« April 27, 2008 - May 3, 2008 | Main | May 11, 2008 - May 17, 2008 »

May 06, 2008

生まれて初めての一人暮らし

Img_0664

連休の最終日、友人が花束を抱えて遊びに来てくれた。

「何の記念日だっけ?」とたずねると「一人暮らしのスタートのお祝い!」だった。

Img_0667 Img_0669 Img_0666

嬉しかった。
なにしろ、生まれて初めての一人暮らしなんだもの。まだ実感はわかないけれど、一足先に一人暮らしをしている友人たちから「寂しくなるよ~」と脅かされている。

Img_0673_2 Img_0670_2

とにかく、一日も早く一人暮らしに慣れるよう頑張ります!
今日も間違って料理を多く作りすぎてしまった。
明日から仕事だし・・・まあぼちぼち・・・ね。

May 05, 2008

最近の日本人ておかしくない?

GWは毎年恒例で、都心あたりでうろうろしている。この時期の都内はどこも鮮やかな緑がたっぷり!お店や家の前には沢山の鉢植えが並び、それぞれ、丹精こめて育てている様子が見る者に伝わってきて、「この家の人はほんとに花を愛しているんだなぁ」などと想像しながら歩いたりして、とにかく街を散策するのには絶好の季節!
企業もお休みが多いせいか、空気も普段に比べて汚れていないようで、散歩をしていても吸い込む空気も美味しいような気がする。

そんな気持ちの良い季節なのに、このところ「???」と思うことに何度か遭遇してしてしまった。
先日、友人たちと演劇を鑑賞したあと、すぐそばにあるホテルの和食のお店でディナーをした。三人で楽しくおしゃべりをしながら、デザートになり、和食のお盆全体を下げる時になって着物姿の若い女性従業員が三人のお盆を片付けるのに、一人の友人のお盆が彼女の立っている位置から少しだけ遠かったのだが、友人に向かって無言で両手を差し出してきた。
友人は、着物では袖などが邪魔になってとりにくいのだろうと好意でかなり大きめのお盆をわざわざ持ち上げて彼女に渡した。そのときの従業員は「無言」で当然のように受け取った。
その場の我々三人のオバサンは一瞬「?」と思ったが何も言わなかった。
おかしくないか?
普通、家庭の食卓を片付けるときに誰かがそうしたら「ありがとう!」くらい自然に出るだろう。ましてや、かなりの規模のホテル内のお店で、キチンとサービス料までメニューに載っているようなところでこの態度はいったい何?・・・あいた口がふさがらなかった。

そして数日後、有楽町でやはり有名な焼肉やでランチを友人ととった。
新幹線やJRが走っている様子を窓から見下ろすことが出来て、初めてきたという友人はこのお店を気に入ってくれて、良かった!と話もはずんでいたのに・・・
今度は、始めにお料理を運んできた着物姿の女性が、お盆を持ったまま止まっているので、気がついた友人が遠くから手を伸ばして受け取ってあげた。
そんな時、普段なら「お客様、重いですから、こちらでいたしますから」と言われるのに、その若い女性は当然のように「早く受け取ってよ」みたいな表情で止まっていた。
そしてお礼の言葉もなく無言で去っていった。(蛇足・・・その同じ女性が、食後、まだ食べ残しがあるのに確認もせず、やはり無言でいきなりお盆を下げていった)

いったいなんなの?彼女らの親は「人に何かしてもらったらお礼の言葉を言いなさい」なんて当たり前のことを教えなかったのか?

または、着物姿が働きにくくて大変だったから?
もしそうであれば、まず、着物の着方から教育してから出すのがお客に対するお店としてのマナーではないか?

鼻の下の長~いオジサマたちがお客だったなら、「おぉ~綺麗なおべべが汚れちゃうから、僕が取ってあげるから君は手を出さなくていいよ」なんて言われてそれで、OKかもしれない。
なにか勘違いしてない?
仕事をするというこはどういうこと?
社会で人同士が気持ちよく過ごすための最低のマナーやルールを守らない人が増え続けている日本。

おかしすぎる。
数年前、銀座の豆腐料理やで、かなり不快な思いをしたことがあったが、同じ店にこの間友人が行き、やはり不快な思いをして「もう行かない」と言っていた。
何年たっても少しも改善されていないらしいが、そんなお店でも客足が途絶えることがないのはやはり「有名なお店」ということだから?

船場吉兆がお客の食べ残した物を使いまわしていたというニュースもしかり。
やはり、このところやたら周囲で出くわす余りにも非常識かつ倫理感の欠如の人々。

ほんとにおかしい『日本人』

PS・・・今日はこれから次女夫婦の新居へ。晩ご飯をご馳走してくれるそう♪
     

« April 27, 2008 - May 3, 2008 | Main | May 11, 2008 - May 17, 2008 »