• 010
  • 008
  • 007
  • 014
  • 013_2
  • 001
  • 051_2
  • 048_2
  • 047_2
  • 044_2

« もう締めますので・・・ | Main | XMAS TREE »

December 07, 2007

「お嬢様~お帰りなさいませ」

ランチを取ろうと、少しメルヘンチックな香りはしたが、「カレー」や「パスタ」などとごく普通に書かれたメニューボードに惹かれ、上司(♀)と地下に通じる階段を降りてみた。

入り口から既に?という違和感を感じたけれど、急いでいた事もあって、そのまま中に入ってみた。

「お二人様ですか~?」と一瞬、意外そうな表情に見えたのは、思いすごしだろうか?
「そうですよ~」と答える二人を迎えてくれたのは、可愛らしいフリルたっぷりのエプロンに短いスカート、ヘアスタイルは皆同じように両サイドの高い位置をリボンで結び、柔らかいカーリーなイメージで、白っぽい膝までのストッキングをはいた女の子たち。

「お嬢様のお帰りで~す」と1人が言うと全員が、「お帰りなさいませ~」と声を揃えて歓迎(?)してくれる。

先客の6~7人のスーツの若い男性たちも、何となく照れくさそうな笑顔でいて、腰が落ち着かなさそうな様子。
皆、揃って「ハートのカレーライス(ライスがハートの型になっている)」を注文していた。

私たちもハートのカレーを注文したのに、残念ながら品切れという事だった。
ポイントカードを作って、貯めるとチェキで「メイド」さんと2ショットを撮る事が出来るという説明を嬉しそうに聞いている「ご主人様方」

スープと小さなサラダがついたパスタも800円はまあ高いというほどでもないかな・・・

会計が済んで、席を立つ私たちも先に出て行った「ご主人様」たちと同様に、ドアを開けて出口まで着いてきてくれて「お嬢様、いってらっしゃいませ~」と甘~い、大きな声で送り出してくれた。

会社が「秋葉原」ゾーンに隣接しているという事もあって、裏道を「メイド」さんが何気なく通り過ぎる事も珍しくないと聞いてはいたが、まさかこんな経験を出来るなんて!

「今度は社長(♂)をつれてこようか~」でも、このブログを社長も見ているかもしれないからビックリさせるのは無理かもね。
とにかく不思議な楽しい、ランチタイムだった♪

« もう締めますので・・・ | Main | XMAS TREE »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/17295181

Listed below are links to weblogs that reference 「お嬢様~お帰りなさいませ」:

« もう締めますので・・・ | Main | XMAS TREE »