• 0501
  • 0491
  • 0121_2
  • 0111
  • 0101
  • 0091_2
  • Kijituzenn
  • Dsc03148ss
  • Img_2314ss
  • Ass_2

« March 5, 2006 - March 11, 2006 | Main | March 19, 2006 - March 25, 2006 »

March 18, 2006

ターキッシュ・デライト

naruniakoku

hanaちゃんと「無料パン作り体験教室」に行く予定だったのを、諸事情にて映画鑑賞に変更。
彼女が選んだ「ナルニア国物語」。多分私が決めるとしたら別の映画になったかもしれない・・・いわゆる「ファンタジー」が子供時代は大好きだったのに、近頃の私ときたら・・・心が汚れた大人になってしまったのか?・・・「ハリーポッター」を何度観ても居眠りしてしまう私。

よ~し!今度こそ「ファンタジー」をものにするぞと、意気込みとワクワク感でスクリーンに向う。
イギリスの戦前の子供たちが戦争の為、4人兄妹で田舎に疎開させられる場面からストーリーは始まる。
疎開先の大学教授宅の、空き部屋にある衣装箪笥の中に偶然隠れた、末っ子ルーシーが「ナルニア国」に迷い込んで行く。

大好きな展開!「不思議の国のアリス」とか・・(どうも私はほのぼのファンタジーが好みで戦いが出てくるものが苦手のようだ)
でもルーシーが初めて出くわした半神半獣の男に、始めこそ悲鳴を上げるものの、「美味しい鰯とお茶」に誘われて、すぐに家まで付いて行ってしまったのにはびっくり!
原作が書かれた頃には、今のように「知らない人に話しかけられたら気をつけなさい」などといった時代ではなかったから、なんという事もないのだろうが、今の子供が同じことをしたら・・・嫌な世の中になってしまった。

次男エドマンドが「白い魔女」に出会い、甘い誘惑に負けてしまう場面があるが、その時の魔女が与えた美味しいお菓子・・・ターキッシュ・デライト(写真)。

エドマンドが貪るように食べている・・・口の周りを粉砂糖だらけにして・・・
美味しそう!いったいどんなお菓子なのだろう?
早速調べた。どうやらゼリーでできていて周りが粉砂糖でコーティングしてあるもののようだ。
食べた事のある人によれば、「すあま」「ぎゅうひ」ぼんたん飴」のような感じのものらしい。
そして、かなり甘~いお菓子らしい。なんとなくイメージが湧いてきたけれど、こんなお菓子でつられてしまうなんて、子供らしいなぁ~。今だったらそんな危険な事は子供でもしないだろうが・・・

そんなところに拘りながらも、最後まで無事観終わる事が出来た。
楽しめた。ファンタジー物・・・これからいけるかも!

映画のあと「トウーランドット」という名のシノワーズのお店を偶然見つけ、「ここにしよ♪」と決定。hanaちゃんのバースデイの前倒しということで、白ワインで乾杯した。
ライトアップされた東京タワーを正面間近に眺められる窓際の席で、コラーゲンたっぷりのスープや、香ばしくパリッと焼き上げられた鶏肉にかけられた葱とピリ辛ソースがおいしくてワインが進む。
お店のマークにティポットの絵がついているくらい、食後の中国茶がとても美味しくて、デザートも果肉たっぷりのマンゴープリン・タピオカ・杏仁豆腐の盛り合わせで大満足!

パン教室には行かれなかったけれど、誕生祝が出来て良かった!
そして、雨女のhanaちゃんと会う時はよく雨が降るのだけれど、今日もやはり雨が降った。
でも・・・もしかして私が雨女なのか?

March 16, 2006

桜切そば

隣の席の若い派遣さんがお花見に誘ってくれた。
仲間同士で行くという・・・そんな集まりに声をかけてくれたのが嬉しかった!
本当に参加できたら楽しいかもしれないな♪

最近はしっとりと(?)大人っぽい「お花見」専門で、硬いブルーシートの上に座り、寒さに震えながらお酒を飲んだり、食べたり、わいわい盛り上がるグループの脇を通り過ぎながら、夜桜を見物してから、どこか暖かいお店の中で、ゆっくりと熱燗を飲みながら、桜がきれいだったねぇ~なんて、写したばかりの携帯の写真を眺めるなんて感じが多かった。

千鳥ヶ淵にあるホテルでフレンチをいただきながらワインで乾杯して、ガラス越しに見事な桜を鑑賞した事もあったっけ・・・

以前住んでいた場所で、近所の仲良しで昼間にお弁当を持って、シートに座ってのお花見というのもあったなぁ~

数年前、家の近くの大好きな坂道にあった大きな桜の木が、マンション建設で近隣住民の反対にも拘わらずバッサリと切られてしまった時は、本当に残念でならなかった。
いつもその道を通って出かけるのだが、桜が満開の時も最高だけれど、花が散り始める頃には、その坂道全体がピンクの絨毯になって本当に!本当に美しくて、ただその花びらを踏みしめながら通り過ぎただけで、その日一日が楽しく過ごせた。

DVC00109 sakurakiri

そんな事を考えながら、仕事帰りに行きつけのお蕎麦屋さんに出かけた。
入り口に大きな張り紙。
そうだった!毎年この時期になると変わり蕎麦に『桜切り』が加わる。
普段は『柚子切り』が美味しいが、夏になると『紫蘇切り』などもある。
それぞれ、本物の桜の花びらや、紫蘇の葉を蕎麦に練りこんで作るのだという。
なんて、日本らしい、季節感を表す食べ物だろうか!

毎年桜の季節になると、ここの『桜切り』が食べたくなる。
おっと~その前に、美味しい蕎麦前が・・・。
仕事のあとの一杯の生ビールが喉を潤してくれる。
身体中に染み渡ったあとはゆっくりと、今が旬の「のれそれ」や「蛍烏賊の酢味噌」などあれこれと摘みながら美味しい芋焼酎をちびりちびりと飲む。

本日は店長にお任せで『佐藤の黒』と『佐藤のげんろ』
この店長は以前も珍しい焼酎『ななこ』を勧めてくれたこともあり、今回の「げんろ」も初体験で、強くて美味しい味わいだった。

仕上げに、桜切り蕎麦を友人と1枚づつシェアして、蕎麦湯もしっかりと堪能する。
にこやかな店長の笑顔に見送られて、本日も無事に終わりそうだ。Good night !

March 12, 2006

キーボードレッスン・・今年の2回目&イヤープレート

year_plate 一緒にレッスンを受けている友人が先月末で長年勤めていた会社を退職した。
仕事の引継ぎ等で忙しく、練習できる暇もないので、2月のレッスンはお休みということにしたのだった。
私は、いつも通りの日々だったから、普通に考えれば、彼女の倍位練習できている事になる。・・・が世の中、そう計算通りにいくものではない。実際に練習が出来たのは、2~3日、それも30分程度。これでは練習などというものではないし、試験の一夜漬けと同じでいつも当日の早朝から2時間程度集中レッスンとなる。時計をチラチラ見ながら、「あと何分でシャワー浴びて家を出ないと遅刻だ」
こんなことなら、もっと前から練習をしていればいいのに・・・子供の頃の夏休みの宿題がこんな感じだった事が思い浮かび、少しも進歩していない自分に愕然とする!

覚悟を決めて、スタジオでピアノに向う。
朝弾けたところがスムーズに指が動かない。言い訳みたいに思われたくないから、いつもならそんな事は言うまいと思っていたが、偶然友人も同じことを言い出したら、先生が「ピアノとキーボードでは鍵盤の重さがかなり違うから、同じように行かないんだと思うよ」なるほど~きっとその分だけ、尚更、練習する必要があるわけだね。

「でも私たちって凄いと思わない?1年前に始めた頃は『きらきら星』を右手だけでさえ、スムーズに弾けなかったのよ?それが今はこのくらい弾けるんだから。進歩してるのよ♪」

『このくらい』がどのくらいかと言うと・・・

ソ ドード ミミ ドーソ ソーソ レドシラソー・・・と右手で弾き、左手は、ドードド ドードー ソーソソ ソーソ・・・シューベルトの『ます』です。

今回、かろうじて、◎を頂いて、次は『アニーローリー』を両手で練習してきてね♪と先生。
本格的なレッスンをしている人には鼻で笑われそうだが、我々にとってはこれでも大進歩なのだ。

最終目標曲が『ミスティ』・・・♭が三つもある変ホ長調?
いったい、どのくらい練習したらこれが弾けるようになるのだろう?
友人は『冬ソナ』が目標で、完成の暁には、ジョイントコンサートを開く予定(?)
死ぬまでに到達できればいいと思っている二人のKANREKI熟女。

レッスンの後はいつものように、夜景の素晴らしい、静かな場所で、美味しい物を頂きながら、お酒をゆっくりと味わいながらの楽しいお喋り。
「会社の上司から、退職祝で頂いたものと同じ物を、あなたにもにプレゼントするわ。お互いに同じKANREKIの記念として、持っていて♪」
ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレート・・・2006年のプレートをプレゼントされた。

来年のプレートは私から彼女にプレゼントしよう!
KANREKI後の1周年記念として・・・

« March 5, 2006 - March 11, 2006 | Main | March 19, 2006 - March 25, 2006 »

My Photo

  • ワシントンからのお土産
    絵手紙を趣味とする友からの、書中見舞いが届く。 pcで年賀状も作る私とは、対局にある、情緒の豊かさが感じ取れる。

お勧めリンク

  • ★★神楽坂 もりのいえ★★
    夏は軽井沢の高原の中にひっそりと立つプチホテルで。それ以外の季節は神楽坂の隠れ家のようなジャズレストランで。どちらも変わらないのは、オーナー夫妻のきめ細かな心配り、美味しいお料理、そして素晴らしい生のジャズ演奏が楽しめます♪
  • ■Patra Itida @ Home■
    と~っても素敵な、大人の女性パトラさんの日々の暮らし振りをご覧ください♪ 歩いて行けるほどご近所なんです。
  • ★北欧雑貨 piccolina★
    素敵な北欧雑貨のお店です。 是非!覗いてください♪
  • ■ロスミナの風■
    ヘリコプターや船に興味のある人は是非!ご覧ください♪