« January 25, 2009 - January 31, 2009 | Main | February 8, 2009 - February 14, 2009 »

February 03, 2009

お気に入りの東大構内お散歩コース

Capo1 数年前まで、通っていたお稽古の仲間たちと、年賀状のみのやり取りをしていて、毎年1月になると「お食事会やりましょう}と誰ともなく言い出し、今年は「お食事会をやるための相談のためのお食事会をしましょう」ということになった。

「Nさんのお家の近所の東大のランチしてみたいでぇ~す!」一番若いまだ幼稚園の坊やのママがメールで訴えてきた。

「先日、TVで八田なんとかさんという東大出身のタレントさんが、東大の中にあるレストランで食事をしているのを見たのだけどそこに行きたいなぁ~」

私のお勧めは「山上会館のランチ」なのだけど、そこは多分彼女が見たというレストランではない感じ。あらためてnetで検索してみたら、レストランやカフェが意外に沢山あってビックリ!

大学構内とはいえ、以前聞いた話では日中の人口は1万人ほどにもなるというらしいから、レストランやカフェが沢山あってもおかしくない訳で、以前は気がつかなかった、「スタバ」「タリーズ」「ドトール」などもあり、レストランも「松本楼」がありイタリアンのお店などもいくつか発見した。

イタリアンのお店が東大医学部教育研究棟の13階にあるということで、外観を見る限りはこの建物の中に、そんな眺望豊かなお店なんてあるのかしら?と疑うような堅苦しそうな雰囲気に、皆恐る恐るエレヴェーターに乗り込む。

「なんとか細胞学」だの「ヒト~研究なんとか」だのと書かれた各階を順に通過し13階へ。「ITALIA家庭料理 カポ・ペリカーノ」と書かれているのでこんなところにこんなお店があるんだぁ・・・とほっとする。

店内は医学部とは無縁のイタリアンの世界で、中々お洒落な感じで皆も気にいった様子。

本日のランチコースは・・・前菜はスモークサーモンのサラダ添え、パスタは縮れホウレンソウとチキンのパスタ、パンにはオリーブオイルも添えられ、デザートはベークドチーズケーキにアイスクリームとフレッシュフルーツが一皿に盛りつけられ、コーヒーがたっぷりと、しかも美味しい!Capo

これで1260円なので、一同声をそろえて「安~い!」
お勘定をするときも、「皆様、お味のほうはいかがでしたか?」と笑顔で話しかけられ、最後までイイ気分で見送っていただいた。

そのあと、お化粧直しにトイレに立ち寄ると、「緊急用シャワー」なるものを発見!
「なんだろ?これって・・・医学部だから、研究中に細菌とかウイルスとかに間違って浴びちゃったときなんかにこのシャワーをかけるのかしらね?」などと、適当な推測をしながら、「フ~ン。さすが医学部研究棟!」なんて皆ではしゃいでいたら、一人先にトイレを出た、いつもエレガントな奥様のAさんが「ねえ!お隣のお部屋の名前、ちょっと面白いの」とにこにこしながら戻ってきた。

彼女について、研究室みたいなお部屋の前に行くと、「メタボ・・・なんとか○●室」となっていた。
「やっぱり、医学部だからメタボってあのメタボのことですよね?」
「きっとそうね」と、また勝手な推測。

お腹も満足で気分も良く、構内を少し散策、三四郎池をぐるっと回る。秋には見事な黄色い絨毯を作る銀杏並木も、今は葉を落していて、寒々しい。
赤門横のコミュニケーションセンターでは、皆で「東大サプリ」のアミノ酸を購入。
ついでに、何気なしに覗いた生協では、東大グッズの多さに、またびっくり!
季節がら、チョコレートが沢山売っていたのだけれど、東大の銀杏のマークがチョコひとつづつに模様として描かれている。

「このチョコレートって誰が買うのかな?東大生の女の子が東大生の男の子にあげても意味ないし、東大生の女の子が東大生じゃない男の子にこんなマークのついたチョコをあげる訳ないし・・・」

大吟醸の日本酒もワインも皆「東京大学」という名がついている。
ボトルに名前を彫って入れられるようになっていて、「きっとこれは、自分の子供が東大に合格したときなんか、知人や親類に配ったりするのかしらね?」ここでも皆で勝手に推理してみる。

Capo2 「東大饅頭」はきっと、実家に帰る大学生がお土産用に買って帰るのかもね。本当にいろいろなものに「東大」という名前がついていて、皆で「面白~い」とワンダーランド巡りを楽しんだ。

久し振りに集まって、たっぷりと近況報告をし合い、そのあとの構内巡りのお散歩は、オープンカフェのドトールでのんびりとお茶をしたりと、リーズナブル&アカデミック・ランチは大成功だったようで、「又、ここに来ましょう♪」と意見が一致して、楽しい「お食事会を決めるためのお食事会」はお開きとなった。

の~んびり、ゆったり、時間が過ぎて行く。これもかなりの贅沢。

« January 25, 2009 - January 31, 2009 | Main | February 8, 2009 - February 14, 2009 »