• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« January 21, 2007 - January 27, 2007 | Main | February 4, 2007 - February 10, 2007 »

February 02, 2007

節分・初午

070201_003_1 近所の行きつけのお店は、大げさに予約などせず、ふらっと行ってもいつもその季節を感じさせるお料理をさりげなく出してくれる。
普段の生活が慌ただしくしているから、こんな時に「あっ、そういえばもうすぐ節分なんだ!」なんて気づいたりする。

炒った大豆が入った枡には、鰯の頭をヒイラギに刺したものが添えられてある。昔は季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられて、どこの家の玄関にも邪気を追い払う為に鰯の頭をヒイラギに刺したものが飾られていたらしいが、近頃は滅多にみられない。
お料理には紅白の梅の枝も添えてあって、あぁ間もなく梅が咲く頃だなぁ~と春を予感させてくれ、嬉しくなる。

070201 数日前からマンションの掲示板に張リ出されていた「初午」も近づいてきた。
今すんでいるマンションの一角には火伏稲荷が祭られている。
元々、その場所にあったものをマンションを建てるのに伴って移築したらしい。この場所で生まれ育ったのに、お稲荷さんが祭られていたなんて知らず、大人になって初めて存在を知った。
現在は、町会の婦人会の方がお掃除をしたり、お供えものをしたりしてくれている。
昔、「火事・喧嘩・伊勢屋・稲荷に犬の糞」というのが江戸に多いものの一つに数えられていたというから、そこらじゅうにお稲荷さんがあったのだろう。
二月の最初の午の日を「初午」と言い、その日に神主さんを呼んで祭礼を行っている。
こんな江戸風物詩付きのマンションなんて、羨ましいでしょ♪

江戸とTOKYOの両方を味わえる、粋で飾らず素敵な町!

January 28, 2007

桐野夏生さんの魂萌え!(少しだけネタバレ)

Tamamoe 桐野ファンとしては絶対見逃せないと思い、初日に映画館へ。
彼女が描く女性達は危うい強さを持ち、様々な状況の中で逞しく生きようと葛藤する。女性がここまで書けるのかと思うくらいのハードボイルドなのに、爽やかな読後感が残る。
どこにでもいそうな主婦だったり、裏社会で命を懸けて戦うオンナだったり、あえて倫理に反した生き方も・・・

この「魂萌え!」は、夫を通してしか社会と通じていなかったほどの世間知らずだったごく平凡な主婦が突然の夫の死により、自分の子たちにさえ、都合のよい母親にされそうになりながら、余儀なく自立をさせられる事になる。
そんな日々を送りながら少しづつ、初めてといっても過言ではない社会への独り歩きを恐る恐る始める。

原作はとても読み応えがあり、どの部分をとってもストーリーとして外せない内容ばかりで、わずか2時間程度にどうやって収めるのだろう・・・そこを見る楽しみもあった。
その結果は、やはり全く同じではなく、映画でのオリジナル部分も導入されていて、残念ながら原作と全く同じと言うわけには行かなかった。
少し不満が残るのは予想通りであったけれど、吹雪ジュンがどんな風に演じてくれるかの楽しみもあり、映画もまた良しと自分を納得させた。

一緒に観たhanaちゃんは若い独身女性。やはりピンと来なかったという。
今どきの「団塊の世代」あたりが関心を持ちそうなテーマではないかと思われるのに、場内はかなり世代の上の熟女同士が上映中にあちこちで、笑い声を上げたり(それほどの箇所でもない辺りで)、所々でお隣同士でなにやらコメントしあっていて、映画って本当に観る側の受け取りがそれぞれ違うものなんだなぁ~とシミジミ実感してしまった。
彼女等はまるで『寅さんもの』かまたは『シニアがテーマだから』のような感覚で観に来たのだろう。
だって、そんな年代を卒業している彼女等にしてみたら、いい歳して「自分探ししているみたいな話」なんて笑っちゃうかもしれないものね。
若い人は逆に、自分の親と同世代の大人たちのあんな風な生き様を見せられてもねぇ~って感覚なのだろうか・・・

まさにビンゴ!の世代の私は原作だけを記憶にしまっておこうと思った。

« January 21, 2007 - January 27, 2007 | Main | February 4, 2007 - February 10, 2007 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪