• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« June 22, 2008 - June 28, 2008 | Main | July 6, 2008 - July 12, 2008 »

July 05, 2008

藤原竜也×かもめ=素敵~!

Kamome Tatuya

赤坂アクトシアターのオープニングシリーズの一環としてチェーホフの「かもめ」が上演された。

演劇通でもなく、読書家でもないただのミーハーが、何故?チェーホフの芝居を観たかと言えば、実にミーハーな答えで恥ずかしいけれど、まず、あの美しい青年「藤原竜也」を実際に見たかったと言う事と、赤坂サカスを探検してみたかったという事だけで、チケットを申し込んだ。

アクトシアターには何度か出かけた事はあったが、周辺が全く様変わりしていて、びっくり!このところ東京はあちこちが再開発でお洒落な雰囲気のお店が増えていて、逆に言うとどこも同じような雰囲気で個性がなくなっている・・・そんな気がする。

そんな文句を言いながらもあちこち覗いてはみたものの、どこも観劇前に軽くというには「帯に短し・・・」で結局はスタバでラテと熱々のキッシュをほおばるくらいに留めておいた。

そして肝心の舞台はというと、「藤原竜也」はやはり素敵だった。若者の未熟さ、可愛さ、純粋さ、愚かさ、彼がそうだと言うわけではないけれど、ぴったりの役柄のように思えた。

「鹿賀丈史」や「麻実れい」などの大人たちも皆、愚かで、愛らしい「どこにでもいそうな人間たち」を演じていて、多分チェーホフという作家がそんな愛すべき人間たちを好きだったのだろうと推測された。
19世紀末の帝政ロシア崩壊前夜のロシアの退屈で惰性的な日常に起こる今回のストーリー。
やはり原作を読んで理解しないと、真剣に演じている人たちにも失礼だ思ったとともに、原作を読みたい気持ちがわいてきた。
いつになるか分からないけれど、読んでみようと思っている。

それにしても、役柄を演じている「藤原竜也」は魅力的な役者であることに間違いはなかった。あの若さで、あの長い台詞を覚え、演じ、見る人を惹きつけることが出来る才能。
美しいまま大人になって欲しい。「美しさ」それは見る人に癒しをもたらしてくれる・・・そう思っている。

終演後、劇場近くの馴染みの蕎麦やで友人と枡酒を飲みながら「あの発声法は喉を痛める」だの「演出がいまひとつ」だの好き勝手なことを言い合いながら、舞台の余韻を楽しんだ。
夜風がほてった頬に気持ちよく、爽やかに一日が終わった。

June 29, 2008

久し振りの我家でパーティ~

06281_4 06282_4 06283_2

06284_2 06285_2 06286_3

06288_2 06289_3 062810_2

06287_3 062811

本当に久し振りにというか、一人暮らしを始めてから最初のホームパーティを計画し、以前から「遊びに来たいな」と言ってくれていた若い友人たちを招いた。

一人はhanaちゃん。助っ人役をお願いしたら、「ガッテン、承知!」とばかりエプロン持参で軽めにランチ用のサンドイッチまで買ってきてくれた上、手のかかる料理の下ごしらえやら、お留守番役まで受けてくれ、kimiさんや、yamaさんを駅までお迎えに行っている間に宅急便まで受け取ってくれて大助かりでした!

kimiさんはここに何度も登場してくるアロマセラピストで、今や素敵な自宅で隠れ家的サロンを開きながら、平日は某大手銀行のSEとして派遣の仕事をバリバリこなしている頑張りやさん。

yamaさんは前職場で隣同士になった派遣さんで、年に一度くらい銀座でお食事したりしていた時に「一度自宅に行きたい!」と言ってくれていたので、今回は全員が初対面同士だけど、多分皆上手く行きそうと思いこのプランを思いついた。

結果は思った以上に盛り上がってくれて、明るいうち(3時)からスタートして11時まで電車時刻をチェックしながらも、の~んびりくつろいでくれた。

我家に人を招いた時、ほとんどの人が「初めての家ではないみたいに寛げる」と言ってくれる。
都心なのに、車の音が聞こえないで小鳥のさえずりが聞こえるような環境だからだろうか?

ソファに座ったらいつの間にか鼾をかいて寝ていた人がいたり、冬の季節には床暖房が気持ちイイといってゴロゴロ寝転がってくれた友人もいたっけ。

そんな風に過ごしてくれると、家にきてもらって良かった~と思う♪
そして、人を招く度に、家をきれいにしようと思うし、料理も考える。
普段はサボってばかりなので、敢えてこんな機会を自分で作っては家事に目覚める努力をする。

そして、なによりも一番楽しい事は、「女同士のお喋り」kimiさん流に言うと「ガールズトーク炸裂!」と言ったところでしょうか?

今回も初対面なのに年齢が近いせいもあって(私?は少し年が上ですが!)盛り上がりましたね。
皆、若者も大人もそれぞれに、人生を悩んだり楽しんだりと様々だけど、若い人と話していて楽しいのは、人生をあきらめていないというところかなぁ~

時々、こんな機会を作っては自分の中のくたびれてきた部分のメンテナンスを行う。

★ちなみに本日の食べたもの&飲んだもの

食べ物

前菜・・人参たらこ・トマトの麺つゆ漬け・おくら・セロリのチーズおかかまぶし・パプリカ赤黄、ナス、胡瓜のピクルス

三之助豆腐のふわふわ豆腐
カボチャのサラダ
いろいろサラダ(水菜・ホワイトアスパラ・レンコン・ささ身をガーリック風味にソテーしたもの・あと何を入れたっけ?)
クリームチーズとアボカドのもみじおろし添え
紫蘇たっぷり入ったハンバーグのおろし添え
ウナギのちらし寿司(みょうが・きゅうり・しょうが・錦糸卵・海苔)
デザートは千疋屋のマンゴープリン(kimiさんのお土産)

飲み物

ビール(yamaさんにお願いしました)
薔薇のリキュール(というかピンク色した20度の焼酎ですね)
スパークリングワイン(成城石井の人気商品)
白ワイン(1997年もの)
コーヒー(hanaちゃんがスタバで買ってきてくれました)


  

« June 22, 2008 - June 28, 2008 | Main | July 6, 2008 - July 12, 2008 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪