« 嬉しい励ましのメールが♪ | Main | 三ヶ月以上も早いお誕生祝? »

October 10, 2007

男声コーラスに浸る

Kitamura  すみだトリフォニーホールで、上智大学グリークラブによる「北村協一メモリアルコンサート」が行われた。

友人がグリーOBという縁で、何度か男声コーラスを聞く機会があり、今ではちょっとしたグリーファンとなってしまった。

なにより、女声でもない混声でもない、男声というジャンルの美しさ・荘厳さ・癒しが耳に心地よい。
又、そんな思いを味わいたくて、今回もワクワクしながら開演を待った。

故・北村先生が指揮をする予定であったという「荘厳ミサ曲」全曲演奏がこのコンサートでついに実現した。
ミサ曲などほとんど聴くことがなかったが、昨年、聖イグナチオ教会でミサ曲を初めて生で聞いた時のハーモニーが素晴らしくてうっとりしたことを思い出した。
その同じメンバーでミサ曲を全曲あわせると40分ほどにもなるという大作を、間に解説をいれながらの演奏は、聴く側も歌う側もかなり体力が必要となるが、MC担当の分かりやすい解説と、耳に快適なナレーションが疲れを感じさせず、(眠くもならず)気がついたら全曲が終わっていた。

OBたちの年齢(決して若くは無い)でラテン語とギリシャ語を暗譜で歌う、しかも全員で!
一体どの位の練習時間を費やしたのだろうか?暗記物の弱い私にはそれだけでも感動してしまう。それに加えて、男声コーラスの美しいハーモニー。

教会で聞く讃美歌・聖歌やお寺でのお経など、不思議と心が落ち着いて癒されるのは何故なのだろう?
そんな「ミサ曲」をたっぷりと堪能できた、コンサートだった。

誘われてレセプションにも参加したのだが、打ち上げパーティ特有のあちらこちらでの達成感溢れる表情や会話が飛び交い、ちょっとヤキモチを焼きたいくらい羨ましい空気で溢れていた。

そんな中、どこからともなく「○○を歌おう!」という声が上がり、指揮者がステージに上がると会場のあちこちでグラスを持ちながら談笑していたオジサンや若者の、その場でいきなりコーラスが始まる。
いつのまにか違うパートの人たちのコーラスが四方八方から聞こえてきて、まさにコーラス団のど真ん中にいるような、高感度のヘッドホンできいているかのような醍醐味を味わう事ができた。

いつでもどこでも何人でも、パートが揃ってさえいれば素敵なハーモニーを醸し出すことが出来るコーラス。それもやはり男声コーラスがいいな♪

素敵な感動をありがとう!上智大学グリークラブ・OBの皆さん♪

« 嬉しい励ましのメールが♪ | Main | 三ヶ月以上も早いお誕生祝? »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/16717125

Listed below are links to weblogs that reference 男声コーラスに浸る:

« 嬉しい励ましのメールが♪ | Main | 三ヶ月以上も早いお誕生祝? »