• 019
  • 576_2
  • 99999_2
  • 574
  • 573
  • 999
  • 571_3
  • 579
  • Gw12
  • 036

« パリの新聞いる? | Main | 桂右團治師匠 »

July 31, 2008

暑い朝、今日は赤、昨日は黄色でした。

今朝は赤い色がちらっと見えた。
昨日は確か黄色だったように思う。

毎朝、約25分の距離を徒歩で通勤している。
この季節はたまらなく暑くて、日傘を差しながら、スーパーでお肉を買ったときなどについてくる保冷剤をハンカチにくるんで首に巻きつけながら、真夏の日差しに向かって、テクテクと歩いている。

そんな通勤途中にいろいろな景色や、光景に出くわすが、このところ、同じ時間に同じ場所でみかけるオジサンたち。

皆ワイシャツにネクタイ姿の数人、なにかを待つかのようにお喋りをしながら道路に三々五々立っている。

大概、両手を後手に組み、その組んだ手の中からちらっと見えるカラーボール。
TVなどでしか見たことはないけれど、強盗などに襲われたときに犯人に向かってボールを投げつけると中から色のついた塗料が飛び出して、逃走経路が分かってしまうという優れもの。

そうです!銀行の裏口付近に止まる、現金輸送車を待つ行員たちでした。

始めはカラーボールを持っていることは気づかなかった。
そのうち、毎日同じ場所に散らばるオジサンたちに気づき、私自身がはるか昔、銀行員になりたての頃、毎日ビルの裏口で何人かのオジサンたちと現金輸送車や手形交換所からやってくる交換便(確かメールカーと言っていたような気がする)を待つのも仕事のひとつだった事など、当時の記憶が突然蘇ってきた。
当時はカラーボールなどはなく、実に無防備で、良き時代だった。

入行したてに配属された部署が現金出納課で、広い店内のそこだけ入り口に低めのドアがついていて、出入りするたびに「入りま~す」「出ま~す」などと声を掛けていたように記憶している。多分、一日中、現金を扱う場所なので、出入りのチェックは厳しかったのかもしれない。

当時は新人研修として練習用のお札を数えたり、加算機(?)の使い方などの練習もあり、同期の中では、どちらもかなりスピードが速かったため、出納課に配属されたのだが、現在の私を知る友人たちには信じてもらえないかもしれない♪

そんな事を思い出しながら、毎日その現場を通っているのだけれど、一度でいいから、あのカラーボールを投げるところに出くわしてみたい!
そんな事を想像してみたり、道端の花を眺めたり、しているうちに会社に到着する。

真夏になったら電車通勤にしようかと思っているうちに真夏になってしまった。

もっとも地下鉄で一駅だから、待ち時間を入れたら徒歩のほうが早いくらいなので、嵐や大雨でもない限り、歩くしかない。いいような悪いような・・・

早く秋にならないかな~
枯葉が敷き詰められた歩道を温かいマフラーを巻いてブーツで踏みしめながら歩く。
雪が降ると、坂道ばかりの通勤路は滑って危険なので電車に乗らなければならないだろうな・・・
なんて考えたら、少しは涼しく感じるかもしれない。

以前DCの娘のblogで読んで、記憶が間違っていなければ、DCがとても暑い日が続いていたときに、カーラジオからクリスマスソングが流れてきた事があり、何故?と思っていると、余りの暑さで、音楽だけでも涼しくとその日は一日中クリスマスの曲を流していたそうで、思わず暑さを忘れたと言うような記事だったように思う。

カラーボールも夏用に青がいいな!涼しげで・・・

« パリの新聞いる? | Main | 桂右團治師匠 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/42027147

Listed below are links to weblogs that reference 暑い朝、今日は赤、昨日は黄色でした。:

« パリの新聞いる? | Main | 桂右團治師匠 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪