« March 9, 2008 - March 15, 2008 | Main | March 23, 2008 - March 29, 2008 »

March 20, 2008

ヤン・リーピンの「シャングリラ」

Yan この世のものと思えないほどの美しさ。
舞台中央の大きな月のような明かりの中心に影絵のような漆黒の繊細なシルエットが浮かび上がる。

完璧とも思えるプロポーションのシルエットに加え、爪先までが小刻みに震えるような動きはまるで「孔雀」そのもの。

ヤン・リーピンのダンス・・・「孔雀の精霊」

実は、会社の(♀)上司に誘われるまで、彼女の存在は知らなかった。
「この人の踊りを現地(中国・雲南省)に行ってでも見たいと思ったの」
その一言で、私も心を動かされ、社長も誘い、シニアトリオで今回の「ヤン・リーピンのシャングリラ」の観劇会の実現となった。

「シャングリラ」という言葉を電子辞書で引いてみた。
地上の楽園。イギリスの作家J・ヒルトンの『失われた地平線』の中の理想郷の名から。

これまでは中国や東南アジアにある、五つ星のホテルの名だというくらいの認識でしかなかったが、なんとなく、『桃源郷』とかそんなイメージは持っていた。
人々の永遠の夢の理想郷・・・そんな場所があるなら行ってみたい!見てみたい!そんな思いで開演に臨んだ。

雲南省に25あるという少数民族。豊かな自然の中で信仰や日々の労働の中から生まれた歌や踊りが多数存在していて、それらをエンターテイメントとして完成させたものが『シャングリラ』。
ダンサーも現地で実際に踊っていた人たちで、衣装も太鼓などの楽器や小道具なども全て実際のものを使用しているのだとか・・・『原生態(中国語でありのままという意味)』という基本ポリシーはずっと貫いているらしい。

本物であって原生態をそのまま見せるのではなく、更に芸術性を高めた演出が、泥臭さをお洒落なステージに仕立て上げていて、次々と現れる様々な民族のパフォーマンスに惹きつけられ、気がつくと舞台横に出る『字幕』を見落としている事が度々あった。

♪太陽は休んでもいい、月も休んでもいい。でも女は休まない。
もし女が休んだらかまどの火が消える。
扉の隙間からの冷たい風が老人の頭を痛めつけるなら、
女は我が身をもって風を遮る。
道端のいばらが子供の足に刺さるなら、
女は我が身を山道に敷く。
もし女がそばにいれば、男は山崩れにも耐える。
       ・
       ・
       ・
もし女が人生に失敗すれば、人生はもはや甘くない。
地上に女がいなければ、そこに緑は育たない。
男のそばに女がいなければ、男はすぐに病に倒れる。
太陽は休んでもいい、月も休んでもいい、でも女は休まない。

「女性の国」というタイトルの踊りに合わせて、ヤン・リーピンの語りのような「歌」が流れた時も、ハスキーでお腹の底から搾り出すような静かな声は、全身があわ立つような感覚を覚えた。
女性ばかりが顔を全く見せないように笠をかぶり、シャープな動きでストイックな雰囲気を醸し出す踊りは、母系型の集団生活を営む女人族のもの。

他にも、男だけの力強い踊り、男女の踊りなどetc・・・
そんな中で、もっとも多く登場した楽器は『太鼓』Yan1_2
様々な民族が様々な太鼓を使って、太鼓を叩きながら歌い、踊る。
雲南では「太鼓」はただの楽器ではなく、信仰と深く重要な役割を担う。

特に、太鼓に母性、バチに父性を象徴させていることが多く、生殖と繁栄のシンボルでもあるせいか、男女の自然の感情を表現した踊りもあり、
すべてが、『原生態』で実にシンプルに「生」を表現していて、とても気持ちが良かった。

現代人が囚われているあらゆるものを全て取り払った、自然のままに気持ちよく生きている、少数民族たちの日々を感じとれるパフォーマンス。

現地に出かけていって、無神経に土足で踏み込んで、自然を破壊していくような観光客には、逆に人々の心の中までも感じ取る事はできないだろう。
むしろこんな風に完成されたステージを見せてくれた、芸術監督・構成・主演をつとめたヤン・リーピンの『孔雀の精霊』の力がこんな風に素敵な実を結んだ舞台に拍手を送りたい!

仕事帰りの雨の中の観劇。
夕食をとる時間もなかったので、終演後、事前にチェックを入れておいた「イベリコ豚」のお店でワインを飲みながらワイワイ・・・

終電に飛び乗れて帰宅。皆元気なシニアです。

March 16, 2008

寒川猫持さんを知っていますか?

Img_0451_3 この頃、なんだか慌しく、時間ばかりが過ぎていく。
先月のピアノレッスンの日がついこの間だと思っていたら、もう「その日」になっていて、一夜漬けならぬ朝一番での直前練習。おまけに時間を勘違いしてレッスンに遅れる始末。

それでもレッスンをやめるつもりはないのは、やはりどんな短くて簡単なアレンジでもいいから自分でピアノを弾いてみたいという気持ちがあるから。
そして、練習を重ねる事によって、大抵の人なら簡単な曲なら弾けるようになるということが漠然とながら確信できるようになったから、さぼりながらも少しづつは先に進めるということが実感できたらから・・・だからこれからもピアノレッスンは続ける!
方向は違うけれど、同じ「夢」に向かえる相棒がいるという幸せ♪

そしてレッスンのあとの「反省会」
いつものお店のいつもの席。いつものお店の人の笑顔。ほっと癒される時間。
今回は、ガーデニングアドバイザー(以下GAと呼ぶ)も加わって三人での飲み会に変更。
三人で以前「川柳」の会をしようということになって以来、GAは普段から川柳に親しむようになり、そのつながりから短歌を詠む目医者「寒川猫持」さんにたどりついたらしく、「今猫持の本ばかり読んでいるの」と報告してくれた。

目医者であり、短歌人であり、猫が好き。本も何冊か出ているという。
「さむかわねこもち?・・・初めて聞いた人だけど、なんとなく興味があるな。その人!」

自分一人だけではたどり着かなかったそんな「情報」をGAから時々教えてもらうことがある。Hidori1

「今度本を貸してあげる」とGA。
又時間がなくなりそう~

今読みかけの本・・・「効率が10倍アップする新・知的生産術」
中々読書時間がとれず、効率アップにまで至らない。
速読法についても触れているのに、読むのが相変わらず遅い私。

そんな本を読むから余計時間が足りないのか?
私はいったいなにをやっているのでしょうね。

« March 9, 2008 - March 15, 2008 | Main | March 23, 2008 - March 29, 2008 »