• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« November 19, 2006 - November 25, 2006 | Main | December 3, 2006 - December 9, 2006 »

November 28, 2006

Christmas tree

Dvc00033_7 Image035_6 Image037_4 Xmas_tree_3

24日撮影☆
マンションのエントランスに置かれた「もみの木」

数日前に管理人さんが言っていた通りの本物の木だった!
去年までは、普段置かれている観葉植物にイルミネーションが飾られて
いるだけのシンプルなものだったから、今年はなんだかワクワクする!                                          

26日撮影☆                               
一色だけのシンプルなイルミネーションがもみの木に飾られていた。
やっとクリスマスらしい気分になったかな?
でも、これだけだとちょっと寂しいかも・・・
まぁ、去年までの事を思えばまだいいか~

27日撮影☆
やっぱり!あれだけでは寂しいと思っていた通り、赤や緑のイルミネーションが増えていた。
そして、ガラスのようなオーナメントも少し飾られている。
嬉しいな♪

28日撮影☆
マンションの入り口を入るときらきら輝くツリーが目に飛び込んでくる。
一気にオーナメントが増えていてゴージャス!
あとは、木の周りにプレゼントの入った箱が置かれていれば、私的には完璧!
明日はどう進化しているでしょうか!楽しみ♪

                             

社交ダンス・パーティ

Dvc00072 10年以上続けているという友人のダンスを鑑賞するために、hanaちゃんをお供にお願いして出かけた。

友人は、ご主人との出会いがダンスサークルだったはず。
そんな彼女が今でもずっとレッスンを続けているという事は、大分前から聞かされていて、是非、一度は見てみたいと思っていて、ついに実現したのだった。

自分で縫ったという衣装はとても素敵だったし、肝心のダンスもホントに!もの凄く!上手で思わず鳥肌が立つほど!
29歳という年齢で、大澄賢也さんをもっとスリムにして年齢を若くしたような、素敵な「ラテンA級」の資格を持つ先生とペアで、ラテンのリズムに合わせて、実年齢を全く感じさせないダンスは最後まで乱れる事なく、ホントに見事に踊りきった。
同い年の私は、ただただ感心するばかりか、感動すら覚えた。Dvc00073_1

いつも、こんな時に思うことがある。
『一芸に秀でる』という言葉があるが、『一芸は道に通ずる』という言葉もある。
こちらは、ある一つの芸をきわめた人は、他のどんな分野でも人にぬきんでる事が出来るという意味だ。

バリバリと仕事を続けながら、よき妻・母・ババを勤め、沢山のボーイフレンドと飲み歩きながらも、ハンサムなダンナ様を一番大切にし、そんな中でダンスを続けているスーパーウーマン!
とても真似はできないが、彼女と会う度に勇気と希望を分けてもらえる。

一番、難しい事かもしれないが、人に勇気や元気を分け与える事が出来たら・・・
そんな風に他人に対して生きて行かれたらと思う。

そんな事を考えながら、楽しそうな表情でダンスをする人たちを眺めていたら、踊りたくなってきた。
でも、あの難しそうなステップを今更覚えるなんて~無理です。
鑑賞するだけでも、充分楽しめた、ダンス・パーティだった♪

November 26, 2006

イタリア土産はヴェネチアのリング

Dvc00068_1 「就職が決まりましたぁ~」というメールが届き、久し振りに若い友人とランチをした。
同じ会社の総合職で人一倍仕事のできた彼女が、惜しまれながら会社をやめ、全く別の業種を選んだのだ。

金融関係から全く異業種のフット・ケアサロンの仕事に転職をした。
学生時代から、足と靴の健康との関わりに深い関心を持っていた彼女が、ようやく自分のやりたかった事にたどりついたという事なのだろう。

今、自分がやりたい事を職業としている人ってどのくらいいるのだろう?
我々シニアはモチロン!若者でも好きな事で食べて行けるなんて人はホントに少数派なのではないだろうか・・・
イタリアが好きな彼女は、ずっと個人レッスンを続けていて、今回仕事を変わる機会を利用して二ヶ月の語学留学に行き、戻ってからフット・ケアの学校で技術を習得した。

何事もキチンとする性格の彼女らしい生き方を見ていると、教えられる事が多い。
若い人と話をするのは、楽しいだけではなく、新しい発見があったり、刺激を与えられて年甲斐もなく、いろいろな事に興味を持たせてくれたりするから、どんなビタミン剤を飲むより、心身共に活性化できる。Dvc00054

イタリアの写真を見せてもらいながら、会う度毎に輝きを増して来ている彼女と対しながら話を聞いていて、「へぇ~」とか「凄い!」とか「素敵~」なんて感心ばかりしてはいるが、「私もイタリアに行きたいな」と思うのではなく、そんな行動が取れる若い人が羨ましいな~という思いで、話を聞いている。
「若い」ってこういう事なんだ。若いからこそこういう行動が大事なんだ。
若さを卒業している私には、別の生き方がある。
大人なりのゆったりとした生き方。それでも時々、若い人と語り合うのが楽しみなのは私自身にとって若い人のエキスをこっそりと吸収しようという魂胆があるの。

若い友人たち・・・これからもよろしくね♪

« November 19, 2006 - November 25, 2006 | Main | December 3, 2006 - December 9, 2006 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪