• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« June 29, 2008 - July 5, 2008 | Main | July 20, 2008 - July 26, 2008 »

July 12, 2008

日々の暮らしに幸せを見つける名人

専属ガーデニングアドバイザーでもある友人とランチをした。

待ち合わせ場所で会った途端に、「ハイ」と渡された小さな袋モノ。
「エコバッグを作ったの」
「コンパクトになるから、バッグに入れておいても邪魔にならないし、無駄な袋をもらわずにすむわよ」
「たっぷり入るように、デパートの紙袋と同じ大きさにしてあるから」
「軽い素材を探しに日暮里まで行って生地を買ってきたの」

Img_0908_3 Img_0909 Img_0910

花や野菜を作る名人なだけでなく、ミシン掛けも得意な友人は時々、そんな風に、自分の作品をさりげなくプレゼントしてくれる。

「今日ここへ来る前に上野に寄って、雑誌に出ていた急須が素敵だったから、買いに行ってきたの」
「この前生地を買いに行ったついでに谷中に寄り道をして、そこで素敵な湯呑み茶碗を見つけて買ってきたのだけど、それに合いそうな急須なの」

そんな話を聞いているうちに、突然、美味しいお茶をが飲みたくなって、水出し煎茶を買い、家に戻ってから、早速味わってみた。
「う~ん、美味しい!ペットボトルのお茶とは比べものにならない」

Img_0903 Img_0907

*************************

ランチのあと、コーヒーを飲みながらしみじみと友人が言った。

「ささやかなことだけど、今の私って幸せだなって思うの。夫と息子を送り出して、ひとりになってから、家でゆっくり美味しいお茶を飲むとき、そう思うの。」

「そうそう!それ分かる!」

「でも、その前に、まず、家中を綺麗に掃除して、自分が育てた花を畑から摘んできて、それを家中に飾るの。それから、ゆっくり花を眺めながら、お茶をするの」

「うん!うん!」(力を込めて同感の意思表示をしている私」

Mado 070104_005 

☆私の贅沢☆

気候がカラッとしている季節に、家中の窓を開け、掃除をする。

出来れば拭き掃除も済ませ、ソファやクッションカバーも洗いたてのものに取替えてから、ソファに座り、自然の風を入れるために窓は開けたままにしておく。

CDかDVDのお気に入りのものを掛けながら、美味しく入れたコーヒーか煎茶をゆっくりと味わう。

少し読書をして、眠くなったらソファにゴロンと横たわる。

窓の外からは、野鳥の鳴き声が聞こえてきて、やわらかい自然の風がカーテンを揺らしている。

こんな時間がわたしにとってのささやかな「贅沢」。

普段は中々思うように家中を清潔に保つことが出来ず、散らかった新聞紙やら、お風呂場の目地のカビやらが、すぐに処理できずにそんな自分にストレスを感じている。

出来ないことだからこそ、達成できた時の満足感はひとしおで、そんな事が憧れでもあり贅沢でもあるのかもしれない。

友人の「幸せ話」を聞きながら、こんなささやかな事で気分よくなれる私たちって、いいと思わない?・・・自画自賛しあう。

 

July 08, 2008

俳句の会に復帰♪

月に一度、近くの区民センターで開かれている句会に参加しているが、先月は用事もあったのだが、一句も作る事が出来なかったので、やむなく欠席届けを出した。
会に出なくとも投句だけすることも出来るので、大体の方はそんな欠席スタイルが多いようだけれど、肝心の俳句を作ろうという心の余裕がなく、何一つ浮かんでこなかった。

毎朝、25分ほどの時間を徒歩で通勤しているが、道端の花も、空の青さも、すれ違う人の表情も何もかも目に入らずに、もくもくと歩いていた。
首にかけたipodも鬱陶しく感じて、スイッチをOFFにしていた。

時間だけが過ぎていくような、そんな日々が続いていたのだが、次回の句会には参加しようと思い、少しづつ頭を切り替えようと意識したら、多分心が先に回復していたようで、いつの間にか俳句を考えている自分に気がついて、なんだか目の前の霧が晴れたように感じた。

   ひらひらと 信号無視の 夏の蝶  (佳作でした)

通勤時、いくつも赤信号でつっかかりながら、会社に向かうのだが、ある朝、白い蝶が私の肩越しに、ひらひらと舞いながら赤信号を無視して向こう側へ渡っていった。車にも轢かれずに優雅に飛んでいった。信号が変わって歩き出した私の視界にはすでに蝶々はどこにもいなかった。

数日前、マンションの管理人さんにエントランスで会ったとき、マンションの梅の実を独り占めしたことのお礼を言うとともに「梅酒をそんなに作っても多すぎて・・・」みたいなことを話していたら「お嫁に行ったお嬢さんにあげたらいいじゃないですか」と言われ、「なるほど」と思ったことを思い出して・・・・

   梅酒漬けて 嫁いだ娘に お裾分け  (これも佳作)

もう一句は先生には選んでもらえなかったけれど、

   炎天の 日差し眩(まばゆ)し 石畳  (兼題が「炎天」だったので)

当日の朝になってどうやら三句出来上がった。

会に出かけ、お馴染みのメンバーと顔を合わせ、丁々発止にやりあう元気な句会が始まると、ようやく普段通りの日常が戻ってきたと実感できた。

会が終わり、数人でビールを飲みながら、先生を囲み、更に俳句の話が続く。
上手な人はいつもいい句を作ってくるし、そうでない人はそうでない・・・
今、ちょっとだけ、むらむらと俳句が上手になりたい!と言う気持ちがわいてきつつある。

何故って?

私のブログのサブタイトルの

素敵に、シンプルに、優雅に、粋に、ゆったりと、楽しく生きたい♪

まさに「俳句」がそっくりそのまま、シンプルで、優雅で、粋で、ゆったりしていて、おまけに楽しい!

次回はもう少し、上手な句を披露できるように頑張ります! 

« June 29, 2008 - July 5, 2008 | Main | July 20, 2008 - July 26, 2008 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪