« 久し振りにピアノレッスン | Main | 赤坂でLIVE・・・街はもうクリスマス  »

November 05, 2007

俳句ってバトル?

071021_107_2日曜の朝、リビングのカーテンを開けると、まばゆい朝の光が部屋の奥にまで入り込んできた。あわてて、窓際に観葉植物の小さな鉢を移動させる。

眩しい窓の向こうには、建物の間の小さな隙間の青空に鰯雲が浮かんでいるのが見えた。
「あっ・・・鰯雲だ!」
そう、今日の句会の兼題のひとつが「鰯雲」で、まだ句ができていなかったので、早速、思ったままを書きとめた。

おはようとカーテンあけて鰯雲  一句完成♪

朝のスープをすすりながら、電子辞書の歳時記で季語を探していると「笑栗(えみぐり)」という言葉を発見した。

栗が笑う?・・・あぁ~毬栗が木から落ちてぱっくり口を開いている様子はいかにも栗が笑っているように見える。多分そういう意味なのだろうな・・・そういえばいつも通る道に、この時期になると中身のない毬栗が口を開いて転がっている事がある。

行く道をふさぐ笑栗散らばりて 二句目完成♪

いつもながらの一夜漬け俳句。まぐれでしょうか、二句とも先生選の「入選」を頂いた!

月に一度、地元の区民センターで先生を囲んで十人ほどでお互いの句を選びあう。
全くの初心者で参加したのが数ヶ月まえ。
「句会」というものがどんなものか何も分からず、あんなに議論を交し合うものだとは思ってもいなかった。疑問に思えば、たとえ相手が先生であろうと、ドンドン意見を言い合う。
誤字脱字も容赦なく指摘し合う。
二時間の予定が気がつくと、三十分以上も過ぎていても誰も気づかないほどの熱気。

ピアノのレッスンもしないといけないし、俳句も上手になりたいし、仕事も覚える事が満載だし、映画も観たい、美味しいものも食べたい。
あれもしたい、これもしたい・・・あぁ~もっと早く頭が回転してくれないかなぁ・・・

Tracy_2 Toraboruta_2

土曜日に観た「ヘアスプレー」
文句なしに楽しかった。
ミュージカルの楽しさ満載の上、トラボルタ扮する母親役もとても可愛いし、モチロン主役の女の子もイイ♪
人種差別問題も、取り入れてある。
いや、人種だけではない。「差別」そのものを愚かしいものと再認識させてくれる、清清しい映画だった。

もっといろいろな映画も観たいし・・・フゥ~

« 久し振りにピアノレッスン | Main | 赤坂でLIVE・・・街はもうクリスマス  »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/16979184

Listed below are links to weblogs that reference 俳句ってバトル?:

« 久し振りにピアノレッスン | Main | 赤坂でLIVE・・・街はもうクリスマス  »