• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« April 5, 2009 - April 11, 2009 | Main | April 26, 2009 - May 2, 2009 »

April 21, 2009

「スラムドッグ$ミリオネア」

090421

アカデミー賞で8部門を獲得していなかったら、わざわざ映画館にまでは行かなかったかもしれない。
(話題の映画だからこそ観ておかねばというのが、ミーハーな私の映画鑑賞方法)

好きな俳優が出ているわけでもなく、インドに特に興味があるわけでもない。
「何故?この映画はオスカーを手に入れるほど、多くの人をひきつけたのだろうか。」「ストーリーの中で、何の教育も受けずにスラムで育ったこの少年が不正もせず、クイズを解くことが出来たのはどうして?」単純にそんな謎を解いてみたかった。

IT企業の溢れるインド。ムンバイのスラムに溢れる貧しい人々。宗教心の強い国民性。などあらゆるものが混在している国で、逞しく生き抜いてきたスラムドッグ(スラムの負け犬)。
現実のインドの様子をそのままに描きながら、スラムに住む人びとのポジティブなパワフルさで、不幸な星の下に生まれた運命を、自分で変えて行く強さと、人を愛することの素晴らしさを観る者にしっかりと伝えてくれた。

クイズに答えられた理由はすぐにわかった。
少年が、必死に生き抜いてきた人生のすべてが彼を助けてくれた。

現地の子役たちも皆ノビノビと愛らしく、所々に茶目っ気溢れるシーンも散りばめられ、全体に流れる音楽もインドテイストの洋楽といった風で音楽賞受賞も納得できた。
そして映画が終わるころにはインドという国が少し気になり始めてきた。

これからご覧になる方のために、ネタバレはしないけれど、希望・エネルギー・人間讃歌・運命・サクセス・愛・などがキーワードかな?

インド映画ファンの方、最後に定番の集団のダンスがついているので、最後まで席を立たないでしっかり見届けて下さい。

April 20, 2009

芍薬でしょうか?

Nec_0203

湯島の麟祥院のお庭で見かけた見事な花は「しゃくやく」?
植物音痴の私、初夏のような温かな日曜の昼下がり、月に一度の日曜座禅会に出かけたら、見事に大きな花が咲いていた。

« April 5, 2009 - April 11, 2009 | Main | April 26, 2009 - May 2, 2009 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪