• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« November 25, 2007 - December 1, 2007 | Main | December 9, 2007 - December 15, 2007 »

December 07, 2007

「お嬢様~お帰りなさいませ」

ランチを取ろうと、少しメルヘンチックな香りはしたが、「カレー」や「パスタ」などとごく普通に書かれたメニューボードに惹かれ、上司(♀)と地下に通じる階段を降りてみた。

入り口から既に?という違和感を感じたけれど、急いでいた事もあって、そのまま中に入ってみた。

「お二人様ですか~?」と一瞬、意外そうな表情に見えたのは、思いすごしだろうか?
「そうですよ~」と答える二人を迎えてくれたのは、可愛らしいフリルたっぷりのエプロンに短いスカート、ヘアスタイルは皆同じように両サイドの高い位置をリボンで結び、柔らかいカーリーなイメージで、白っぽい膝までのストッキングをはいた女の子たち。

「お嬢様のお帰りで~す」と1人が言うと全員が、「お帰りなさいませ~」と声を揃えて歓迎(?)してくれる。

先客の6~7人のスーツの若い男性たちも、何となく照れくさそうな笑顔でいて、腰が落ち着かなさそうな様子。
皆、揃って「ハートのカレーライス(ライスがハートの型になっている)」を注文していた。

私たちもハートのカレーを注文したのに、残念ながら品切れという事だった。
ポイントカードを作って、貯めるとチェキで「メイド」さんと2ショットを撮る事が出来るという説明を嬉しそうに聞いている「ご主人様方」

スープと小さなサラダがついたパスタも800円はまあ高いというほどでもないかな・・・

会計が済んで、席を立つ私たちも先に出て行った「ご主人様」たちと同様に、ドアを開けて出口まで着いてきてくれて「お嬢様、いってらっしゃいませ~」と甘~い、大きな声で送り出してくれた。

会社が「秋葉原」ゾーンに隣接しているという事もあって、裏道を「メイド」さんが何気なく通り過ぎる事も珍しくないと聞いてはいたが、まさかこんな経験を出来るなんて!

「今度は社長(♂)をつれてこようか~」でも、このブログを社長も見ているかもしれないからビックリさせるのは無理かもね。
とにかく不思議な楽しい、ランチタイムだった♪

December 04, 2007

もう締めますので・・・

仕事のあと、いつもの馴染みのお店でhanaちゃんと少し早めの忘年会をした。

とりあえずはビールで乾杯!お互いの職場の話で盛り上がる。
hanaちゃんは私のブログを見てくれていての感想は「SAGANさんの職場って楽しそうでいいね♪」
そんな風に書いたつもりもないのに、そう感じ取ってくれたのは、とても嬉しい。
今はひたすら人並みに追いつけるよう頑張っているから、日々新しいことを覚えられて、楽しいといえばそういう意味ではとても楽しい!

今日も職場で帰リ際に社長と雑談を交わした折に「仕事はどお?楽しくやってる?」と聞かれ、返答に一瞬躊躇したばかりだった。

「楽しい」と答えて、全て順調と理解されると、PCのプロみたいな若い人ばかりがいるIT企業の中に迷い込んだ「よちよち歩きのオバサン」として、それはちょっと違うと思うし、だからと言って、「大丈夫なの?」と不安に思われるのも心外だし・・・若き先輩たちに毎日、新しい事を教わりながら、あっという間に1日が過ぎて行くといった状況だから、イコール「楽しい」でいいのかもしれない。

そんな事を話しながら,美味しいものを頂いていると、お店の板長さん自ら、いつものように和服に雪駄をはいて、わざわざお料理を運んできてくれた。

いつものお料理の最後にでるご飯を「今日は御寿司にしてみたので、お酒のつまみで召し上がってみてください。」と持ってきてくれた御寿司はヒラメの握り、エンガワの軍艦巻き、などで、「ヒラメは塩がふってあるのでそのままで」と言い、「どうぞごゆっくり♪」と下がっていった。
これまでも日頃のメニューに変わって思わぬ美味しいものが出てきたり、高級料亭のような手の混んだ物や珍しい食材が出る事があったが今回もそのラッキーな日に当たった。

そして、ラッキーな事は重なり、お誕生日を祝う7~8人のグループがいて、お店から御相伴にあずかって我々の席にもケーキを頂戴してしまった。
高校の同級生同士で80歳という紳士方は皆お元気そうで、お祝をされた紳士は「私以外全員東大出」と言い、当のご本人は「千葉大医学部卒」だとか・・・
東大のそばにあるという場所柄、多分東大病院関係の先生方なのだろう。とても楽しそうで、こちらまで楽しい気分をいただいた。

hanaちゃんと「今日はついてるね♪」と超ご機嫌でワインを飲みながらゆっくり、お料理を頂いていたら、お店の従業員の1人が「もう締めますので味噌汁持ってきていいですか」と言いに来た。
ワインが大分残ってはいたけれど、お店の都合もあるだろうと、持って来るようお願いしたら、食後にゆっくり楽しもうと思っていた中国茶まで同時に持ってきた。

まだ、ワインもボトルにたっぷりあり、食べ物もあるのに、「もう締めますから・・・」という言葉は、まるで早く飲み終えて帰ってくれとばかりに聞こえた。
それまでの「ラッキー♪」な気分が一瞬にどこかへ吹っ飛んだ。
「閉店は何時?」わざと聞いてみれば、まだ1時間もある。
彼はきっと自分の仕事を早く片付けて帰る準備をしたかったのだろう・・・

彼以外、お店の方々は、これまでもずっと感じよくもてなして下さるし、とても居心地の良い大好きな場所なだけに、彼のたった一言のために、今日の出来事はとても残念だった。

« November 25, 2007 - December 1, 2007 | Main | December 9, 2007 - December 15, 2007 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪