« 芍薬でしょうか? | Main | GWは我が家でランチ(2009)♪ »

April 21, 2009

「スラムドッグ$ミリオネア」

090421

アカデミー賞で8部門を獲得していなかったら、わざわざ映画館にまでは行かなかったかもしれない。
(話題の映画だからこそ観ておかねばというのが、ミーハーな私の映画鑑賞方法)

好きな俳優が出ているわけでもなく、インドに特に興味があるわけでもない。
「何故?この映画はオスカーを手に入れるほど、多くの人をひきつけたのだろうか。」「ストーリーの中で、何の教育も受けずにスラムで育ったこの少年が不正もせず、クイズを解くことが出来たのはどうして?」単純にそんな謎を解いてみたかった。

IT企業の溢れるインド。ムンバイのスラムに溢れる貧しい人々。宗教心の強い国民性。などあらゆるものが混在している国で、逞しく生き抜いてきたスラムドッグ(スラムの負け犬)。
現実のインドの様子をそのままに描きながら、スラムに住む人びとのポジティブなパワフルさで、不幸な星の下に生まれた運命を、自分で変えて行く強さと、人を愛することの素晴らしさを観る者にしっかりと伝えてくれた。

クイズに答えられた理由はすぐにわかった。
少年が、必死に生き抜いてきた人生のすべてが彼を助けてくれた。

現地の子役たちも皆ノビノビと愛らしく、所々に茶目っ気溢れるシーンも散りばめられ、全体に流れる音楽もインドテイストの洋楽といった風で音楽賞受賞も納得できた。
そして映画が終わるころにはインドという国が少し気になり始めてきた。

これからご覧になる方のために、ネタバレはしないけれど、希望・エネルギー・人間讃歌・運命・サクセス・愛・などがキーワードかな?

インド映画ファンの方、最後に定番の集団のダンスがついているので、最後まで席を立たないでしっかり見届けて下さい。

« 芍薬でしょうか? | Main | GWは我が家でランチ(2009)♪ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

美しいページを楽しませて頂いております。

漢字検定の6月実施が、取りざたされていますが、文章にも資格検定があるのをご存知でしょうか。
もちろん資格があるからといって、名文が書けるわけでもないのですが・・・。
この文章能力検定試験についての、私のブログの最新記事です。よろしかったら、どうぞお立ち寄り下さい。
http://rusmina-2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/0068-30e2.html

帆走子さま。

さきほど、覗かせていただきました。
「ブンケン」という言葉を初めて聞きました。
それにしても、資格には全く縁のない私に比べ、何事にもチャレンジする帆走子さんの姿勢には頭が下がります。「歴史検定」なども当然受けられたか受けるかされるのでしょうね♪

PCに頼ってしまう現在、「漢字」が全く駄目で、文章以前の問題だと思ってます。
頑張ります!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/44749066

Listed below are links to weblogs that reference 「スラムドッグ$ミリオネア」:

« 芍薬でしょうか? | Main | GWは我が家でランチ(2009)♪ »