« February 12, 2006 - February 18, 2006 | Main | February 26, 2006 - March 4, 2006 »

February 25, 2006

荒川静香さん。おめでとう!

早朝から「あなたが応援していた荒川が金メダルだよ」と友人からのメール。
嬉しくて朝から元気になる。

このところ、会社でのTV鑑賞しながらのランチタイムではトリノの話題ばかりで、終盤に近づくにつれ、フィギュアの3人の事ばかり・・・
「私は荒川を応援したい!」
誰に頼まれたわけでもないのに、このところ、この話題になると、しきりとそんな事ばかり言っていたと思う。
去年あたりからTVで見る限りではあるが、彼女が日々美しく変化していく様子を見ていて、この人にはなにか惹き付けられるものがある・・・そう感じるようになっていた。

トリノが近づくにつれ、安藤美姫や真央ちゃんが登場するようになってからは、彼女に余りスポットライトが当たっているとは思えない日々が続いた。

そんな中でも、ひたすらメダルに向ってコツコツと努力を重ねて行く姿が、いつも心に染みて、「どうか、努力が実りますように!」そう願いをこめて、ひっそりと応援をしていた。

得点的にはメリットはないが、とても彼女を美しく見せる「イナバウアー」を取り入れたり、曲を変えたり、より自分らしい演技が出来るためにコーチを代えるなど、自分の意思で何事も進めていく様子と、凛とした表情がとても気持ちよく、見るたびに好きになっていった。

開会式でパバロッティが「トゥランドット」を歌い出した時には、彼女の幸先のよさが十分に予感できた。

そして最終のフリーの演技がほぼ完璧に終わった時には、会場中がスタンディングオベーションで大喝采!やったネ!

アジアで初の金メダルを手にした彼女。本当に良かった!
日々の努力で、技も磨かれ、更に、強靭な精神力も培われたのだろう。

怠け者の私が、勇気をもらった。地道な努力は必ず報われるのだ。
そして、その後に来る、達成感は何事にも代えられない、素晴らしいご褒美となるはず。

ありがとう!荒川静香さん♪

February 19, 2006

どんな風に生き抜くか・・・

人が生きると言う事。難しい話ではなく、毎日の暮らしを人はどんな風にして過ごしているのか?・・・よく手紙の定型文に「いかがお過ごしですか」などと書くことがあるが、まさにどんな風に時間を過ごしているのだろうか?

たまに、ご飯を食べたりするお隣のオバアサンは82歳で足腰もしっかりとしていて、頭も冴え渡っている。「私は役者だから(あちこちお呼びが掛かって)忙しいの。明日も出かけるのよ」・・・にやりと、江戸前に返してくる。
いつも通り、元気な彼女へ「礼儀」として感心すると「毎日を生かされているのだから、元気にしていないとね」と返されてびっくり!
いつもはジョークで「どうせすぐ死ぬんだから」と言っていたのに、彼女になにがあったのだろう・・・かなり年の差がある弟さんが亡くなったばかりだからなのだろうか。

町内のご意見番的存在のオバアサン・・・若い頃からの生き方が今の彼女を作り上げているのだろう。そして、しっかり生きて来た証はすでに十分に確立している彼女が今もなお、前向きに生きようとしている姿勢は尊い。

そうかと思えば、全く逆な生き方をしている人もいる。人それぞれなのだから、いちいちあなたの生き方は良くない・・・などと、言えるわけもないし、その人の内面まで他人が分かるはずもないしね・・・

そんな周囲の人々を見ていて、自分自身は人生の節目(KANREKI)を迎えた事で、これからの人生をどんな風に生きて行くのだろうか・・・ふと、そんな風に思いが浮かんだ。

先日、友人がこのブログのプロフィールを久しぶりに覗いたらしい。
1年半位前に、思いつくまま、適当に書いたはずだったが、今の私が思っていることとほとんど変わってはいなかった事を発見!

自分でもしっかり読み直した。そして、自分の歩いていく方向を再発見!
「外国のお話に出てくる素敵なおばあさんみたいになる事」「江戸前の粋なおばあさんにも・・・」

当時から『素敵なおばあさん』になる事がひとつの生き方としての目標になっていたようだ。
それは、歳を早くとるということではなく、素敵な生き方をしていると、将来素敵なオバアサンになれる・・・という事だと思っているから・・・

身の丈にあった生き方をキチンとしているお隣のオバアサンしかり、バーモント州に住んで広大なナチュラル・ガーデンを一人で作り上げ、90歳を過ぎた今も絵本作家の傍ら、お花を育てながら自給自足の生活をしている素敵なターシャさんしかり・・・素敵なおばあさんたちを見習って、素敵に日々を過ごして行けるよう、しっかり前を向いて歩いて行こう!

« February 12, 2006 - February 18, 2006 | Main | February 26, 2006 - March 4, 2006 »