« May 6, 2007 - May 12, 2007 | Main | May 20, 2007 - May 26, 2007 »

May 16, 2007

高1時代の仲間

山岳部だったKクン、柔道部のHクン、卓球部のSさん、バレー部のNさん、そして放送部だった私の5人、昔のたまり場だった巣鴨に集合した。 ↑卓球部の間違い!

これまでも何かというと集まっていた、高校時代の仲間たちだけれど、今回のメンバーは高校入学してすぐに仲良くなった女子4人のグループが、ちょっと悪がきぶっていた男の子たち数人のグループと仲良くなり、皆で「交換ノート」を作って、回したり、Hクンのお宅でクリスマス会をしたりなんて、今思うとと~ってもうぶで可愛い高校生達だった。

Nさんがそのノートを今でも大切に持っていて、数年前のクラス会のときに見せてもらったけれど、本当にたわいも無い事が書かれ、『連絡ノート』の役割を果たしていたようだった。
当時は「携帯」なんて無い時代で、多分、今の若者がメールし合っているような内容だったように記憶している。
女子が書き込むと大体が長文になり、男子の番になると『何も書くことがないよ』なんてコメントになる。それに対して女子が『もっとちゃんと書きなさい』なんて突っ込みがあって、無理やり男子が付き合わされていたような様子が伺え、とても微笑ましく当時を思い出した事があったっけ。

いつもと変わらず、昔話で盛り上がっていた時、Kクンがふと、真面目な表情になって、ひとつのエピソードを語り始めた。

高校のすぐそばの喫茶店が彼等のたまり場となっていて、放課後に、そこでちょっと大人ぶりたい悪がきたちが、タバコを吸ったり、お酒を飲んだりしていたらしい。
そのお店のマスターは、彼等が行くとビールにウオッカを混ぜて出してくれたというから、凄い!としか言いようも無いが、そんなマスターのいる場所は彼等にとってまさに癒し空間だったのだろう。(モチロン女子4人はそんな事は知らなかった)

そんな甘酸っぱい思い出を抱いたまま、大人になったKクンがある時、仕事で近くに行く事があって、ふと思い出し、昔の記憶をたどりながら訪ねてみたら、その場所に同じ名前の看板を見つけた時は、思わずジンときたらしい。
余りの懐かしさに扉を開けて中に入ると、なんと!昔のマスターが同じようにそこにたっていたのだそうだ。その時の彼のトキメキ振りが目に浮かぶ。

つまり、マスターの息子さんが、父親そっくりのマスターになってその場所に同じようにいたのだ。
まるで、タイムスリップしたような異空間。
セピア色のその古びた喫茶店の様子が、その場にいた全員の脳裏を掠めたはず。
当時のマスターと同じ年頃になっていた息子さんに、そんな昔の話を聞かせたのだと話すKクンの目が少年のように輝き、その場にいた全員もキラキラしながらKクンの話に引き込まれていた。

そんな、悪がきたちも、今は皆立派な大人になった。
リタイヤ後の再就職で頑張っていたり、地元のお寺で檀家さんを相手に「御詠歌」の指導をしていたり、それぞれの道を見つけて前を向いて歩いている。

昔を懐かしがるばかりでなく、今をどう生きているかが大切で、それによって、より友情にも深みがでてくるのではないだろうか?
又、会えるまで元気でいようね♪

May 14, 2007

母の日

070505_009_1 070505_003_3

070505_005_3 070505_008_6

黄色とオレンジの温かな色合いの薔薇の花束が次女の名前で届けられた。
普段、一緒に暮らしていても、お互いに感謝の気持ちなど言葉で表すなんて照れくさくて中々できるものではない。
そんな彼女の気持ちが伝わってきて、嬉しかった♪

そして、ブログ上の娘からも、母の日メールが届いた。
凛さんは、こんな頼りない私を母親のように思ってくれているみたいで、だから自然とこちらも母親のように彼女の事を心配してしまい、毎日ブログを覗いている。

日頃、遊んでくれる娘より若い友人たちも、きっと母親のように思って付き合ってくれているのだろうな~
そんな関係も中々悪くないと思う♪

070505 あっ!モチロン、DCの長女夫婦からもカードが届いている。
クリスマスや誕生日などにも、季節の折々に一言でも言葉が添えられたカードが届くのはいくつになっても嬉しいもの♪
皆、ありがとう!

  

« May 6, 2007 - May 12, 2007 | Main | May 20, 2007 - May 26, 2007 »