« January 22, 2006 - January 28, 2006 | Main | February 5, 2006 - February 11, 2006 »

February 04, 2006

フライトプランを観て

flightplan

ジョディ・フォスター主演のフライトプランを観た。

最新鋭のエアバス機内で母親(ジョディ)が眠っていた間に6歳の女の子が忽然と消える。

密室であるはずの機内のどこを探しても娘は見つからず、目撃者も一人もいない。

確かに一緒に搭乗したはずなのに、彼女の妄想なのではないか?・・・娘は既に死んでいて、その死を受け入れる事が出来ないでいる。

そんな風に、周囲の雰囲気が思わせるような展開は、まるで「フォー・ガットン」みたい。

その飛行機の設計に携わった彼女は細部まで機内を知り尽くしていて、荷物室やあらゆる場所を探すが娘は見あたらない・・・

一体どう話は完結させるのか?・・・興味津々で観ていて、フォーガットンにはならなかった点は良かったけれど、まぁ細かい事に拘らなければ、それなりに楽しめた。

はじめはジョディの役は男性(ショーン・ペン)がやるはずだったというくらい、とても勇敢な母親像が強くてかっこいい。というより鬼気迫るものを感じた。心身共に強い女・・こういう役柄が彼女にはとても合っているようには思う。

映画を観てから、いくつかのブログを覗いてみた。

実に様々なコメントがあり、なるほど!ヘェ~・・そうなんだぁ!と感心させられる。映画ファンというものは実に細かく研究・調査している人が多いようだ。

辻褄の合わない部分をこんなにも細かく掘り起こしてくれて、そんな事も気づかずに、ノホホンとみている私に警鐘を与えてくれる、どこぞの方々・・・

フライトアテンダントの一人が浅丘ルリ子にそっくりだな(アイメイクまでも)と思っていたら、その事で盛り上がっているブログもあったし、アラブ人とジョディのからみの部分とか・・・(ネタバレはしません)とにかく、よくまぁ、そこまでチェックしているなと思うくらい、一億総お杉サン現象ではないの?とタダタダ感心!!!

映画は楽しむものと思って観る私。だからたまに期待はずれの作品に出会うと、なんだかとても損をした気分になる。だから、そんなことにならないように、先に見た人が親切なアドバイスをしてくれているのだ・・・アリガトウね!

でも、私は観たい作品は、評判がどうであれ自分自身で観てから判断したいと思っているのです。

余談ですが・・・密室の機内から人が消える・・・こんなストーリーはスティーブン・キングの「ランゴリアーズ」が格段に面白い!絶対面白い!

February 03, 2006

節分とお雛様

setubun

ひいらぎの小枝に鰯の頭が刺してあり、大豆も柔らかく煮てある。

今日は節分だった!

私が子供だった頃、夕方になるとあちらこちらから「鬼は~外」「福は~内ぃ」という声と一緒に、豆がパラパラと撒かれる音が聞こえてきたっけ・・・。

今は、どうなのだろう・・・少なくとも我が家では豆は撒かないし鰯も飾らない。

そうそう!最近俄かに脚光を浴びてきた「恵方巻」なるもの・・・昔は少なくとも東京地方では聞いたことがなかったが、今はコンビニで売っていたり、パンで出来たものまで売り出されているとか・・・本当に季節の風物詩が時代と共に変化していくのだ。良いも悪いもなく・・・

鰯の頭は飾らないけれど、ハロウインの時期がくると、クリスチャンでもないのにカボチャグッズを飾ったりしているのだから、いちいち拘らなくとも、季節感さえ感じ取れればそれで十分なのではないか?

hina

ついこの間、ほのぼのとした表情の、豆粒のようなお雛様を友人からもらった。こちらも、昔は女の子がいる家しか飾らなかったが、今ではそんな事に拘ってはいない・・・我が家も毎年インテリアとしていくつかの内裏雛を飾って楽しんでいる。

あぁ!日本て本当にいいなぁ~

いろいろな季節があって、それに伴う、様々な風物詩が楽しめる。

そうそう!今日だって、会社で次長が「皆さ~ん!今日は花の金曜日だし、節分だから定時より少し早めに帰っていいよぉ」と叫んでくれたので、全員、あっという間に帰り支度を早めて、我先にと部屋から出て行った・・・私も。

« January 22, 2006 - January 28, 2006 | Main | February 5, 2006 - February 11, 2006 »