« October 25, 2009 - October 31, 2009 | Main | November 15, 2009 - November 21, 2009 »

November 09, 2009

マイケルの「THIS IS IT」を観ました。

Mj前の記事の専属ガーデニングアドバイザーが、野菜を地下鉄に乗って運んできてくれたのには、別の目的もあった。

MJの映画を観たいから、一緒に行こう!
時々、良い映画や観てみたいものがあるとき、どちらからともなく今回のような映画鑑賞会となる。

ロンドン公演の予定だった「THIS IS IT」のリハーサルや舞台裏での様子を100時間以上にもわたり撮り続けたフィルムを、舞台の演出をしたケニーオルテガが映画の監督も務めたということだが、全体がとても生き生きと迫力溢れた映像ばかりで、刺激的で最高のドキュメンタリーとなっていた。

音楽を愛し、人を愛し、ピュアなハートを持ち続けていた少年のようなマイケル・・・これまで、ほとんど彼のことは知らなかった。こんなに素敵な人だったことを。

彼がステージダンサーのオーディションに立ち会っている様子や、リハーサルでのスタッフとのやり取りを撮り続けている映像は、そのままがまるでドラマのようで、突然の彼の死の数日前の様子を観ていると、本当に残念でならない。

切れの良いダンスは、一緒に舞台に立つダンサーたちの憧れや崇拝の眼差しを観ればどれほど人を引き付けるものか、痛いほど理解できる。
歌も、バラードをしっとりと歌い上げていて聞いているうちに胸がときめきそうになる。

スタッフや仲間たちに対する態度もとてもフレンドリーで謙虚だ。
たったひとつの「音」が違っていても、見逃さず、決して妥協しない。そして最後に必ず「thank you」「I love you」の言葉をさりげなく忘れない。
ギターリストの女性のソロ演奏の部分でも「ここは君が一番輝く部分なのだから、もっともっとカッコよく目立つように演奏するんだよ」みたいな言葉で彼女に勇気を与えていた。

「マイケルと同じ舞台に立てるなんて夢みたいだ!」皆が目を輝かせてそう言う意味が、本当に映画全編から伝わってくる。

映画が終了すると、暗闇の場内から拍手が沸き起こった。

マイケルジャクソン様
あなたを今まで余り理解しようとも思わず、しませんでした。
今回、映画を観て、これほど才能があり、繊細で、愛情豊かな人なのだという事がわかりました。
遅ればせながら、これからあなたの音楽に触れさせてもらおうと思いました。
ありがとう!

秋の実り

0911076

私の専属ガーデニングアドバイザーでもある友人が、重た~い野菜を届けてくれた。

全てが彼女の手作りで、丹精込めて育てているので、どれもがとても美味しい!
一人暮らしでは多すぎるくらい、届けてくれるので、いつもは近所のオバアサンなどにもおすそ分けをしていたけれど、今回は欲張って全てを使いこなす事にチャレンジする!

大根は、運悪く買ったばかりのものもあるので、できるだけ、漬物にしよう~
保存用のガラス瓶に刻んで入れ、昆布や唐辛子などと、塩水で漬けこんでみよう。

水菜はまめにサラダや鍋物に入れます。

人参もたくさんあるので、千切りにしてオイルの入ったドレッシングでサラダ仕立てに。

ホウレンソウ・・・すぐに食べなかったらさっと冷凍しておこう。

ジャガイモやら南瓜はベランダに転がしておいて、使うたびに取りこむ。

白菜は、このところ楽ちんな食べ方を開発したので、少しづつ剥がしてデイリーに食している。
まず、100均でレトルトカレーを買う。大き目のフライパンにざく切りにした白菜と玉ねぎ。人参などのあるものをかなりたっぷり入れてオリーブオイルでさっと炒める。
簡単に塩コショウしてコンソメの素を少々、あとはレトルトカレーをパックから出して上からかけてさっと混ぜる。全体に熱が通れば完成!

野菜で満腹感も得られるし、カレーを食べた後のちょっぴり胸やけ感がないので食後もさっぱりしている。
ご飯やパンを食べなければ、ダイエットメニューになる。
心配なら、鶏肉や卵などをプラスしたらいいかも・・・

立派な白菜なので、少しは塩漬けにもしてみる予定。

最近、「おわら風の盆」のお仲間の先輩にとても状態のよい「ぬか床」を頂いたので、大根はぬか漬けにもする予定。

なんだか、雪国あたりの冬仕度の準備をしているみたいで、ちょっと楽しい。

冷蔵庫や保存棚などに、保存用の食材が常備されているってとっても憧れる♪
現実にできないからこそ憧れるので、いつかそんな風に暮らせたらと思っている。

0911073 0911074_2

たくさんの菊の花も友人が丹精込めた手作りのもの。
束の間ではあるが、我が家は秋の実りであふれています♪

« October 25, 2009 - October 31, 2009 | Main | November 15, 2009 - November 21, 2009 »