽師のパイオニア(大正14年生)とも言われている畏れ多き方が、私が三年ほど前まで勤務していた会社の社長&♀上司のお二人と同窓生ということで、私にまで鑑賞の機会がめぐってきた。

「その日空いていて、お能に興味ある?」と元♀上司から電話。

「お能は好きだし、その日は空けようと思えばあけられます」

微妙な答え方をして、結局はいそいそと暑い午後、それなりにドレスアップをして出かけた。

開場前に到着した能楽堂の前庭には既に涼しげな和服姿のご婦人方や、ワイシャツ姿の紳士方が扇子を動かしながら、木々の下に出来ている小さな木陰のあちこちに集まって、開場時間が来るのをじっと待っていた。

同じ木陰で、汗をぬぐいながら思わず会釈を交わしたご婦人から、開場までの十数分に簡単な『能』のレクチャーを受けることとなった。
「じっと動かないでいるということはそこにはいないと言う意味」
「能面の右と左の表情は違っていて・・・」
「四次元の世界が繰り広げられているの」
いろいろ、ちょっとしたことですがとっても参考になった。
「ある程度、意味が分かってくるとすごく面白くなりますよ」

私は子供時代、友人のお父さんが趣味で能をやっていたという縁で、毎年のように能楽堂に出かける機会があった。内容はさっぱり分からなかったけれど、能楽堂という空間の中で演じられる幽玄の世界が、子供ながらに、快感として体感できていて、以来、「お能大好き」となっていた。

そのご婦人も
「私も子供時代に、能楽堂の雰囲気が好きになってこの世界に入ったのよ」
「では、じっくりと堪能して、鑑賞なさってね」

現在、能のお稽古をされているというご婦人、とても感じの良い方だった。

今回のご招待で集合したのは、他に同じ同窓生の男性と、生命保険会社の優秀セールスマン氏、そしてかねがねお話では聞いていた、社長の古くからの友人のとっても魅力的でパワフル(しかしホッソリした美女)S嬢の計6人。

彼らの先輩である山階弥次さんがシテを演じられた「俊寛」は袴能で、面をつけずに羽織袴で素のままで演じるもの。

舞台に登場されたお姿を拝見して、その若さにびっくり!
マイクは使用していないのに、場内の隅々にまでよく通り、しかも高めのトーンの声。

能はじっとしたまま、同じ姿勢を保つというシーンが数多くあるが、現代科学で解明されているのは、あのじっとしたままの演者の心拍数がどんなマラソン選手よりも激しい体力と気力の集中であることの証明なのだとか。

逆にそういう世界にいらっしゃるからこそ、若さを保っていられるのかもしれない。

鑑賞する側は、そんなハードさは微塵も感じることなく、ゆったりとした幽玄の世界に浸りきれる。
そして又、能の笛が連続的に、太鼓が断続的に発する高周波は脳に著しい好影響を与えることが解明されているのだそうだ。

あのえも言われぬ心地よさはそういう事でもあったのか~

おかげさまで、真夏の午後を涼やかに過ごすことが出来た。

社長&♀上司、お誘いくださってありがとうございます。

そして、鑑賞後の道玄坂あたりでの飲み会。

初対面にもかかわらず、優しい男たちと強い女たちの、実に楽しくて愉快な大人たちの飲み会でした♪

又同じメンバーで飲みたいね~~

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« 視覚に障害のあるクラシック音楽演奏家によるコンサート | Main | わたし生きています。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/52185194

Listed below are links to weblogs that reference ほっと一息、涼しげな幽玄の世界へ:

« 視覚に障害のあるクラシック音楽演奏家によるコンサート | Main | わたし生きています。 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪