« March 21, 2010 - March 27, 2010 | Main | April 4, 2010 - April 10, 2010 »

March 30, 2010

アラウンドエイティは皆さんお元気です!

  以前よくこのブログに登場していただいた、お隣のマンションに住む江戸っ子おばあさんは84歳になっても相変わらず元気で、毎日病院に、お友達とのお出かけにと出歩いている。

月に一度くらいは声をかけて食事に誘うようにしているけれど、しばらく間があいてしまったりすると
「あら、久しぶりね。あんまり音沙汰ないから、具合でも悪かったのかと思って、明日あたりでもお宅のマンションの管理人さんに言って様子見てもらおうかと思っていたのよ」
と返ってくる。
まったく、頭と口はいくつになっても回転が速くて、こちらがいつも負けてしまう見事さ。

 先日、俳句の会の有志で一泊バス旅行をした。

6人のうち、アラエイ世代がお二人で、どちらもと~ってもお元気!
新宿~伊豆までお二人は座席が並んでいて、行きも帰りも、ずっと途切れることなくおしゃべりを続けていた。
先輩のT子さんは句会の仲間から『おばけ』と言われているほど実年齢より若く見えるし、60歳を過ぎて初めて習いだしたという日本画で、区長賞を取り、俳句もたびたび特選をとる腕前。
少し年下のJ子さんのほうも、日々が八面六臂の活躍ぶり。
移動は基本的に自転車を使用。
初めての吟行の待ち合わせ場所に、あの『勝間さん』と同じようなヘルメットと自転車で颯爽と、現れたときには、皆、本当にビックリした。

そんなパワフルなお二人、食後に部屋へ戻ってからの『花札』も目いっぱい楽しんでいた。
とにかく頭も身体も若い!
翌朝の食事を取りながら、昨夜が初めての花札体験だったと言うJ子さんが「シッピン(4・1)の意味がよくわからない(オイチョカブのルール)」としきりに首をかしげていて、この探究心や好奇心の強さが、あのJ子さんのパワーの源なのだと納得した。

 音訳ボランティアグループの先輩のお二人もアラエイ世代なのに、ご両人とも颯爽とバイクに乗ってやってくる。

N子さんはそのバイクに全員分(13~4人)のお食事から手作りのデザートまでを載せて運んできてくださる。お料理上手とはいえ、毎週のランチを作ってくださるという持続パワーには頭が下がってしまう。

T子さんは山登りが趣味で、今でも軽い山登りを楽しんでいるらしい。
パソコンの知識は本格的で、グループでのPC指導を担当されている。彼女より若い仲間たちがわからないことがあると、「夜ならいつでも自宅でPCをスタンバイしておくから、遠慮なく電話してくれていいのよ」とまるでカスタマーサービスのお姉さんみたいだ。

 月に一度通う文章教室にも、立派なアラエイがいらっしゃる。
ほとんどのメンバーがPCで文章を仕上げてくるのに対して、A子さんは原稿用紙の升目に手書きで、しかもご自分のポリシーを貫き、課題とは別のマイテーマを決め、ずっと書き続けていらっしゃる。

そんなA子さん、今月から更に別の講座を申し込んだとのこと。

「Aカルチャーの『小説を書いて新人賞をとる講座』に入って、作家の先生に指導を受けているんですよ」

新人賞を是非とって欲しい!
取れなくても、取る目標を持って頑張って欲しい。

補聴器の調子を気にしながら、毎月のお教室には皆に気を使っておやつを持ってきて下さる。

まだまだ、私の周囲にはアラウンドエイティの、魅力的なご婦人がいらっしゃる。
アラカンの我々世代のほうがパワー負けしているかもしれない。

前回UP記事のヤング@ハートしかり。圧倒されどうしの最近の日々です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 文京区情報へ
にほんブログ村

« March 21, 2010 - March 27, 2010 | Main | April 4, 2010 - April 10, 2010 »