• 019
  • 576_2
  • 99999_2
  • 574
  • 573
  • 999
  • 571_3
  • 579
  • Gw12
  • 036

« 久し振りの我家でパーティ~ | Main | 俳句の会に復帰♪ »

July 05, 2008

藤原竜也×かもめ=素敵~!

Kamome Tatuya

赤坂アクトシアターのオープニングシリーズの一環としてチェーホフの「かもめ」が上演された。

演劇通でもなく、読書家でもないただのミーハーが、何故?チェーホフの芝居を観たかと言えば、実にミーハーな答えで恥ずかしいけれど、まず、あの美しい青年「藤原竜也」を実際に見たかったと言う事と、赤坂サカスを探検してみたかったという事だけで、チケットを申し込んだ。

アクトシアターには何度か出かけた事はあったが、周辺が全く様変わりしていて、びっくり!このところ東京はあちこちが再開発でお洒落な雰囲気のお店が増えていて、逆に言うとどこも同じような雰囲気で個性がなくなっている・・・そんな気がする。

そんな文句を言いながらもあちこち覗いてはみたものの、どこも観劇前に軽くというには「帯に短し・・・」で結局はスタバでラテと熱々のキッシュをほおばるくらいに留めておいた。

そして肝心の舞台はというと、「藤原竜也」はやはり素敵だった。若者の未熟さ、可愛さ、純粋さ、愚かさ、彼がそうだと言うわけではないけれど、ぴったりの役柄のように思えた。

「鹿賀丈史」や「麻実れい」などの大人たちも皆、愚かで、愛らしい「どこにでもいそうな人間たち」を演じていて、多分チェーホフという作家がそんな愛すべき人間たちを好きだったのだろうと推測された。
19世紀末の帝政ロシア崩壊前夜のロシアの退屈で惰性的な日常に起こる今回のストーリー。
やはり原作を読んで理解しないと、真剣に演じている人たちにも失礼だ思ったとともに、原作を読みたい気持ちがわいてきた。
いつになるか分からないけれど、読んでみようと思っている。

それにしても、役柄を演じている「藤原竜也」は魅力的な役者であることに間違いはなかった。あの若さで、あの長い台詞を覚え、演じ、見る人を惹きつけることが出来る才能。
美しいまま大人になって欲しい。「美しさ」それは見る人に癒しをもたらしてくれる・・・そう思っている。

終演後、劇場近くの馴染みの蕎麦やで友人と枡酒を飲みながら「あの発声法は喉を痛める」だの「演出がいまひとつ」だの好き勝手なことを言い合いながら、舞台の余韻を楽しんだ。
夜風がほてった頬に気持ちよく、爽やかに一日が終わった。

« 久し振りの我家でパーティ~ | Main | 俳句の会に復帰♪ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/41748196

Listed below are links to weblogs that reference 藤原竜也×かもめ=素敵~!:

« 久し振りの我家でパーティ~ | Main | 俳句の会に復帰♪ »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪