• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« December 3, 2006 - December 9, 2006 | Main | December 17, 2006 - December 23, 2006 »

December 14, 2006

「天国で君に逢えたら」が映画に

あの爽やかな感動を日本中に与えてくれたお話が、映画されるという連絡を友人からメールで知った。
来秋公開予定で、伊東美咲さんが寛子さん役(奥様)で夏樹さん(本人)は大沢たかおさんがされるらしい。
好感度抜群の美男美女カップルだった飯島夫妻には相応しいキャスティングだと思う。

当時、知人(友人の友人)のお嬢さん(寛子サン)からプロ・ウインドサーファーだったご主人が癌となり、その事を書いた本が出版され、読んで欲しいと私の手元に届いたのだった。
その後TVで取り上げられたりで、未だに本屋さんでも売られているし、改めてお二人の生き方が多くの人に感動を与えているのだと、再認識させられた。

寛子さんはハワイでお子様たちと、生き生きと暮らしている。
まだ先ではあるけれど、公開されるのが楽しみです。

December 10, 2006

ノイハウスのチョコレートを食べながら

Neuhaus_1  凛さんから頂いた美味しいチョコレートを大切に娘たちと一粒づつ頂いている。
ブログ友達として2度目のOFF会&クリスマスディナーかな?
ソニービル最上階にあるイタリアンで、気がつけば3時間もお喋りをしていた。

娘等と同年代の凛さんは、本当にしっかりと自立をしていて、お会いするのが2度目なのに、年上である事が恥ずかしくなるくらい、凛!としていた。Dvc00098

誰かと語り合う機会があった場合、その時によっては自分を振り返り、自分に欠けている部分を浮かび上がらせて見たりする事がある。そして反省したり、でも自分は自分らしくていいのではないか?などと自問自答してみたりする。
と同時にもう人生の折り返し地点はとっくに過ぎているのだから、これからは精一杯人生を味わいつつ、悔いの残らないよう、一日一日を大切に、充実した時間を過ごしたいと思っている。

そんな風に、いくつになってもシンプルで悔いのない素敵な生き方が出来るよう、前を向いて行こう!と改めて気分を奮い立たせてくれた凛さん!ありがとう♪

PS・・・次回OFF会は、前回ご一緒したranoさんにもいろいろとお話を聞きたいと今から楽しみにしています。

« December 3, 2006 - December 9, 2006 | Main | December 17, 2006 - December 23, 2006 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪