• 010
  • 008
  • 007
  • 014
  • 013_2
  • 001
  • 051_2
  • 048_2
  • 047_2
  • 044_2

« 「水原秋櫻子」宅に行って来ました。その1 | Main | 可愛いプレゼント♪ »

June 23, 2007

「水原秋櫻子」宅・・・その2

前の記事で思いがけない貴重な経験ができた、きっかけを作ってくれたのは小学校時代の同級生Fクン。
それも今回初めてお互い素性を明かすまで、知り合いだという事がわからなかった・・・つまり、私のblogをFクンは私とは思わず、ずっと見ていてくれたらしい。
そして今回の『秋櫻子』の短冊の件で「誰か解読して」のメッセージを発信した時に彼の高校の先輩に「水原家」のお嫁さんがいらした事から、一気に話が進み、今回のお宅訪問となった。

クラス会でチラッと見かけたのが10年近く前だろうか。小学校時代も含めて、こんな風に話をするのは初めてで、会うまでは少し緊張していたけれど、6年間も同じクラスにいたからか、会った途端にすぐに昔に戻ってというより、大人の友人になっていた。

Fクンの高校の同級生Sさんも同行したのだが彼女とは全くの初対面なのに、なぜかお互いに通じるものがあり、いつの間にか三人は昔からの同級生の気分のノリになっていた。

『水原家訪問』のあと、ちょっと呑んで行こうという事でPhoto_8 近くのお店で盛り上がった。

Fクンと私は1年生の時の最初の席が隣通しだったようで、彼が記憶している私に対するイメージが
★ 消しゴムを貸してくれなかった。
★ 隣同士で手をつなぎ、場所を移動する際に「早くいらっしゃいよ!」と私に引っ張られた。

これではまるで私が「強い女の子」みたいではないか・・・
でもそうだったかも・・・でも彼も「おとなしい男の子」だったのですよ♪(現在は立派になってIT関係の社長をしてます。彼の名誉の為に一言)
でも消しゴムの件はすぐに彼からのフォローがあった。「多分僕がその前にも消しゴムを借りて、それを返す時にナイフで半分に切って返したからだったよ。」

そんな話やら、今の仕事の話などで三人楽しく、呑み、食べしているうちにSさんの親友が私の高校時代の友人だった事が判明!
その場ですぐに電話をすると、覚えてくれていて「懐かしい~!」と声が返ってきた。
今度彼女も入れて4人で会いましょうという事に決定!

Sさんも外資系会社の社長秘書をしていて、終電で帰宅など珍しくないそうで、その彼女もFクンも皆、KANREKI+1なのに、二人で仕事の話を熱く語っている様子を見ていると、こちらまで元気が出てくる。

父の思い出作りからスタートした今回のイベントが、意外な広がりとなり、そのうえ元気ももらえたし、まだまだ頑張れるかなと思いながら、ほろ酔いで気分よく我が家にたどり着いた。
皆さんありがとうございました。楽しい1日でした♪

肝心な事!今回のきっかけとなった『俳句』
本当に「俳句の会」なんて出来たらいいね♪

« 「水原秋櫻子」宅に行って来ました。その1 | Main | 可愛いプレゼント♪ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

SAGANさんの世界が広がっているようですね。
行動がともなうSAGANさん、「楽しい」のが伝わってきます。

ranoさん。いつも温かいコメントありがとうございます。
私って、唯のミーハー体質で新しいことにすぐ興味が湧くタイプなだけかもしれません♪
それを極めるまで頑張るという点が欠けているのが私の欠点なのです。
「俳句」も「ピアノ」も続けられたらいいなぁとは思っているのですが・・・

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44647/15527489

Listed below are links to weblogs that reference 「水原秋櫻子」宅・・・その2:

« 「水原秋櫻子」宅に行って来ました。その1 | Main | 可愛いプレゼント♪ »