« May 21, 2006 - May 27, 2006 | Main | June 4, 2006 - June 10, 2006 »

June 01, 2006

送別会

Dvc00017 転勤前の部署で一緒に仕事をしていた、若くて素敵な派遣サンたち4人に誘われて、恵比寿にある、不思議空間のお店に行ってきた。

Aさん・・・歌手になる為のレッスンを頑張って続けている25歳の送別会。相変わらず、夢に向って頑張っていたが、今度は更に自分磨きのためにスポーツジムに通って、そこで働きながら体を美しく鍛えるのだと言う。その上、「トレーナーになるんです!」と笑顔で宣言した。

全てが自分の夢を実現する為に向けての頑張りなので、前向きの転職と言う事だから、話を聞いていても気持ちがいい♪
相変わらず、自分でお弁当を作り、卵焼きが上手だと皆に胸を張っているのが、可愛い!Dvc00014

Bさん・・・和服が似合いそうなホッソリとしたプロポーションで、そそとしたイメージの美女は、イメージとは全く違って大きなバイクに乗り、ヘルメットというスタイルで通勤してくるのがカッコイイ!

Cさん・・・写真を撮るたびに、「顔が大きい!」といって、皆より一歩引いて写ろうとする、元気一杯の美人は「相方と二人暮らし」だという。

Dさん・・・今回の声かけをしてくれた彼女を、初めて職場で見たときは、宇野亜喜良と武久夢二の描く少女をミックスしたような、不思議な雰囲気のある(私の好きな)可愛い人だなぁ~と、思っていたら、「レゲエが好きなんです」といって、ヘアスタイルも服も、流行には左右されず、彼女らしい自己主張をしていてそれがお洒落で良く似合っている。

Eさん・・・シフトの関係で今回欠席の彼女も、グラマーな超美女で生き方もファッションも、自分流に生きていけるしっかり者。

5人に共通している事は、仕事がキチンと出来る、美しい、自分の考えで生きている、やさしい・・・etc・・・
最後の「やさしい」は母親よりも年上である私と対等に付き合ってくれて、さらに、仕事上で「字が見えない」「PC操作がわからない」など、「だからオバサンは困る」みたいな状況に陥った時に、何も言わずにさっと助けてくれる。
「年長者を敬う」なんて今時の若い人には期待するだけ無駄と思うことの方が多いと思うが、彼女等は皆、ハートが温かかった。

仕事をしていて、いつも思うこと。
職場でないと、絶対知り合う事はなかったであろう、若い人たちと同じ目線で話が出来た事でどれだけ、若さのエキスをもらえたことだろうか・・・
同じ仕事の悩みが話せるなんて・・・幸せな事かもね♪

次に会う時は、それぞれ、羽ばたいているだろうな・・・私も息切れしないように頑張らないと♪

« May 21, 2006 - May 27, 2006 | Main | June 4, 2006 - June 10, 2006 »