• 17634801_1405573702798293_137407926
  • 17861952_10154582826732169_75720667
  • 17796838_1401354669886863_165089492
  • 17800168_1401354649886865_741780868
  • 17796820_1402645809757749_7185122_2
  • 17799938_1402645806424416_412160293
  • 17798950_1402645816424415_408439523
  • 17796673_1402645796424417_346944455
  • 17796536_1680136588669339_660409292
  • 17796502_1679074592108872_441219905

« 美容院はお好き? | Main | 木曜昼食会 »

November 23, 2009

今年の一葉忌は・・・!!!

Img_231411月23日は、樋口一葉忌。
一葉さんの肖像が5千円札になって以来、我が家の周囲はこの日になると、普段の休日ならあまり人通りのない道にも、文学散歩らしき人やら観光客が集まり、一葉さんが使ったと言われる井戸や通った質屋などに行列ができる。

「伊勢屋」という質屋は今は撮影スタジオとして使われているようだが、年に一度だけ一般公開されるということで長~い行列ができる。

そして法要が営まれるのは東大赤門前の「法真寺」。お寺の隣に位置し、後に「桜木の宿」と言われた場所に一葉さんは家族と暮らしていた関係でこのお寺での法要となったのだそうだ。

今年で30年目を迎えるというから、5千円札ブームには関係なくこの法要は続いて今日に至り、第1回目から幸田弘子さんの朗読は聞く事が出来たらしい。講演も1回目の瀬戸内寂聴さんから始まって、今回の太田治子さんまで、多くの作家や文化人が名前を連ねている。

今回の朗読は30年目という節目の年なので第1回目の朗読と同じ「十三夜」を選びましたと言って、すてきなお召し物を着た幸田さんはいつものように、余り広くはない本堂にぎっしりと座った聴衆を前に、きりりとした姿勢でしっかりとはるか前方を見つめるかのように用意された椅子に腰をかけた。勿論手には何も持たない。
一瞬、室内が静まり、これから繰り広げられるであろう一葉の世界にじわ~っと染まっていくのと同時に幸田さんの凛とよく通る声で朗読が始った。
と間もなく幸田さんがいきなり立ち上がり、聴衆の後ろのほうに向かって何かを叫んだ。

一瞬、朗読の中のセリフかと思ったくらい、ドラマティックに幸田さんは叫んだのですぐには状況が分からなかったほどだった。

「ちょっと!写真を撮るのは気が散るので止めてくださいませんか!こちらは命がけでやっているんですから!」

事前に当然、撮影は禁止の注意はあったし、仮に改めて言われなくとも、あんな狭い空間で、咳払いひとつするにも気を使うほど、皆が幸田さんの朗読に期待をしているのに、カメラを向けるという行為が出来る人は相当な無神経なのだろう。幸田さんだけでなく聞いている立場の私でさえ、気分をそがれ、立て直すのに時間がかかった。

幸田さんは、しばらく呼吸を整えてから、又最初からやり直した。これは聞いている側にもとても違和感を感じたから、朗読している幸田さんはもっとやりづらい状況だったろう。そしてこの事がきっかけでその後も、これまでにないほどに動揺された部分を立て直す事で大変にお気の毒だった。記念すべき30回目だったのに・・・

幸田さんの朗読の前座として太田治子さんの講演があったのだが、彼女は父親である「太宰治」は「一葉さん」に比べたら1/100位好きですとおっしゃって会場を沸かせていたが、予定時間をオーバーしながら話があちらこちらに飛んで実にユニークな人だということが分かって、ある意味興味がわいた。

講演中足元に置いたバッグの中の携帯の着信音が鳴った。太田さんは話の途中であるのに動じることなくゆっくりと携帯を引っ張り出し、電話を切るのかと思いきや耳に当て「もしもし、あー今講演中です。」と言って静かに電話を切り何事もなかったかのようにバッグに収め、話の続きを始めた。さすが太宰治の娘!
「凛」という言葉が幸田さんとするなら「ほわん」という感じの太田さん。多分何もかも対照的のように見受けられた。

更に、まるでジョークのような話なので信じないかもしれない事が起きた。幸田さんの朗読の時間になって、太田さんも客席に座られ、皆と一緒に、カメラ騒ぎのあと、ようやく場内も落ち着いて静かに朗読を鑑賞していた。しばらくして今度は携帯音が鳴った。
今度は誰?と思って、音がした辺りを見たら、太田さんが携帯を持ち出しながら急いで席を立って場内から出て行った。

幸田さんにはとても不運な回となってしまったが、太田さんはどうだったのだろうか?多分、所謂「憎めない人」なのかもしれない。

« 美容院はお好き? | Main | 木曜昼食会 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/46845414

Listed below are links to weblogs that reference 今年の一葉忌は・・・!!!:

« 美容院はお好き? | Main | 木曜昼食会 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪