• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« June 10, 2007 - June 16, 2007 | Main | June 24, 2007 - June 30, 2007 »

June 23, 2007

「水原秋櫻子」宅・・・その2

前の記事で思いがけない貴重な経験ができた、きっかけを作ってくれたのは小学校時代の同級生Fクン。
それも今回初めてお互い素性を明かすまで、知り合いだという事がわからなかった・・・つまり、私のblogをFクンは私とは思わず、ずっと見ていてくれたらしい。
そして今回の『秋櫻子』の短冊の件で「誰か解読して」のメッセージを発信した時に彼の高校の先輩に「水原家」のお嫁さんがいらした事から、一気に話が進み、今回のお宅訪問となった。

クラス会でチラッと見かけたのが10年近く前だろうか。小学校時代も含めて、こんな風に話をするのは初めてで、会うまでは少し緊張していたけれど、6年間も同じクラスにいたからか、会った途端にすぐに昔に戻ってというより、大人の友人になっていた。

Fクンの高校の同級生Sさんも同行したのだが彼女とは全くの初対面なのに、なぜかお互いに通じるものがあり、いつの間にか三人は昔からの同級生の気分のノリになっていた。

『水原家訪問』のあと、ちょっと呑んで行こうという事でPhoto_8 近くのお店で盛り上がった。

Fクンと私は1年生の時の最初の席が隣通しだったようで、彼が記憶している私に対するイメージが
★ 消しゴムを貸してくれなかった。
★ 隣同士で手をつなぎ、場所を移動する際に「早くいらっしゃいよ!」と私に引っ張られた。

これではまるで私が「強い女の子」みたいではないか・・・
でもそうだったかも・・・でも彼も「おとなしい男の子」だったのですよ♪(現在は立派になってIT関係の社長をしてます。彼の名誉の為に一言)
でも消しゴムの件はすぐに彼からのフォローがあった。「多分僕がその前にも消しゴムを借りて、それを返す時にナイフで半分に切って返したからだったよ。」

そんな話やら、今の仕事の話などで三人楽しく、呑み、食べしているうちにSさんの親友が私の高校時代の友人だった事が判明!
その場ですぐに電話をすると、覚えてくれていて「懐かしい~!」と声が返ってきた。
今度彼女も入れて4人で会いましょうという事に決定!

Sさんも外資系会社の社長秘書をしていて、終電で帰宅など珍しくないそうで、その彼女もFクンも皆、KANREKI+1なのに、二人で仕事の話を熱く語っている様子を見ていると、こちらまで元気が出てくる。

父の思い出作りからスタートした今回のイベントが、意外な広がりとなり、そのうえ元気ももらえたし、まだまだ頑張れるかなと思いながら、ほろ酔いで気分よく我が家にたどり着いた。
皆さんありがとうございました。楽しい1日でした♪

肝心な事!今回のきっかけとなった『俳句』
本当に「俳句の会」なんて出来たらいいね♪

June 18, 2007

「水原秋櫻子」宅に行って来ました。その1

070505_054 先日の俳句の件がついに本日実現した。

私のブログを見ていてくれたFクンが、小学校の同級生だった私だとは知らずにコメントをくれて、Fクンの高校の先輩である水原様が「秋櫻子」のご子息の奥様というつながりで、ご自宅に同行して紹介してくださるという話になったのだった。

いよいよ打ち合わせという時点になって初めて、同級生だったことにお互いが気づいたという、嘘のようなホントの話から今回の水原家訪問のイベントが実現した。

Byakurensyuuousi_2父が所有していたいくつかの短冊のうちの1枚が「秋櫻子」の直筆かどうかの確認をしていただくために持参したのだが、ご子息の春郎氏と奥様は揃って「これは間違いなく本物でこの細い書体はかなり古いもの、後年はもっと太めの書体になっている」と太鼓判を押して下さった。

内容も句集で探していただき、同じ句を発見!昭和16年頃の作品という事も分かった。

ついでに持参した「柳原白蓮」の句も、奥様が崩し字が分かる辞典を出してきて下さって、1文字づつ解読してくださった。
その他、父の書きちらしたものなどを見て下さったのだが、春郎氏が読み上げ、ところどころ読みにくい部分で止まると、奥様が覗き込んで続けて読み上げるという作業を繰り返すお二人の、お互いを慈しみあい、優しい視線を交わしている様子はとても素敵で印象的だった。

「秋櫻子」と同様、医者でもあった春郎氏は既に小学生の頃から医者になるとご自分で心に決めていらしたと言う。
そんな、『育ちのよさ』を感じさせる幽玄の世界に迷い込んだかのような、ゆったりとした時間の流れの中、奥様の手作りの梅ジュースを頂き、お庭に咲く見事な日本アジサイのそばに建つ、「秋櫻子」の句碑を眺めたりと、初めてのお宅なのに、不思議なほど寛いだ気分になっていた。

奥様も加わって、俳句の事、医学部の事などと、楽しくお話を聞かせていただき、帰る段になって、同行したFクンの(高校の)同級生と三人全員、春郎氏の近著を頂く。
寛ぎついでに本にサインをおねだりすると、全員に快く俳句まで書いてくださった。

あっという間に時は過ぎ、駅までの帰り道「三人で俳句の会やろうよ」という話になるくらい、楽しく盛り上がった『水原家訪問』イベントは大成功に終わった。
素敵な生き方をしている人にめぐり合える幸せ。
春郎氏と奥様の温かい人柄とお二人の素敵な関係にすっかりファンになってしまった。

いくつになっても人に何かを与える事のできる人・・・そんな人になりたい。
沢山のお土産を頂いてきた一日だった。

« June 10, 2007 - June 16, 2007 | Main | June 24, 2007 - June 30, 2007 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪