• 019
  • 576_2
  • 99999_2
  • 574
  • 573
  • 999
  • 571_3
  • 579
  • Gw12
  • 036

« 楽しくなりそうな予感♪・・・秋の東京 | Main | 久し振りの娘の里帰り »

September 09, 2007

「人間」を考える

先日、オペラ「夕鶴」を鑑賞した。
「つう」が命を削って命の恩人であり愛する「与ひょう」のために布を織るのに、与ひょうは欲に負けてしまい、更に布を織って欲しいと迫る。
つうは「決して織っているところを覗いてはならぬ」と言い、与ひょうも約束をしたのに、誘惑に負けて覗いてしまい、愛するつうを失ってしまう。

つうが鶴となって消えてしまったあと、「つう!」「つう!」と歌い叫ぶ与ひょうの哀しみが切々と伝わってきて、思わず涙腺が滲んでいた。

何故?・・・約束を守らなかったらあなたの前から消えると言われていたのに・・・我慢すればよかったのに・・・それともこのくらい許されると思ったの?・・・ホントに愛しているのなら何故?

「人間」て・・・・・哀しい。

昨日、TVで黒澤作品「天国と地獄」を観た。
裕福な家庭の子供を誘拐するはずが間違って運転手の子供が誘拐されてしまう。
自分の子供のためならばどんな犠牲をも払おうとしていた主人公は、運転手の子供だと分かったら、身代金を払う事に躊躇する。が妻や部下、運転手らとの葛藤の末、命は失ったら元には戻らないが、地位や財産は又始めからやり直せばいいと心を決める。

刑事たちの見事な判断力とチームプレー、主人公と周囲の人間関係が織物の糸のように見事にクロスしながらはらはらどきどき、「天国と地獄」を味わった。

他人の為に自分が人生全てを賭けて築いたものを、果たして自分なら手放す事ができるだろうか?

「人間」が生きて行くことの難しさを、味わった。

そして今日、やはり黒澤作品をTVドラマ化した「生きる」を観た。
全体が暗くて、重くて、見たくないと思いながら最後まで惹きこまれていた。
何十年も市役所の市民課長をしている主人公がある日末期の癌だとわかる。

怖くて、哀しくて、辛い思いがしんしんと伝わってくる。
息子夫婦と同居しているのに、息子にも知らせず、会社を無断欠勤し、偶然知り合った赤の他人に自分の身を預けてしまう。
「何もしていなかった自分・・・なにかしたいけどどうしていいか分からない」
余命が限られている自分がどうすればいいのかわからない不安。
生きてきて、初めて、自分らしく生きようともがいているうちに、最後に自分のすべき仕事をみつけた。

「生きる」ことは自分ひとりの問題ではなかった。
その人がいなくなったあとでも、心の中にいつまでも残る。
その意味では主人公はもがきながら生きて、納得して旅立ったのだろう。

余命が限られた恐怖と自分が生きてきた証をきちんと示せるかどうかの不安。

「人間」をつくづく考えさせられた1週間だった。

« 楽しくなりそうな予感♪・・・秋の東京 | Main | 久し振りの娘の里帰り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/16399519

Listed below are links to weblogs that reference 「人間」を考える:

« 楽しくなりそうな予感♪・・・秋の東京 | Main | 久し振りの娘の里帰り »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪