« January 28, 2007 - February 3, 2007 | Main | February 11, 2007 - February 17, 2007 »

February 07, 2007

拝啓、次長様

久し振りに怒りのブログを書こうと思います。
職場で昨日ちょっとしたトラブルが起きた。
『個人情報保護法』やら『コンプライアンス』やら『プライバシーマーク取得』などにやたらうるさい職場なのに、実際の現場では理想通りに物事が運ばないのが世の常?

職場での事に限らず、何かミスが起きた場合、人はどんな対応をするだろうか?
① まずどうしてそうなったのか原因を探る。
② 二度と同じ間違いを起こさない為にはどうすれば良いのか考える。
③ その事がきっかけで、他にも問題点などが浮かび上がってきたら、それも合わせて教訓としながら、学習していく。
④ 職場であれば、役席者はそういった状況に遭遇した場合、どう采配を振るかによって部下の士気に大きな影響を与えることになる。

残念ながら、今回は誰が考えても不自然な表面上の辻褄あわせで、問題を終わらせようとした役席者。
それに対して部下(複数)が問題提起をしようとすると、声を荒げ聞く耳持たずといった態度で、話し合いの途中、何度も席を立って出て行こうとした。
「私が決める!気に入らなければ人を変える!」と繰り返すばかり。

数年前(別の部署にいた時)にも同じような事態が起きたことがあった。
その当時の課長は、課総動員(20名以上)して終業時間以降にあらゆるキャビネから机の引き出し、ゴミ箱にいたるまで、三日間くらいかけて残業しながら探し物をさせられたことがあったが、そうする事によって、些細なうっかりミスがどれほどの大きな影響をもたらすものかを身を持って教えられた。
その課長はON&OFFの切り替えも上手で若い女子社員には絶大な人気があったが、現在は偉くなって沢山の人を束ねる立場にいる。

人は生きる為に働く。そしてその仕事にもその人の生き方は必ず反映される。
自分の為にも、偽りの人生は歩きたくない。
気持ちよく、日々を過ごしたいから出鱈目は嫌い!

February 04, 2007

初午で甘酒を頂きました!

Inari  070204_001

Inari3   Inari4   Inari2

朝10時になるのを待って、スッピンで携帯片手に部屋を出たら、快晴の冷たい空気の中、マンションの駐車場口に祭られている火伏稲荷を囲むように、三々五々と人が甘酒のカップを手に集まっていた。
知り合いの世話役オバアサンと顔が合うと「そこにお賽銭を入れて」と言いながら甘酒とおいなりさんを手渡してくれた。
ホントは甘酒苦手なのになぁと思いながらも有難く頂いて口をつけてみる。
美味しい!寒い空気の中で飲むせいか程よい甘さと喉越し感もグッド!
この歳になって、又一つ好きな飲物が増えてしまった。

特別の祭礼はなく、皆で年に一度お稲荷さんに感謝してお礼をするイベントのようだった。
こんな身近な場所に祭られているお稲荷さん。そう思うとなんだか縁を感じて、「私の住むこの町を守ってね」と手を合わせた。

« January 28, 2007 - February 3, 2007 | Main | February 11, 2007 - February 17, 2007 »